<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

守るべきモノ

b0097729_9594820.jpgこれ。 次男(7歳)の勉強机。

気付くと引出しに張り紙がしてありますた。

以前、次男の机のカギ付引出しに、長女(3歳)がオモチャのカギを差込、引出しが開けられなくなってしまったことがあった。
お兄ちゃん達にとって長女はデストロイアー(破壊者)なんです。

多分、長女に対しての注意書きなんだろうな?
と思いながら何を書いているのか読んでみました。

b0097729_1004132.jpgおにさんまてるぞー
(訳:鬼さんが待っているぞ!!)

長女が一番怖がっている存在。
それは節分に来るオニ。

『オニが来る』と言うと一気に顔から血の気がひき、悲壮な顔になる。
オニは長女には最も有効な抑止力です。

何を次男はデストロイヤーから守ろうとしているのでしょう?

b0097729_103413.jpg
b0097729_10427.jpg

いじくるな、ここにある(計算カード)
ぜったい
いじくるな


計算カード?!

何や! 夏休みの宿題か!!


そやけど、長女はまだ字が読めないんやけど。。。(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-31 10:04 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

夏祭り

b0097729_21334240.jpg君がいた夏は 遠い夢の中♪
空に消えてった 打上げ花火♪


いつもお祭りの夜は胸が騒いだものだ。
子供達は朝からワクワク。
というのも今日は社北地区のお祭り。

愛娘は浴衣姿にお化粧をしてきれい。。。

毎年地域の方が色々なお店を出す。
その中でも最も人気があるのが焼き鳥だ。
炭焼きで香ばしい香りがしてすごく美味しい。
そして1本50円とすこぶる安いのがその理由。

b0097729_21341189.jpg焼きトウモロコシも炭焼きでこれまた美味しい。
子供達には大人気だ。

今年もお祭り会場(社北小学校)に着くなやいなや焼き鳥を買いに走る。

毎年、この日は夕飯が焼き鳥になるので50本~60本買い占める。
今日も60本買うことにした。

売り場に着くと既に長蛇の列。
関西にいた頃は並んでモノを買ったり、食べたりするのは普通のことだが、ここ福井ではほとんどないことだ。
しかし、このお祭りの焼き鳥は毎年長蛇の列。

長女も並ぶのに疲れた様子。

b0097729_21344442.jpgもう少しの辛抱だ!
美味しい焼き鳥があと少しで食べられる。

売ってる方も疲れを既に見せていた。
60本注文すると
『聞きたくなかった。。。』と言われてしまった。

本当にお疲れ様(笑)

2本おまけしてくれた。
お兄ちゃん達のサッカーでお世話になっているおばさんが店番をしていて、顔見知りだった為である。

そうこうしていると60本焼きあがった。

やはり焼き上がりの焼き鳥は美味しい!!
秋吉より美味しいかも(笑)

b0097729_21354723.jpgお嬢さまはパクパク食べていた。
お兄ちゃん達は食べるよりお店が気になって落ち着かない。

『遊びに行っていい?!』
ワクワクした気持ちが抑えられない様子だ。

「いいよ!行っといで。」

『お金ないと遊べんやん!』
そう言って右手を差し出す長男。
パパから500円づつもらい、長男と次男は人ごみの中に消えていった。。。

b0097729_21361784.jpg子供達は楽しそう。

夏祭りはなぜかワクワクする。
景品もスーパーボールとか多分祭りが終わるとなんでもないモノなのに、お祭りの間は魔法がかかっているかのように魅力的に見える。

全てが魔法にかかっている。


君がいた夏は 遠い夢の中♪
空に消えてった 打上げ花火♪

b0097729_21365132.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-30 00:00 | 家族・地域 | Trackback(1) | Comments(4)

PORT DIJK

b0097729_1557327.jpg
先日次男の誕生日に次男が「いくら丼を食べたい」と言うので、三国に来てお店を探していると、丘の中腹に灯りが。。。

すごく気になり立ち寄ろうと試みますが、中々たどり着かず、勇気を持ってめっちゃ細い路地を曲がるとそこにありました。

PORT DIJK(ポート・ダイク)さん。

喫茶店で、いくら丼はなかったので、その日は別のお店を探そうと思い、車を駐車場から出そうとしたらマスターが来られて
「いくら丼が食べれるお店をご紹介いたしましょうか?」と。。。

そして先日ここでご紹介いたしました『魚志楼』さんを教えていただき、美味しいいくら丼などを食べ、次男も満足のいく誕生日を迎えることが出来たというわけです。

b0097729_166590.jpg
そして今日。
その時のお礼を言いに再び三国へ。。。

そしてコーヒーをいただきました。

高台にあるPORT DIJKさん。
今日はすごく天気もよく、海も綺麗で、風も気持ちよかったです。
暑いんですが。。。

b0097729_169572.jpg何でも今日は帆船が見られると言うことで、マスターも双眼鏡を持ち出し海を見つめていました。
何だか海賊みたい(笑)

今日は砂浜にはたくさんの人が海水浴を楽しみに来られてました。
夏って感じですね。

うらやましかったです。。。

b0097729_1614092.jpg
b0097729_16155240.jpg
b0097729_1616531.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-29 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)

梅雨明け?!

b0097729_1022137.jpg
今日も天気がいいですねぇ~。
海まで車を走らせたくなります。

昔の トヨタ マリノ って車のCM。
藤井フミヤさんがCMに出てたやつですが、すごく好きでした。
当時、海のない奈良県に住んでいましたし、果てしない青さに憧れていました。

ちなみにナイトスクープの調べでは、奈良県民はバスの窓から海が見えると90%以上の確立で
「あっ! 海や!!」
って言うそうです。

っと話を戻して トヨタ マリノ のCMでしたね。
♪両手広げぇ~ 全てを受け止めよぉ~♪

フミヤさんがお父さんを演じ、2.3歳ぐらいの男のお子さんを助手席に乗せて海まで向かうと言う設定。

フミヤパパが子供に
「行くぞー!! 3・・・2・・・1・・・・・・・・」
するとフロントガラスに果てしない青さが広がるってCM。

もう10年以上も前のCMですかね?

気が付くとわたくしごとですが、長男は小学3年生。
次男は小学1年生。
もうあかんやん!!
長女が3歳や!! はよしな。

ってなことを思い起こさせる天気ですねぇ~。

梅雨。
明けたのかな?!

♪両手広げぇ~ 全てを受け止めよぉ~♪

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-28 10:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Carbonara Aggi

b0097729_18153280.jpg
昨日の残業飯はアギーさんでいただきました。
この日は20:00からお打合せがあり、腹ごしらえをしてから打合せをすることになり、アギーさんへ来ました。

何にしようか?
考えているとお勧めメニューに沖縄産ハバネロのペペロンチーノを発見!!
打合せがある時、いつもはニンニクをさけ、カルボナーラなどを食べるのですが、その日限定のメニューであること、ハバネロであることが食欲をそそり、我慢できませんでした。

そしてペペロンチーノを注文。

すごく美味しかったです。
パスタを吸い込むと辛い空気が咽させるほど辛かったです。
唇は2倍に腫れ上がってるんじゃないかと思うほどヒリヒリ。。。

でも、美味しい!!
辛いの好きなんです。

b0097729_1822794.jpg
そして豪勢なピッツァも注文。
写真を撮ろうとファインダーをのぞくのですがサラダにしか写らないほど豪勢。
これがまた美味しかった。
名前は忘れちゃいましたが、1,800円のピッツァです。
名前の意味がいっぱい載せるみたいな感じの意味だったような。。。

b0097729_1825311.jpg
しかし、お客様、臭くなかったのでしょうか?
家に帰って家内に速攻
「臭っ!! 何食べたん?!」 (怒)
って言われましたので、打合せ中臭ったんじゃないかなぁ?!

すいませんでした(汗)。。。。

b0097729_1828884.jpg今日も21:00からお客様のところでお打合せがあります。
今日は武生方面なのでピアットさんかクアドリフォリオさんに行きたくなりますが、ペペロンチーノは止めておきますね(苦笑)

しかし、イタ飯は毎日でも毎回でも飽きがきませんね。

毎日パスタやピッツァを食べれるイタリア人が羨ましいです。
まぁ、日本人でも食べられるんですけどね(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-27 18:32 | | Trackback(1) | Comments(0)

敷地選び

b0097729_17163498.jpg
家を建てるにあたって、何処に建てるかは皆さんすごく悩まれます。

どこのコミュニティーに属するか?
学校区は?
ショッピングセンターは?
病院は?
交通手段は?
価格は?
洪水があってからは、水は付かない?ってご心配も増えました。

様々な要因を検討されます。

しかし、皆さんが結構忘れられていると言うか、気付かれていないと言うか。。。
そんなファクターがあります。

それは地質です。

b0097729_17241662.jpg
地面の硬さは基礎よりも基本的なことなので、とても大事です。
建築基準法でも建築を行う場合の地盤調査を義務付け、地盤と建物のバランスを図ることを意図しています。

しかし、この部分の法律はまだ新しく、業者さんによっては『自分達は昔っからこうしてるんだ!』と建築基準法の意図を無視して施工される会社も少なくありません。

わたし自身も体験した阪神大震災後、構造に関しては多く見直しがかけられています。
その確かな知識を付けていただきたいと今日は建築に関係のあるまじめな話を書きますね(笑)

b0097729_1730282.jpg
木造住宅を建てるにあたって最も一般的な地質調査の仕方はスウェーデン式サウンディング試験(略してSS)という試験方法です。

ビルなどの建築にはボーリング試験にて地質調査を行いますが、SSはもっと簡易でコストも安くで出来る為、建物がそんなに重たくない木造住宅の場合は、このSSにて試験をします。
それにより地面の硬さ(地耐力)を出します。

だされたデーターから基礎の種類や地盤改良の種類を決定し、不同沈下が起こらない様に検討します。


木造住宅の場合、大きく分けて6種類の地盤対策がありますのでご説明いたします。

b0097729_9331984.jpg
1.良好な地盤の場合
良好な地盤とは1㎡あたり5t以上まで耐えることができる地耐力を有する地盤を言います。
この場合は幅450mm程度の布基礎が適しています。

最近は湿気や防蟻を理由にベタ基礎を標準とされている業者も少なくありませんが、ベタ基礎は重たく、またコストもかかります。

2.やや良好な地盤の場合
やや良好な地盤とは1㎡あたり3t超え5t未満まで耐えられる地盤を言います。
この場合は幅600mm程度の布基礎がお勧めです。

3.やや軟弱な地盤の場合
やや軟弱な地盤とは1㎡あたり3t程度まで耐えうる地盤面を言います。
この場合はベタ基礎をお勧めします。

4.軟弱地盤ケース1
1㎡あたり3tを絶えることが出来ない地盤で、やや良好な地盤が2M未満地下にある場合。
この場合は表層改良工事を行う必要があります。

表層改良工事とは、2M未満の範囲にある軟弱な地盤にセメントを混ぜて硬くし、その下にある良好な地盤とあわせて建物の重さを耐えるために行う工事です。

5.軟弱地盤ケース2
1㎡あたり3tを絶えることが出来ない地盤で、やや良好な地盤が2M以上8M以下の地下にある場合。
この場合は柱状改良(φ600)などの地盤補強工事を行います。

φ600の円柱状にセメントを混ぜ、3~5t/㎡までその柱状の改良土にする工事です。

6.軟弱地盤ケース3
1㎡あたり3tを絶えることが出来ない地盤で、やや良好な地盤が8Mを超える地下にある場合。
この場合は鋼管杭打設を行います。

b0097729_9323866.jpg
まとめ

●表層改良●
表層改良は2M程度までしか有効に働かない地盤改良工事です。
また、支持層(3~5t/㎡)が水平でない場合にも適さない改良工事です。
比較的コストが安くで出来る為、多くはこの工法で改良されますが、上記を満たしていない敷地で表層改良を行っても何十万もドブに捨てているのと同じことになりかねません。
専門工事業者でなくても出来る工事であるため、様々な業者が表層改良工事を行っていますが、地盤の知識があやふやな場合もあるので専門工事業者で施工することををお勧めします。
専門工事業者の場合は地盤に対する保証が出る業者もあります。
いい意味でも悪い意味でも、値段は値段です。

●柱状改良●
柱状改良は2~8M程度下に支持層がある場合に用いられる地盤改良工事です。
特別な重機がいるため、専門工事業者しか施工することが出来ず、表層改良に比べてコストが多くかかる場合が多いです。
こちらも地盤保証が出る業者もあります。

●鋼管杭●
8Mを超える深さに支持層がある場合に用います。
この工法も専門工事業者でないと施工することが出来ません。
こちらも地盤保証が出る業者もあります。


地盤改良工事(地盤補強工事)は何十万から百何十万と非常にコストがかかる工事です。
また表に見えてこない為、残念な工事とお考えの方も少なくありません。
しかし、家は『安心』を得ることの出来る最も大切なスペースです。
その足元がぐらつくのではその安心さえ得ることが出来ません。
建物の構造をシッカリさせるのと同じように重要なことなので、残念とか思わずキッチリと安心を得てください。

このように、敷地選びの1つのファクターであっても専門的知識がかなり必要です。
Ecru Societe では土地に関するご相談も受付けております。
土地探しでお悩みの方などございましたら、遠慮なくご相談いただけますよう、よろしくお願いいたします。

b0097729_932811.jpg
[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-26 18:00 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(2)

福井でぇーす!

キリンビールのCMで『福井でぇーす!』とテレビからの声!!
振り向くと『香川でぇーす!』『高知でぇ~す!』と。。。

また福井を見逃した!!

そんな人多くないですか?!
お酒が飲めないわたしでもすごく気になってます。。。

じゃあ、今日はお教えしましょう。
福井が何なのか?!

それはこちら ⇒ http://www.kirin.co.jp/brands/ureshii_shokutaku/nippon_umai3/index.html

ご確認ください!!

b0097729_22521188.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-26 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)

責任

b0097729_11473781.jpg
わたしはそんなにサッカーに詳しいわけではない。
しかし、サッカーは大好きだ。
サッカーを観ていて学ぶことは多い。

サッカーが最も魅力的なのはチームで戦うというところだ。

古いところではマラドーナーや、ロナウジーニョなどのスーパースターがいてもチームが勝てる保証など何処にも無いところに無限の可能性を感じる。

そんな大好きなサッカーなんだが、腑に落ちないことがある。
というか、やっぱり4年で終わりなんですか?
4年で結果を出さないといけないものなんでしょうか?


b0097729_1221258.jpg
トルシエ監督時代。
簡単に言うと『管理されたサッカー』というイメージがあり、俊介が外されたのもトルシエ監督のイメージに合わない、合わせないからなんじゃないかと、わたしは理解しています。
つまり、『個』より『チーム』を重んじたサッカーを進められ結果を出されたのがトルシエ監督。


b0097729_1263747.jpg
それに対し、ジーコ監督は『個』に着目し、成熟した『個』の集まりこそ強固な『チーム』と成り得るという考え方で進められていたと感じています。

実はわたし自身、ジーコ監督の考え方が好きで、自分の会社でもそれを実践しています。
その為、ジーコ・ジャパンにはすごく期待していました。

自覚の高い選手達が、自分達で何をすべきかを考え、コミュニケーションをお互いに取り合いながらよりいい関係を自主的に築いていくカタチ。

これはわたしにとっても理想です。

人は受身になってしまうと自分で判断することを直ぐに止めてしまいます。
指示待ちになり自分で考えることをしなくなる。
最も重要なのは『考えること』です。
技術や見た目は練習を重ねれば真似が出来たりします。
真似が出来ないのはその人の、そのチームの考え方です。

これはわたしがいつも感じていること。。。

ジーコは4年間それを実践されてきたと思うのです。
その意味を理解した選手はきっとより成長を見せたんじゃないかと思うのです。
メンタル面で。。。

しかし、この方法は時間がかかります。

b0097729_1236893.jpg選手の自覚を待ち続けることが、監督の仕事ですから忍耐との戦い。 自分自身との戦いを4年間なさっておられたことと思います。

やはり4年なんでしょうか?
わたしはもう少しジーコ監督が待っておられたモノを待ってみたいと思ったのです。

それを『もう待てない』とするならば、それは方向転換です。
会社で言うと経営指針を替えると言う事になり、これは指針を決めてきた人たちは全員責任をとって辞任しなければならない自体なんじゃないかと思うのです。

そこが腑に落ちないのです。


b0097729_12184126.jpgマスコミはジーコは過去のこと、これからはオシムだ! と言わんばかりの報道。。。
あれ程繰り返し騒いだジーコ・ジャパンはもう過去のこと。

わたしが感じているようなことは感じないのでしょうか?
それとも感じているけどそんなことでは視聴率が取れないのでしょうか?

続けることにこそ意味があるとは言いません。
しかし、続けないといけないこともあります。

協会は日本のサッカーに何が必要で、何を不要としたのでしょうか?
それは一連の流れの中で一筋の道があるというのでしょうか?


b0097729_12325278.jpgもし、ジーコ監督が考えてこられた『個』への着目を止め、トルシエ監督のような『組織』重視のサッカーへ戻すと言うのなら、それは指針の変更で、協会関係者の入れ替えをしなければならないのではないでしょうか?

『指針』とはそれほど大切なものです。

ダメだったから戻そ!ってそんな軽いものではないです。
第一、選手たちが戸惑います。
何を信じ、何を目指してサッカーをしていけばいいのかが解らなくなります。
それこそが、日本のサッカーにとって最もマイナスなことでは無いでしょうか?

『責任』

欽ちゃんの責任。

小泉首相の責任。

ジーコ監督の責任。

『責任』
難しいです。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-25 12:29 | 日記 | Trackback | Comments(2)

金魚すくい

b0097729_935998.jpg奈良県大和郡山市は金魚の国内のほとんどシェアーを確保している、いわばメガネで言う鯖江市みたいな地域です。

子供の頃、そこに住んでいたことがあり金魚は身近なものでした。
用水路でワキンがすくえるのは日常茶飯事。 運がいい時はランチュウもヒゴイもすくえます。

昨日は某メーカーさんがイベントで納涼祭ってのをされていたので、子供をつれて伺いました。

そして金魚すくい。

b0097729_9405041.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-24 09:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

7月22日

b0097729_21471180.jpg
昨日は色々盛りだくさんの日でした。
久しぶりに土曜日・日曜日と休みがとれました。

朝起きると家内と長男、次男はもう家にいませんでした。
長女が上下逆さになって大の字で寝ていました。。。

この日は福井県内の小学校3年生以下のサッカーチームの試合(日之出スターリング交歓会)。 メダカカップがあり、それに出場するために家内とお兄ちゃんたちは朝早くから福井市スポーツ公園に行ったのでした。

しばらくして長女が起きてきました。

「ママは?!」
『サッカーに行ったよ。』
「おなかしゅいた。」

というわけで、ドマーニにパスタを娘と食べに行くことに。

b0097729_21595488.jpg
b0097729_2201154.jpg
娘(3歳)は自分でお化粧をし、出発。
娘はバジルとトマトのパスタ。 わたしはカルボナーラ。
美味しい! 美味しい! と娘は大喜び。
そういえば、娘と2人で外食するのは初めてかも。。。

食べ終わって、お兄ちゃん達の試合を見に。。。

b0097729_2275898.jpg
b0097729_2285990.jpg
b0097729_2214339.jpgもう2試合をこなし、残すところあと1試合。
勝ち点6、得失点差7点でした。

最後の試合は2-1で負けてしまいました。
勝ち点6、得失点差6点になってしまいましたが、なんと優勝!!

b0097729_22145840.jpg
2人のお兄ちゃんは大喜び!!
しかもこの日は次男の誕生日。

『晩ご飯、何食べたい?』
次男に聞くと
「いくら丼」と。。。
そして三国のいつも行くお店に。。。

そのお店に着いたその日は貸切。

もう一軒のお店に行ったんですが満席。。。

ついてないなぁ~って思いながらふと見ると中腹にお店らしい灯りを発見!!
どこから寄り付けるのか。。。
うろうろしていたら何とかお店に到着。

そこは喫茶店でした。
いくら丼はないですねぇ~。

しかしマスターがお店を紹介してくれました。
そのお店は「魚志楼」さん。

b0097729_2237144.jpg
b0097729_22372656.jpg
お店はカウンターと座敷が1席のみ。
大正時代以前からの建物で何とも独特の雰囲気がありました。
教えてもらわないと中々見つけられないところにあり、本当に塞翁が馬。

b0097729_2243395.jpg
次男の誕生日に最高のいくら丼を食べることができました。

ちなみにわたしが食べたのはおまかせ丼(海鮮丼)

b0097729_22493971.jpg
b0097729_225062.jpg
そうして家に帰ってきて

b0097729_2254486.jpg
b0097729_22543022.jpgバースデーケーキ。

[PR]

  by ecru-societe | 2006-07-23 22:54 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE