2006年 08月 05日 ( 2 )

 

攻撃

b0097729_239829.jpg
今日もレバノンに攻撃を続けるイスラエル軍。
人が人を殺すことは正しくないとほとんどの国の法律で謳っているのに、戦争は止みません。

日本を標的にミサイルなどの攻撃をしようとしている情報をキャッチした場合、その基地を攻撃できるのか?
法的な解釈が飛び交っています。

自分の子供が命を落とすかもしれない。。。
そう解っていて何もしない親はいません。
しかし、どう行動するか?
それが問われています。


例えば、我が子がクラスの子に殴られているのを見てしまった時、どうします?
『どついて来い! お前のパンチは強いからあいつ1発で泣きおんでぇ~』
といじめられっ子だった亀田興毅選手に対しお父様は仰ったそうです。
その一言が亀田興毅選手を世界チャンピョンまで導いたのかも知れません。

しかし、一般的にはローマ時代の法律『目には目を歯には歯を』は原始的で、文化的ではないとされています。

憎しみは憎しみしか生まず、暴力は憎しみを生むだけで解決には至らない。

この考え方は自分も正しいと思っています。
しかし、我が子がいじめられるのを目の当たりにしてどれだけの親が憎しみを押し殺し、正しい解決を検討できるのか。

それが出来るかどうかが、戦争を無くすことができるかどうかなんです。


憲法の解釈を話し合うより、何が近代的な人として正しいのか?
そのことの方が大事で。。。
正しいことの為に感情を押し殺して正義を貫けるか? それをいつも問われていると感じるのです。
というか、修行が足りないんでしょうね(笑)


攻撃。。。
人の命がかかっていること、誰も気付かず攻撃する。
戦争も、戦争で行う攻撃も人の命をリアルには感じていないのでは?!
色々なことで誰かを攻撃する時、人の命がかかっていることを思い出してみてください。
もちろん、殺す気などないでしょう。 でも、相手を攻撃をする気持ちを持っていることが、人の命を奪う結果につながっていることをご理解ください。

b0097729_004737.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-08-05 05:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

守るべきモノ 其の弐

b0097729_20474544.jpg
これは先日ご紹介した次男(7歳)の勉強机。

実は今日。
もっとちゃんと見たらさらに書いてあることがあるのを発見!!

b0097729_924142.jpg
『とくにわ●●×』

そうか!
やっぱり妹への忠告だったんだ!!

b0097729_9243931.jpg
『めんめよ』

めんめよって。。。

『したら、、、』

b0097729_20595950.jpgおにさんまてるぞー
(訳:鬼さんが待っているぞ!!)

続けて読むと、、、

とくにわ●●×めんめよ したらおにさんまてるぞー
(訳:特にわ●●× あかんで!! したら鬼さん待ってるでぇ~)

という事でした(笑)

わーちゃん。 お兄ちゃんの大事なモノ触らないであげてね!
ってくどい様だけど、わーちゃんは字が読めません。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2006-08-05 00:05 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE