<   2007年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

時をかける少女

b0097729_18501075.jpg原田知世さんや松任谷由美さんは好きなんですが、実写の映画は見ていませんでした。

また家内がTUTAYAで借りてきたので子供と一緒にアニメで再度映画化された角川文庫の『時をかける少女』を今日見ました。

原田知世さんの方の映画を見ていないので、ストーリーが一緒かどうかは解りませんが、『時をかける』ってそういう意味か!と思って見ました。

青春の甘酸っぱいそして切ない感じと、塞翁が馬というか、何が人の為になるのかはが解らないけど、何をしなければならないのかは、どう考えるのかで、、、それは若い時にはつなげて観えないけど、そこが大事なんだ!と再確認しながら観ました。

この絵の青空のような映画でした。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-30 19:02 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

クロスを貼る

b0097729_1253293.jpg


クロス(壁紙)を貼るのは単にボードの上に貼るだけじゃないんです。
なぜなら下地が平らじゃないと、クロスを貼ってもボコボコ平らな壁にならないからです。

エクリュのお客様がよく選ばれるクロスはEP(エマルジョン・ペイント)塗り風のクロスや漆喰塗りクロスのようにマットでフラットな感じのモノが目立ちます。

これらのクロスはより壁を平らにしないと、絶対綺麗に見えないんです。
専門用語で「下地を拾いやすい」と言います。

「下地を拾う」

そこでこの写真のような仕事の精密さが重要となります。

目立たぬ技術の真価が問われるのです。

下地の調整は、分厚い織物系のクロスや分厚い意志調のクロスの場合はそんなに重要ではないんですけどね。
エクリュのお客様の場合は、ナイーヴな感じのクロスがお好みの方が多く、特に重要なんです。

仕上がってからは全く見えないたくさんの仕事。
目に映るモノは氷山の一角なのは、どんなことでも同じですね(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-30 11:45 | つくり手(エクリュのなかま) | Trackback | Comments(0)

今度は7月中頃

b0097729_034356.jpg


今度の内覧会は7月中頃です。
今度は越前市。

外からは窓があまり見当たらない家。
でも中は明るく開放感があるのはなぜ?!

お楽しみに!!

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-29 00:08 | エクリュからのお知らせ | Trackback(1) | Comments(0)

ガソリン

b0097729_0423697.jpgガソリンまた値上がり?!
どうなってんの?

このままじゃ、何から何まで値段が上がっちゃう。
輸送費が上がるもんね。

石油に頼らない。

地球温暖化もそうだけど、こうもモノの値段が安定しないのも経済に混乱をまねいてしまう。。。


ハイブリッドにしなきゃいけないかな?

バイオマス?

原子力?

どうすればいいの?

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-29 00:00 | CAR(車) | Trackback | Comments(0)

誕生日

b0097729_2214679.jpg


今日は長女が4歳になりました。
今日はおばあちゃんが95歳になりました。

今日は二人の誕生日。
二人ともおめでとう。

誕生日おめでとう。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-28 22:23 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

鉄コン筋クリート

b0097729_23355297.jpg


クロとシロ。
俺の街。
変化。
信じるモノ。
神様の失敗。
ネジ。
あんしん、あんしん。

面白かった(笑)
気に入った(笑)
絵もいい。
いい

鉄コン筋クリート
DVD買おっかな?



[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-28 00:00 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦。

ずっと見てたのに最終回の日、打合せが長引き見れませんでした。

家内に聞くと『見んでもええよ!あんな終わり方・・・』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・余計気になるぅぅぅぅ」

後悔先に立たず。
覆水盆に返らず。

もし過去に戻れたら・・・。
でも、本当にある事実を知って過去に戻れば、未来は変えられるんでしょうか?と実らぬことを考えてみる。

「あの時ああ言っておけば・・・」
言えない理由がその時はあったから、その時に戻ったら(その時の立場に立ったら)やっぱり言えないのかなぁ~。
それとも成長すると違うのかなぁ~。
ほんとはいつもその時のベストを、なにげに選択しているんじゃないのかなぁ~。


で!
最後。
どうなったん?!

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-27 13:18 | TV・シネマ | Trackback | Comments(4)

会社とは? 仕事とは?

ミートホープ田中社長、対応終えた時点での退任表明

北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープ」の牛肉偽装事件で、ミート社の田中稔社長は26日、本社で開いた従業員説明会の後、29日付で全従業員71人を解雇するほか、顧客への対応を終えた時点で社長を退く考えを表明した。
会社の存続については、三男の恵人(よしひと)専務が「弁護士と(会社の)法的整理も検討したが、再建をあきらめているわけではなく、まだ協議中」として、再建の可能性を探る考えも示した。
午前10時から3時間半近く行われた説明会には従業員約50人が出席。田中社長と長男の等取締役、恵人専務が説明した。出席者によると、田中社長は「皆さんに迷惑をかけた」と謝罪した上で、全員解雇の方針を伝えた。長年働いてきた従業員も多く、すすり泣きの声も上がった。
説明会後、従業員の男性は「いきなり解雇される気持ちは分かるでしょう。生活ができなくなる」と肩を落とし、「全国の人に迷惑をかけて申し訳ない」と話す女性もいた。
田中社長は、報道陣を前に、「従業員は本当に一生懸命やってくれた。信じてくれたのに裏切ってしまった」と語り、「事の重大さを認識していなかった。もう辞めます。こんな騒ぎを起こしたんだから」と述べた。
また、恵人専務は「5年前に入社して不正も一部知っていた。社長と同じ責任を負っている」と述べ、不正への関与を明らかにした。 (2007年6月26日23時36分 読売新聞)


食肉業界の状況はよくは知らないのだが、他の業界を見ると安売り思考とその逆の高級志向に分かれる傾向にあるように思える。

今回の事件が特別なのか?
業界ではある程度、目にするこのなのか?
今回の事件はひどいが、賞味期限や消費期限を偽る事件。 生産先を偽る事件などは以前にも目にした。

もし、この事件が海外との安売り競争の中での国内の業界の悲鳴なら、、、それともただの例外?


従業員の全員解雇に同情する報道も目立つ。
でも、いくら社長命令とはいえお客様に対して顔向けできないようなサービスに疑問を感じ、会社内で問題を解決しようと思う社員や役員は全くいなかったのか?

会社を良くするのは社長だけではなく、むしろ現場に立たれている社員の方々ひとりひとりであることを、誰一人として理解されていなかったのか?

「いきなり解雇される気持ちは分かるでしょう。生活ができなくなる」

社員の方々の中で、被害者意識を持たれている人がいれば、言いたい。
被害者はお客様だと言うことに気付いて欲しい。


会社をつくるのは社長だけではない。
社員はもちろん、協力会社やお客様のお力添えあって会社は創られていくものだ。

もちろん会社に対しての責任の大半は社長にある。
しかし、当然社員にもある。
加ト吉にもある。
業界にも問題や責任の一端はある。

しかし、しかし、社員には当然にある。
そんなことは当然だ。

お客様を裏切ってきたのは誰かを考えれば簡単に解ってくる。

社内外の全ての立場の人たちは同じ目標の元仕事をしている。
それはお客様の満足。
それに対して裏切ったのは誰か?

会社とは何か? 仕事とは何か?

今一度それそれの立場で、再確認しなければならない時なのかもしれない。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-27 01:35 | Trackback | Comments(2)

ワーキング プア

先日テレビでワーキング プアの特集を見た。

ワーキング プア(working poor)は、正社員並みにフルタイムで働いても(またはその意思があっても)生活保護水準以下の収入しか得られない就業者のこと。直訳では「働く貧者」だが、働く貧困層と解釈される。( Wikipediaより)

最近テレビを観ていて気持ちが重くなるような報道が目に付く。
不安が不安をあおり、こころの鉛色が連鎖しているように思う。
でも、ワーキング プアの問題などに目を伏せていて、表面上の明るさを持続させても、それはそれで意味のないことで・・・。
そう思ってテレビを観た。

あるワーキング プアの方は、アルバイトが禁じられている工事現場でも働き、スベストが降り注ぐ中で解体工事などを経験したことがあるとインタヴューで話していた。

労働基準法の改正により、モバイルなどに登録しておけばバイトをしてくれるような、雇用されない人を派遣する派遣会社が増えたと言う。 それに伴い労働組合も無いその方々を過酷な状況で働かせるモラルの低い会社も増えたと報道されていた。

日本のものづくりが世界の信用を得ているのは、高い労働水準にある。

アメリカのお金持ちのご令嬢は日本車に乗ると、アメリカの友人に聞いたことがある。
その理由は強盗などに襲われた時も故障することなく、いつでもちゃんとエンジンはかかるし、信用性が高いからだそうだ。 ちなみにその友達はNSX(アキュラ)に乗っているといっていた。(どんだけ金持ちやねん!!)

それらも高い労働首位準が可能としている。

安い労働賃金の国は、ものづくりの力も不足している。
「安かろう悪かろう」である。

しかし、このように日本もものづくりを軽んじ、労働賃金をドンドン低下させることは、長い目で観れば日本の為にならないと自分は思う。

それは自分がものづくり業界のはしっくれにいて痛感することである。

自分達は設計し、管理をするが、実際モノをつくってくれるのは職人さんだったり工場で働く方々だったりする。
その方々が労働意欲を失うような環境だと、どんなに素晴らしい図面を描いても、どんなに素晴らしい管理システムを駆使しても、素晴らしいモノは出来上がらない。

日本のものづくり。
ちょっとまじめに考えないと競争力を失う結果になってしまうのかもしれない。
ワーキング プアはそんな今の日本への警告とも受止めることができる。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-26 00:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

環境

悲しいニュースが目立ちますね。。。

食事の挨拶が出来ないと虐待する大人や、ミートホープ(北海道苫小牧市)のひき肉偽装問題。
子供の性にして、消費者や体制の性にして。。。
本当に悲しくなるニュースが、、、、、、、、そんなことに気持ちが影響されている自分の弱さをまた痛感させられます。

でも、そんな中、CO2削減の為のライトダウンキャンペーンに参加される人々のニュースが放映されていました。

昨日、6月24日(日)の夜を「ブラックイルミネーション2007」とし、夜8時~10時の2時間、全国のライトアップ施設に対し電気を一斉に消灯していました。
東京タワーもライトダウン。
もしかしたら、東京でも星が見れたのでは?(笑)

調べてみたら色々な機関が電気を消す運動をしているんですね。

100万人のキャンドルナイトとか。。。
福井でも色々なイベントが行われているようです。
コチラ!!

ロウソクの光は色温度が2000K程度と低く(オレンジ色)、脳波がα波になりリラックスできます。
ちなみに寝る前の2時間程度、ロウソクの光などの低い色温度の中で過ごすと眠りが深く、疲れが取れやすいんですよ!!
テレビを観ながら寝るのは最悪だそうです。
テレビの光は色温度が高い上、チカチカして、脳がくつろがない状態で眠りが始まるので、、、しかも嫌なニュースを最後に眠りにつくのはイヤですね(笑)

それはさておき、環境の為になり、自分の為になるライトダウンの試み。
あなたも参加してみませんか?

b0097729_0332374.jpg

b0097729_1026399.jpg


[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-25 00:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE