<   2007年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 

三国へ

ずっと休みが無かったから、今日は1日お休みをいただいた。
そこで家内と三国へ食事をしに行くことにした。

お店はお気に入りの Sogno-Poli (ソニョーポリ)。

b0097729_2227531.jpg


心地のいい風と、美味しい料理。 そして上質のサービスをいつも受けることが出来るソニョーポリ。
家内もとても気に入ってます。
今日はセイコガニのパスタなどをいただきました。

b0097729_22313985.jpg


この肉(肉とは関西では牛肉しか指さない)は本当に美味しかった。
贅沢のきわみを感じることが出来るほど(大げさですか?:笑)、とろける感じ。

ぷぁ~。 今日も満足のいく時間を過ごすことができました。

b0097729_22432414.jpgちょっとここでソニョーポリのおしらせ。
ソニョーポリのクリスマスディナー
12/22(土)~25(火)
①18:00~20:00 ②20:30~22:30
予約制で2部制となってます。
1名様8,400円(税込)です。
《メニュー》
食前の愉しみ
白カブのスープに浮かんだ温泉玉子と(伊・パルマ産/ピオトジーニ社)生ハムのトリュフ添え
冷たい前菜
お肉とお魚と有機野菜の前菜盛り合わせ
温かい前菜
セイコガニと冬の魚介のオーブン煮込みサフラン風味の焼きリゾット添え
パスタ
自家製サルシッチャと冬野菜のクリームソース
お口直し
柚子のシャーベット
お肉料理
(最高品質の証[ラベルルージュ]が与えられた、仏・ランド産)鴨胸肉の炭火焼 洋梨のソテー添え
最後の甘い物 お飲物
ショコラノワゼットとピスタチオのジェラート コーヒー

ソニョーポリ (Sogno-Poli) 
所在地  坂井市三国町安島14-21-1
連絡先  0776-81-3063 
定休日  水曜日 
営業時間   11:00~21:30

b0097729_23243384.jpg


そして帰り道に甘林堂で鶯餅を買い。。。


和菓子処 大和甘林堂
福井県坂井郡三国町北本町4-4-52

b0097729_2326418.jpg


またまた帰り道に氣ものやよざはん・あったかいきもちで愛娘のお土産としてフェアトレード商品であるポシェットを買い。

b0097729_23295081.jpg


子供たちを迎えに行かないといけないので、急いで帰りました。

充実したお休みでした。


氣ものやよざはん
福井県坂井郡三国町下野57ー26

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-30 22:22 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

THE MIGHTY マイ・フレンド・メモリー

b0097729_313663.jpg


心や体に障害を持つ2人の少年が出逢い、互いの人生に大きな影響を与え合う。
勇気と愛に満ちた感動の映画でした。

王道を生きる大切さ。 清々しさ。 真の優しさ。 強さ。

騎士は自分の値打ちを行動で示す。
僕たちは僕たちである。
何者にも屈しない。

知識がなぜ大事かは、『正しい』を知りえるため。
歴史や星空の真実や科学も。。。
それらは全て自分の真実を知るためなのかもしれません。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-30 03:00 | TV・シネマ | Comments(0)

cafe jiji

b0097729_22531197.jpg


今日は本当はマルコポーロに行こうと車を北へ走らせていました。
しかし、満席。
待ち時間は40分以上と。。。
今日が福井でお店をOPENするのは最後の日。
お店を兵庫県西宮市へ引越しされるとのコト。

最後にマルコポーロで食べたかった。。。

断念し、更に車を北へ。。。
そしてcafe jiji へ。

b0097729_22593825.jpg


cafe jiji は、cafe notes の焙煎した美味しいコーヒーと、美味しいカフェ飯で、ゆっくりとした時間を楽しめるお店です。

タコメシやパスタやオムライスなど、食事も色々なメニューがあります。
飲み物も様々な飲み物があり、ケーキも美味しいです。

b0097729_2382994.jpg


出発時の目的とは違いましたが、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-30 00:00 | | Trackback(2) | Comments(0)

夕焼け

b0097729_22263948.jpg


今日は本当に夕焼けが綺麗で。。。
この季節には珍しく、最後の秋なのか。。。
今日の空は本当に綺麗でした。
あまりに美しく。
何だか嬉しく。
何だか切なく。
どこまでも綺麗でした。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-29 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

思いをこめたカタチ

『考えた“量”や、“質”みたいなことは、なぜか伝わっていくんですよね。考えているビジョンというか、その“純度”が高ければ高いほど、バーンと人に心に届くのかなと思うんですけどね。』

届くと幸せです。
それこそが幸せです。


人の心には中々届かない。
何度も何度も同じ言葉や同じ内容を伝えても、中々伝わらない。

『言葉』

言葉は目には映らない。
でも、カタチは目に映る分、先ほど書いたように錯覚もあるが(錯視)、結構伝わるコトもある。
自分の場合は、逢ったことも無い人でもその人が設計した家などに足を踏み入れると、その人がそばに感じられるときがある。
今回内覧会をした『育みの家』でもそのコトは感じた。



今回の『プロフェッショナルの流儀』はトークスペシャルで、クリエーターたちの言葉と題した特集だった。

カタチに自分達の考えや想いや、時には信念を注ぎ込む人たちの言葉。
でも、その人たちはやっぱりカタチに込める方が得意なんでしょうね(笑)


『僕はトレンドを作るためにデザインはしていないんですよね。そういう消費されるようなデザインはあまり好きじゃないんです。“10年後見ても古くさくないもの”というのが自分の目標です。』

真実を探している。
自分はそう感じました。
その場だけのツジツマじゃなく、首尾一貫した真実。
原理原則は時を越えます。


『いい装丁が一つ出来れば、それでなんかね生きていられるという感じなんですよね』

かなり苦しんで生きているのが感じ取れます。
そこに共感がもてます(笑)
自分の世界を持てば、ひとりぼっちになった気がする日も少なくないですし。
鈴木氏がそうなのかどうなのかは解りませんが(笑)
心に響く言葉です。


“負ける建築”

建築家・隈研吾さんの有名な言葉ですが、つまりは調和や順応を意味するのだと自分は感じています。
『ハッ』とするような言葉遣いはさすがだと思います(笑)


言葉よりカタチに込められたメッセージが真実なのかもしれません。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-28 00:26 | Trackback | Comments(4)

錯視

b0097729_23274648.jpg


錯視ってご存知ですか?
自分が大好きな番組『爆笑問題のニッポンの教養』で北岡明佳先生の錯視が取り上げられていました。

自分もずっと感じていました。
同じモノを見ても同じように感じ取れていると思うのは全く錯覚だと。
目の前にあるリアルなものですら、こんなに錯視を起こすのだから、真実は本当に観ることが出来るのだろうか?

錯視には個人差があるそうです。
上記の柄(ヘビ)は動画ではありません。
静止画です。

自分は動いて見えるのですが、動いて見えない人もいるそうです。
動いて見えない人はこの場合真実が見えているわけですが、自分には動かないで見える人がいることが信じられないぐらい動いていないと知りつつ動いて見えます。

この場合、自分に知識が無いと(動いていないことを知らないと)、動画として認識し、そのまま死んでいきます。
一生正しいことを知らずに末代まで恥じます。
自分を超えることは出来ない。
自分を超える唯一の方法は、今の自分を疑い、学び、身に付けるコトなんだと、この錯視を知り、怖いぐらいに思いました。

しかし、知識をつけてもこの柄(ヘビ)はまわり続けます。
人は本当に学べるのでしょうか?
視覚を信じないで目に映らない真実を信じる。
そのことが本当に大事なんでしょうね。

あと発見したんですが、めっちゃ離れて見ると回らなくなります。
客観的に見るってことでしょうか?
客観的に見ている視点が既に主観なんですけどね。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-28 00:00 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

URALA

b0097729_2292797.jpg12月号のURALA
『家を暮らそう』でエクリュでおうちを建てていただいたお客様が、また取材されました。

今度は『凝縮の家』。

よかったら見てみてください。
今回もお客様の取材で、エクリュが取材されたわけじゃないので、、、
どこまでもエクリュではお客様が主役です(笑)
エクリュは黒子。

とは言え、もう少し多くの方にエクリュをお届けできるような力があればいいんですけど(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-27 22:11 | BOOK | Trackback(3) | Comments(0)

共存共栄

恋愛を『勝ち負け』で表現する。

相手より自分の方が相手を想う気持ちが強い時、相手を追いかけている時は『負け』。
逆に自分のコトを相手が強く想い、追いかけられているような状況の時は『勝ち』という。

ある日、そんなコトを図っていても意味が無く、要(よう)は自分自身の気持ちの問題であると感じ、恋愛を『勝ち負け』で表現しなくなったけど、でも、今でもその気持ちは分かる。
『愛』という言葉の意味が、昔よりは多少深く理解できる今でも、『勝ち負け』を感じる感覚は否めきれない。

それは相互の共通認識のバランスでしか関係は成り立たないからだろう。


自分は『共存共栄』という言葉を大切にしている。
それは単に弱者を排除していく世の中が品がないと感じているからだ。
現実の社会は『弱肉強食』かもしれない。
でも、せめて自分達の周りだけでも『共存共栄』の世界を実現したい。
そう思って日々精進している。


『共存共栄』・・・二つ以上のものが互いに敵対することなく、ともに生存してともに栄えること。

自分の認識では共に切磋琢磨し、より崇高な関係などを目指し永く共に歩みを進めて共に栄えていくコトを誓い合った関係が『共存共栄』なんだと思っている。
だから、力量の不足だけを理由として関係を決裂させることは無く、相互に『共存共栄』の認識がある限りは、永く続けていく関係だと考えている。

しかし、そうであっても『信』が大きく揺らぐ時、恋愛を『勝ち負け』で判断していた時のような基準を持ち出しそうになる。
だから、『愛』や『信』の言葉の意味を、昔よりは正確に理解できるようになった今でも、『勝ち負け』を感じる感覚は否めない。


『相互』

相互に共通の認識を持っている状態であることの難しさからであろうけど、『相互』の意味を理解できていれば、自分が何をすべきかは決まっている。
人のせいにしていては一生『相互』はありえない。


『胡座(あぐら)

それが感情を揺るがし、心を曇らせる。
でも、「胡座をかいている:怒」との指摘した時点で、『相互』という意味では胡座を推奨したコトにかなり近い意味合いになってしまう。
なぜなら本来の人間関係は『愛』によって築かれるからだ。
つまり人のせいにした時点で、胡座をかいていることと同じ意味合いがある。

精進。精進。。。
まだまだ、自分は若すぎるようだ。。。
ただ、ひとりじゃ無いけどね。
『三人よれば文殊に知恵』

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-27 00:00 | 日記 | Trackback(9) | Comments(0)

ありがとうございました。

b0097729_23334528.jpg


本日、2週にわたって開催いたしました『育みの家』内覧会を、おかげさまで大盛況の中、無事終えることが出来ました。
本当にありがとうございました。
前半は足元が悪いにもかかわらず、たくさんの方々に起こしいただきありがとうございました。
後半はおかげさまで天気にも恵まれました。
テントに戻り、イスにかける暇も無いほどの大盛況で、本当に嬉しく思ってます。
今回の『育みの家』内覧会が、今後の皆様の住まいづくりにお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。
その瞬間にエクリュが立ち会えると、もっと幸せです。(笑)

今回の内覧会は今までとはまた一味違った内覧会となりました。
弊社の社員(女性設計士)の自邸であることもあったのかもしれません。
その社員の出産もこの内覧会中の出来事でした。

数年ぶりにお会いできた方も。
やっとお逢いできた方も。
もちろんいつもの常連さんたちもありがとうございました。

あと、あたかやさん、ディマンシュさん、OZONEさん。
今回の内覧会にご協力いただいた全ての方々、ありがとうございました。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-26 00:00 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

『育みの家』 本日、いよいよ最終公開となります。

b0097729_23293935.jpg


一昨日、昨日と開催いたしています『育みの家』が、本日、最終日となります。
エクリュの女性建築士が自邸(育みの家)を建てました。

と言うと、ビックリ箱みたいな家を想像される方もおられるかもしれません。
でも、違うんです。

残すところあと1日。
是非この機会をご利用ください。



エクリュ 『育みの家』 内覧会
11月23日(金)・24日(土)・25日(日)
午前10:00から午後6:00まで
福井市大宮3丁目(大宮ユース跡南側)

[PR]

  by ecru-societe | 2007-11-25 00:00 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE