2006年 12月 17日 ( 1 )

 

『高い』 と 『安い』

b0097729_035970.jpg
今日はカフェ・ノーツで考えた。
皆がよく使う言葉。価格が『高い・安い』ってことについて。。。

すごくなじみがあり、日常に何度も使うのこの言葉ですが、間違って使われている場合が多い気がするのです。
b0097729_0353243.jpg
上記の『A』と『B』を形容詞で表現するとどうなりますか?

『A』 ・・・ 高い 『B』 ・・・ 安い ですか?
そう! 違いますね。

『A』 ・・・ 多い 『B』 ・・・ 少ない
コレが正解ですね。

では、これではどうでしょう?
下の写真の車(アルファ・スパイダー)の金額が『A:1000万円』 『B:300万円』だとした時の形容詞での表現は?
b0097729_0443258.jpg

『A』 ・・・ 高い 『B』 ・・・ 安い
コレは正解ですね。
スパイダーはメーカ希望小売価格が460万円から610万円程度なのでそうなります。

これでお解かりのように、『高い』 『安い』って言葉は、金額が多いか少ないかではなく、費用対効果の結果を表す言葉です。

『高い』 は、支払った金額の割には、得たモノの価値が予想以上に少ない時に出てくる言葉。
その反対の
『安い』 は、支払った金額の割には、得たモノの価値が予想以上に多い時に出てくる言葉です。

『家は高い買い物』とよく耳にしますが、ショックです。
家を買われた方が、支払った金額に対して得たサービスやモノが予想以上に少ないと思われているのではないか?
一瞬そう思うからです。

多分言いたいことを正しく表現すると
『家は高価なモノ』

あなたは 『高い』 『安い』 を正確に使っていますか?!
間違えてしまうと、知らずに誰かを傷つけることになりますよ!!
ご注意を(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2006-12-17 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE