<   2008年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

やっこ

今日は安穏の家の施主検査がありました。

実は風邪をこじらしてしまったようで・・・
胃腸の調子が悪い中、竣工検査と器具等のご説明が行われました。
寒気はするし、立ってるのも辛いぐらい・・・
でも、リビングのソファーに腰掛けていると、床暖が体の芯まで暖めてくれたせいか、調子が上がってきました。

そこで、お施主さまと食事に行くことに。

胃腸の調子がよくないのでうどんか蕎麦を食べに行こうということで「やっこ」へ行って参りました。

b0097729_2231275.jpg


コチラも体が暖まり、落ち着いた感じになりました。
美味しかった!

明日からご招待客のみの内覧会がスタートします。
倒れてる場合じゃないと、気持ちを引き締めなきゃいけないのですが、その前にお腹の皮を張りました。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-31 22:22 | | Trackback(1) | Comments(2)

アギー

家内の祖母が亡くなり、月曜日の夕方から家内と子供たちは大阪へ飛んだ(サンダーバードでだけど・・・)。

祖母と最もかかわりが深かったお義母さんへの心配もあるのだろう、、、家内と子供たちは、家内の判断で明日まで関西に残っている。
最善とは思えないが、まあ、そういう考え方もあるのだろうと子供たちのことは任せている。



そんなことで、ここ最近独身貴族を味わっている。

夕食は優雅にイタリアンのコースを食べに行き。
お風呂もしずかちゃんのように一人でゆっくりと時間をかけてのんびり浸かり。
つまらないテレビもつけず、ギターなんかをポロポロならしている。

こんな調子じゃ、すぐにブクブク太ってしまい、王様みたいな体系になっちゃう。。。
(ルネサーンス!)

b0097729_20104228.jpg


今日はアギーへ行ってきた。
ひとりでゆっくりととる食事(ディナー)は、本当に贅沢の極みだ。

鯵鯛と鰤とかんぱちと鯛のカルパッチョ。

いつもならカルパッチョ好きの子供たちに、全部取られてしまってオリーブオイルのかかったきざみネギぐらいしか食べれていないところ、今日は一人で全部食べた。

しかも18時ごろとお店が空いている時間に一人で行ったので、お店の方(オーナー)に料理の説明など受けながら、楽しく食べた。

b0097729_20143373.jpg


これはモチ豚の自家製ベーコンが入ったカルボナーラ。

麺はスパゲッティ(直径1.9mm)でした。
パスタの代名詞として名前は有名ですが、お店ではほとんど食べたことが無いです。
茹で上げに時間がかかってしまい(13分程度)、お客様を待たせてしまうからだそうです。

でも、今日はカルボナーラ・スパゲッティ。

腰があるのでクリームソースが飛び跳ねないように注意しながら口へ運ぶと、しっかりとしたアルデンテ。
本場イタリアではほとんどスパゲッティだそうです(お店の方に教えていただいたんですけど・・・)。

モチ豚の自家製ベーコンも歯ごたえがあって、いつものパンチェッタより美味しかったかも。

ゆっくりコーヒーを飲み終えて帰ってきました。

毎日こんな調子だと、本当にマズいなぁ。
息を抜いても、血管がすぐに詰まってしまいそう(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-30 00:00 | | Trackback | Comments(6)

ヒロT

最近、関西へ帰ると話をしている人から
「関西弁や!」と思うようになった。

関西弁が当然だった頃は、言葉でしかなく、方言と言う意識は無かったが、
最近は関西弁が方言と認識するようになった。

昨日、高速で関西に入ったところでFMのチャンネルを802へ回した。
するとヒロTの声。
ヒロTとはヒロ寺平(寺平博次)氏の愛称で、FM802のベテランDJです。

ヒロTの声を聞くのは本当に久しぶり!
10年ほど前までは毎日のように聞いていたのに。

最近感じる「関西弁」は、どこか余所行きな雰囲気を含んだ感覚でしたが、ヒロTの声を聞いた時、その関西弁には故郷を感じたのは、どういった違いだろう?

ヒロTの声は懐かしく、色んなことを思い起こさせてくれました。

初心に帰るみたいな意味でも、故郷があることはいいことですね。
ただ、関西の場合、故郷の成長がめまぐるしく・・・故郷を感じさせないような気がしていたのですが、ヒロTのようにずっと続けてくれている人やお店や、そんなモノたちを見つけると、安らかな気持ちになります。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-29 15:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

家内の祖母

今日は家内の祖母のお葬式。
昨日はあまりに少なかった家内の祖母との時間を、ひとり、思い出していた。

今年の盆。 実家へ帰郷した際に、祖母の体調があまり体調がよくないとのことで会いに行った。
伺うといつもキッチンから色々食べ物などを運んでくれた祖母が、「少し疲れたから横に成らせていただきますね」と言ってベッドに横になる他は、言葉も眼力も握力もしっかりなさっていたのでかなり体調がよくないとの情報は間違いじゃないかと思うほどだった。

しかし先日、祖母は亡くなった。

お盆にお会いした時、わたしと家内が祖母に呼ばれ、
「あんた達は本当に素敵な夫婦や!」
と言われた。
その時は、何でそんなことを急に言うのかが解らなかった。



家内と一緒になった頃の今より若輩者のわたしは、何でも自分で出来ると思っていた(何にも自分でしていないのに・・・)。
自分のことしか考えない、ものすごく世界の狭い人間だった。
結婚の時も多くの人たちに迷惑をかけ、顔に泥を塗った。
自分達で勝手に籍を入れ、勝手にハワイでの挙式を決め、家族ですらコチラから誰も誘わず勝手に結婚した。
カタチを無視し、結納も何もかもせず、自分だけのルールを押し切った。
ほとんどの人がそんな二人を心配に思っただろう。
それどころか貶しても貶しても気が晴れない人もいたんじゃないかと思う。

でも、祖母はいつもわたしの見方だった。
そしてこの夏、「あんた達は本当に素敵な夫婦や!」とわたしと家内の手を握って嬉しそうに言ってくれた。

今になって思うと、祖母は家内を本当に愛していたんだと思う。
誰よりも家内のことがわかっていて、誰よりも家内のことを愛していたんだと思う。



愛するとは・・・
愛する人がした選択すら愛するということだと、祖母から言われていることに今日気付いた。

愛するとは・・・
愛する人がした選択の結果、表面上に(一般的に言う)良くないことが現れても、その先にきっとある輝かしい未来を信じてやれると言う事なんだと思う。
例えヤギモギした気持ちになっても「まだ、ちゃんと愛せていない」と自分を戒め、信じて見守り続けると言うことだと思う。

「あんた達は本当に素敵な夫婦や!」との祖母の言葉は、孫娘を真に愛しているという証だったのだと、今日気付いた。
どうしようもないちっぽけなわたしの見方をし続けてくれたのも、そういうことだったのだと、今日気付いた。

祖母の愛の大きさに今日気付いた。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-28 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

ご冥福をお祈りします。

僕らは限りある時間を過ごしてる。

あと何回桜を見るんだろう?
無限ではない。
むしろ3ケタではない。 最高2ケタだ。

そんな当然のことを意識せずに過ごしてる。


当然のことは当然に心に留めておかないと。
でも、目の当たりにしたくない現実には、目を背けたまま考えない。
考えたくないことは脳裏から消してしまう能力が人にはあるみたいだ。


今日、家内の祖母が亡くなった。


お盆にお会いした時は、比較的お元気だったのに。。。

どんな時も見方になってくれた祖母。
祖母からすると無力でちっぽけな孫だったのでしょう。
ご心配ばかりおかけして、、、
それでもいつも暖かく見守っていただきました。

大きな後ろ盾を失ったと感じます。

明日、内覧会があるので、それを終えたらすぐに大阪に飛びます。
ご冥福をお祈りします。


「武士は自分の死体が道端に転がっていることを想定して生きろ」という教えがあったと云われています。
限りある時間を生きている僕ら。
そのことを肝に銘じて生きていきたいと思います。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-27 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

鈍感力と察知力

自分の世界観を持つこと。
自分の首尾一貫を持つこと。

それに対し、自分以外の世界とのつながりを持つこと。
自分以外の世界と調和すること。


大人になるってことは、より広い世界と首尾一貫した自分を調和させていくことなのかもしれない。


要するにバランス感覚。
鈍感なほどに自分の世界を持って貫くこと(小泉元首相曰く、鈍感力)と、敏感に周りを感じ、客観的に自分を観ること(中村俊輔氏曰く、察知力)とのバランスとでも言おうか。

でも、人の面白さはバランスの悪さだったりする。 またそれを個性とよんだりもする。


もしかしたら、アンバランスなピースを沢山集めて、大きなバランスした世界を持つために、沢山の人がいるような気がする。


正直、(自分を棚に上げて)バランス感覚の無い人へイラっとしたりする時もある(笑)。
でも、そんな時、いつも上記のようなことを思う。


考えてみると、「美」は首尾一貫した思考や思想や哲学だったりするが、
どこまでも矛盾の無い整ったモノの中にある傷や歪が、無性に美しいと感じることもある。

やはり全ては光と影なのかもしれない。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-26 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ありがとうございました。

b0097729_22231728.jpg


今日は内覧会の初日でした。
初日から沢山の方に来ていただき、本当に嬉しかったです。
お越しいただいた方、本当にありがとうございました。

明日も沢山の方と出会えることが楽しみです(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-25 22:22 | Trackback | Comments(0)

「皆さまのおかげさま」と「自分の力量」

最近よく思うのは、環境と自分のこと。

こうやって自分の考えを、まるで自分が考えたかのように話したりするけど。
それは自分の考えじゃなくて、自分を取り巻く社会や環境みたいなものによって導かれたと感じたりするのです。
もちろん、人のせいにしてるわけではないんです(笑)。
そういうことではなく、自分の力のみ導き出した考えや能力が技術ではないので、自分だけのもののように扱ったり、自分の手柄のように思ってはいけないって感じるのです。

きっと「皆さまのおかげさま」と「自分の力量」は表裏一体なんでしょう。

とにかく、今ある自分の能力や技術力や様々な力は、自分だけで身に付けたものではないし、つまり自分だけのものではないわけで、、、だからその力は自分のためだけに使うことは間違いで、出来れば多くの人たちのために役立てるべきなんだと、当然のことを今更ながら考え直したりします。

親にしてきてもらったことを、子供たちに返していくように。
先輩からしていただいたことを、後輩に奉仕していくように。
つなげていくというか・・・つながりの中に居ることを忘れてはいけないと今更ながら思うのです。

今ある力は自分だけの力ではない。
そのことは決して忘れてはいけないことなのは確かです。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-25 00:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

『安穏の家』インターネット予約は終了致しました。

本日の12時を持ちまして、『安穏の家』のインターネット予約を終了いたしました。

ご予約いただいた方。 大変ありがとうございました。
お気をつけてお越しくださいますよう、よろしくお願いします。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


 注意
 10月25~27日の内覧会はご予約いただかないと(招待状が無いと)ご覧になることができません。
 あらかじめご了承下さい。



b0097729_1644920.jpg


Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-24 12:12 | Trackback | Comments(0)

インターネット予約 最終

b0097729_23213060.jpg


いよいよ明日(24日)の午前中(11:59)で、
10月25~27日 10:00~18:00 に開催いたします
安穏の家(永平寺町松岡木ノ下の家)新築内覧会
インターネット予約を締め切らせていただきます

お考えで、まだ予約されていない方はお急ぎください。

インターネット予約は、エクリュのホームページからできます。



今回のおうちは、やわらかな陰影が美しい落ち着いた雰囲気のおうちです。
大人の雰囲気がいっぱいで、昼の空間も夜の空間もそれぞれ癒される空間です。

お時間がよければ、昼の雰囲気と夜の雰囲気の両方を感じていただきたいと思います。





Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-23 00:00 | Trackback | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE