<   2008年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

自信と過信の境界線

自信が無いと良くないと思う。
自分に自信が持てないのは、あまり良くないことだと思う。

でも、自信が過信になった時は、これはマズい。
とは言え自信と過信の境界線は、結構難しい。

自信とは自分(自分たち)は出来ると思う気持ちから湧いてくる感情で、
逆に自信が無い状況は自分(自分たち)には出来ないと思う気持ちから成る。
つまり、自分(自分たち)には何が出来、何が出来ないのかを明確に把握すれば、過信は起こらない。

そもそも、「○○が出来る」ということは同時に「××が出来ない」と言うことであることでもある。
言い換えると「自信がある」ということは同時に「自信が持てない」と言うことにも成りえるはず。
つまり選択だから。

自分の選択に自信を持つことは大事なことで、それなくして何も出来ないけど、自分の選択が唯一かのように思ったり発言したり行動したりするのは、、、自信の表れであることは理解できるが、何か足りないものも感じるのは、、、わたしだけでしょうか?

信じると言うことは、どこかで思い切りが必要なことなのかも知れない。
その思い切りが過信につながる危険性をはらんでいる事も、どこかで解っておく必要があるのかも知れない。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-30 17:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)

シリーズ うちの次男

b0097729_1340143.jpg


先日うちの次男が福井市防災センターへ見学に行ってきました。

地震を体感したり、台風を体感したり、色々な体験をさせていただいたようで、楽しそうに食事の時に話していました。

そして、その模様がテレビのニュースで放映されるとのことで、家族みんなでテレビを見ました。
次男はところどころに映っていて、見つけるたびに家族が盛り上がります。
そして、最後に女の子が感想をインタビューされてました。
もう終わりかと思いきや、次に男の子が感想をインタビューへ。

それがうちの次男。

緊張しぃのうちの次男ですが、カメラを気にせず淡々と応える姿に
「成長したなぁ~:涙」
と涙ぐむ親バカでした。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-29 14:01 | 家族・地域 | Trackback | Comments(4)

建て方

b0097729_17291853.jpg


今日は建て方でした。

建て方とは、構造躯体を上棟することで、基礎・土台の状態から、建物の形状が解る状態にまで一気に組み上げます。

建て方の日は一種のお祭り(お祝い)で、昔はお施主さまと工事関係者は勿論のこと、ご家族やご近所の方々やお勤めの会社の方などお施主さまに関わる人たちみんなでお祝いしたりしました。

最近はそういったことは少なくなりましたが、今回の建て方はあいにくの天気の中でも、ご家族やご近所の方々もお祝いに駆けつけてくれました。
人のつながりを大切にされるお施主さまだからでしょう。

b0097729_17423842.jpg


時折、結構激しい雨と風が吹き荒れる中、おかげさまで事故ケガ無く無事に建て方を終えることが出来ました。

ありがとうございます。



昔は建て方の最後は、建ちあがった建物の下で直会(なおらい)を行ったりしました。
直会とは、一般には、建て方が終わった後の宴会(打ち上げ)と理解されていますが、本来は神事を構成する行事の一つでした。
直会ではお酒が入りがちで、飲酒運転をさけるなど、最近は行うことが無くなりました。

でも、お昼ご飯などを大工さんたちにおもてなししたりし、その時にお施主さんと親方(大工さん)と親しくなったりします。

いえづくりに最も大切なことのひとつはお施主さまを含めたチームワークですからね。

b0097729_1855488.jpg


さぁ! 住まいづくりの器であるいえが、実際のカタチとなっていく工程が本格的にスタートしました。
今回も素敵なおうちです。
楽しみです。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-28 18:06 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

ワックス

b0097729_21222028.jpg


今日は半年ぶりにヒデ・ボーンで髪を切りに行った。

そしておしゃれな髪型になったので、髪の毛をセットできるようにワックスを買った。

uevo design cube dry wax (ウェーボ デザインキューブ ドライワックス)

強力なセット力とドライ感で、マットで無造作な仕上がり
セット力が 10 強
質感は    2 軽

ヒデさんの提案で決めました。


そのこともさることながら、このワックス。
驚いたのが製造販売元。

日華化学株式会社

福井生まれだったんです。


DEMI デミ コスメティクス
http://www.demi.nicca.co.jp/

HIDE/Bon ビューティー ヒデボーン
http://www.hidebo-n.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-27 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

たおしますねぇ~

今日は朝からいすに座って
「たおしますねぇ~」
と歯医者。

今日の夜はいすに座って
「たおしますねぇ~」
と美容室。

ってことで半年ぶりに髪をヒデ・ボーンで切りました。
バッザリ。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-26 20:07 | 日記 | Trackback | Comments(4)

魅力

魅力とはきっと刹那な感じが必要だが、不安に打ち引き裂かれそうな気持ちが続くのは耐えられない。
でも、眠れぬ夜を数えるほど、深くなることもある。
そんな経験から言うと、全ての人間関係はあんしんと、それに頼らない自制とで成り立っているというよりはむしろ。
あんしんと、永遠ではない刹那的な感覚の同居によりバランスしているのだと思う。

魅力とは、そのバランスの絶妙なゆらぎを指し示すのかも知れないと思う。

b0097729_15455011.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-25 15:45 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ケイタイ

今日、ケイタイを見に行った。
最近のケイタイでは、欲しいケイタイが無い。
と言うか、ケイタイを持ってから今までしっかりケイタイの動向を見てきたわけではないが、
めっちゃ欲しいと思ったケイタイはほとんど無い(ずっとauなのでau限定だが・・・)。

1番欲しいと思ったのはやっぱり吉岡徳仁氏のデザインされたケイタイ。
あとは・・・昔の深沢直人氏がデザインしたケイタイかな? auでは。。。

今持ってるケイタイも、めっちゃ欲しいと思ったわけではないんだけど、わざわざ買うのももったいなかったので、今回はバッテリーを買いました。

2000円で済みました。

欲しいと思えるケイタイ。
auからも出て欲しいなぁ~。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-24 19:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

要望

さんぱつに行きたい。
どれぐらい行ってないだろう?
5月25日以来行ってない。
ってことは・・・半年行ってない。。。
道理でうっとおしくなるわけだ。



ケイタイを替えたい。
バッテリーの持ちがあまりに短い。
メールを3回ほどするとバッテリーのメモリが減りだす。
不便だ。
だからケイタイを買い替えたい。
もう4年以上も使っている。

髪の毛もケイタイも物持ちがいい。。。



あと、会社へ行くための服が欲しい。

どれもお金がかかるなぁ~。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-23 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

友人

先日学生の頃からの友人が沖縄や大阪から来てくれた。
福井にはカニや温泉があるので、毎年のように来てくれる。
ありがたいことだ。

旧友はいい。
故郷のようで初心に帰れる。
それに落ち着く。

いつになっても変わらない。
変わる部分もあるけれど、変わらないものもある。
故郷のようだ。

かけがえの無いものだ。



旧友をもてなすのに、福井の友人たちの協力をたくさん得た。

故郷が増えていく。

友人はいい。

b0097729_2154717.jpg友人はいい。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-22 22:22 | 日記 | Trackback | Comments(6)

言葉

多分、理系。
だから言葉は記号としてしか利用されていない。
心に点火するためのプラグのような役割を持たせることができない。

自分の言葉にいつも感じ。
言葉の選択を思考してきたが、やはり記号的な役割しか持たせられないと
今も感じる。



多分、理系。
だからかどうかは解らないが、本を読むのは苦手。
そのせいもあってか、ボキャブラリーがあまりに少ない。
だから表現力も無いのかも知れない。
プラグのような言葉がほしいとよく思う。
プラグのような言葉を持てないのは、多分、まだまだ人が解っていないからだろう。



言葉も本も似ていると思うところがある。
それは経験した人にしか伝わらないところだ。
言葉も本も。
いくら思いの丈を伝えたりしても、共感が無いと記号に終わる。

馬の耳にネンブツ的な。。。



だけど、記号じゃないプラグのような言葉がほしいと思う。
それは言葉の選択というカタチではなく、こころの深さの問題なんだろう。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-11-21 16:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE