<   2009年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

PANIC ATTACK

ユニコーンが再結成するからか、、、
今、車の中でパニック・アタックを聴いている。

とても懐かしい。

PANIC ATTACK
UNICORN

そして色々当時のことを思い出す。
そして気付く。
色々な人の影響を受けて、自分が形成されていくのだと。

思い出すことの無いような人であっても、
名前も知らないような人であっても、
実際に会ったこともない人であっても、

今まで自分に影響を与えた人はどれ程いるんだろう?
だから「おかげさま」なんだ・・・
とパニック・アタックを20年ぶりぐらいに聴いて思った。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-31 09:25 | | Trackback | Comments(0)

変化

絶えず変化していかないと、風化していく。
でも、そこに留まることが好きは人は結構多い。
波風立てると嫌な顔されたりもする。

確かに変わらない良さもある。

次々にめまぐるしく変わってしまうドッグ・イヤーな近頃や、
毎年帰るたびに新しい店や建物や道なんかが出来ている故郷には
少し淋しい気持ちもしたりする。
故郷だから懐かしさや昔の記憶を探したり求めたりしてそう感じるのだろうけど、
そもそもの変化は、新境地に向かう時みたいなワクワクした感じもして楽しいもの。

自分ひとりで生きてるわけじゃないから、勝手に変化させちゃったりするわけにはいかないのかも知れないけど、自分にウソをついたままで生きてくわけにもいかない。
自分の想いばかりじゃだけだけど、自分の想いも大事。
最終的にはそれぞれの人の価値観で、バランスをとっていくんだろう。

変わってはいけないことと、変わらなきゃいけないこと。
でも諸行無常の中にあって、変化を受け入れないわけにもいかない。
起こりうる現象そのものは「色即是空、空即是色」ってことで・・・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

何が何だか解らなくなってきたけど、、、無理はしないようにバランスを考えて変わることも換わらないことも受け入れていこう(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-29 15:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

景色

b0097729_1304769.jpg


昨日の晩の深い霧のせいか?

今日、出勤の時、街路樹に小さな水の粒がたくさん光り、まるでイルミネーションのようですごく綺麗だった。
車を運転しながらのシャッターだったので、旨く撮れなかったけど、今まで見たことない景色ですごく綺麗だった。

最近、見たことのない風景をみる。

雲海だったり、温泉のように湯気が立つ日本海だったり。
そう言えば今日も、地面(土)から湯気が立ち上がっていた。
まるで発酵しているみたい。

どの景色もほんの短い間しかその姿を見せてくれない。
今日の小さな水滴も直ぐに蒸発しちゃうし、日の射し方も変わってしまう。

今日の出勤時間がきっとタイムリーだったんだ(笑)。

b0097729_1365493.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-28 13:01 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

対義語の対義語は同義語

対義語って正反対の関係にある語なんだろうか?

好き ⇔ 嫌い ?
好き ≒ 嫌い だと思う。

言葉があるから理解できるけど、
言葉があるから理解に悩む。

感情を言葉に置き換えた時から風化したり一人歩きしたり振り回されたり。
言葉によって感情が振り回される。

あべこべ。

対義語を言い合うけど、同じことを感じ同じ意味を言葉にしてた。
同じことを感じ同じ意味を言葉にしたけど、口から出た言葉は対義語だった。

言葉に惑わされたら、きっとそのことに気付けずにすれ違う。

言葉 ≒ 感情 ?
言葉 ⇔ 感情 ?

同義語?
対義語?

あなた ≒ わたし ?
あなた ⇔ わたし ?

共感?
決裂?

ちなみに「好き」の対義語は「無関心」。
だから「嫌い」の対義語も「無関心」。
だと思う。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-28 02:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

考えを述べる

今日の仕事の帰り道は、すごい霧で・・・一寸先は闇?・・・闇ではないな、、、とにかく霧でとても車の運転がしにくかったです。

そうそう! 「先行き不透明」って感じですね。
明日は全国的に広い範囲で晴れるそうですね!



さて、今日は「考えを述べる」ってことについて書こうと思います。



自分の考え方を持つことは素晴らしいことで、またその考えに基づき話したり行動したりすることは素敵なことだと思う。
その考えが自分やみんなを幸せにするために考え抜いた思考であればあるほど、良かれと思い言葉にしたり行動したりするだろう。
でも、そのエネルギーが強ければ強いほど攻撃的に感じる人もいたり、、、相手が幸せになりために良かれと思っての言葉なのにと矛盾のスパイラルに落ちて行ったりすることも珍しくなかったりします。

それは「考え」って色んな考えがあって、それはどれが正しくてどれが間違っているってことではなかったり・・・
実は考えは一致していても選択する言葉が違ったり、デフォルメする箇所が違ったり・・・
そんなことが理由だったりするのかもしれません。

「考えを述べる」のは自分を知って欲しいから。
「考えを述べる」のは自分を含めてみんなも幸せになって欲しいから。
そして「考えを述べる」のはあなたを知りたいから。

「考えを述べる」のは決して誰かより自分が優位に立つわけでは無いのなら、、、
先ずはそのコトだけは理解し合った上で上記の3つを言葉からニュアンスがもれるぐらいまでコンセプトがぶれないで「考えを述べる」ことこそ、本当に素晴らしいのだと思ったりするのです。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-28 00:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

コミュニティー ~人と人の距離~

人付き合いは、面倒な時もある。
でも、その面倒な人付き合いがスムーズなコミュニティーは、人は息づく温かみのあるコミュニティーだと思う。



小学5年生の頃だったと思う。
わたしは大阪の玉造と言うところにある塾へ行っていた。

当時は奈良に住んでおり、関西本線(現在の大和路線)で天王寺まで出て、環状線に乗り換え玉造まで学校が終わってから通っていた。
帰りは夜遅くなった。
多分8時ごろ。
電車の中は仕事帰りのサラリーマンでごった返していた。
いつもひとりで通っていた。

いつも同じ時間で同じ車両に乗るから、いつも会うおばさんがいた。
いつもロッテのグリーンガムを噛んでいた。

そしていつもわたしに1枚くれた。



今だと「知らない人から食べ物なんか貰ってはいけない!」って言われるのだろう。

わたしが子供の頃は、梅田へ弟を連れて父を迎えに行ったりもしていた。
幼稚園の時でも待ち合わせ時間に遅れると、ひとりで電車で幼稚園へ行ったりしていた。
電車の中でおばちゃんがミカンをくれたり、飴ちゃんをくれたりするのは珍しくはなかった。

でも、いつ頃からか。。。
知らない人と距離をおくように教えられた。

大阪や奈良なんて、ほとんど知らない人ばかり。
だから人と距離をおくのは普通のこととなった。



福井に越してきて人の距離感の近さに驚き、また心地よく思えた。

もちろん、しんどくなる時もあったけど、子供を育てる上での安心感は関西にいた頃とは全く違った。
関西の人は大多数の人が悪人で、福井の人は大多数が善人であるというわけではないと思う。
関西も福井もいい人もいればそうでない人もいる。
でも、安心感があるのはきっと、「人付き合い」の密度の違いから来る「知り合い」と言う感覚だと思う。




地域の行事の多さには本当に驚いた。
関西にいた頃は皆無といっていいほどそんな行事は無かった。

この地域の行事。
確かに面倒な雰囲気はある。
酒が飲めないわたしは基本的に人が集まる場所が嫌いと言うか恐い。。。

でも、この面倒な行事や人付き合いが、「あんしん」を地域に与えるのに効果があるのは、そうでなくなっていった関西での時間を過ごしたわたしにはすごく分かる。

人懐っこくて先ずは親しく人と接する文化がある関西ですら、人と人の距離が遠くなってしまうのはほんの短い時間だったような気がする。

何がそうさせたのか?
繰り返される凶悪な事件か?
巨大な共同住宅などがたくさんでき、多くの人が移動した為か?
教育か?
マスコミの報道の仕方か?

いや! ひとりひとりの気持ちの持ち方が変わったせいだ。
その気持ちの持ち方は、人と向き合う気持ちを持つか持たないかの違いだ。
一応、念頭にこのことを置いておいて、地域の行事や人付き合いや日頃の行動をとりたいと思う。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-27 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)

伝えるためのツール

伝えるためのツールは増え、物理的距離に関係なく色々な方法で想いを伝えることができるけど、色々な技術などは進歩するけど、それを利用する人間は進歩しているのだろうか?

例えば遠距離恋愛のカップルが連絡を取る方法は、電話だけじゃなくメールやスカイプでのテレビ電話など様々な方法もあるけど、いつも近くに感じていられるかどうかはそういうことではなく、相手を思いやる気持ちや信じる気持ちなどが相互にあるってことで、むしろそれがあればいろいろなツールが無くてもずっと近くに感じていられるのだとも思う。

どんなに便利な世の中になっても、使う人間の品格の向上無しには、実際には機能しないどころか、逆効果となってしまうとラヂヲを聴いていて感じた。

便利なツールに負けないように、自らも磨きたいものだ。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-26 21:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「だんだん」から考えるバランス

人が集まるとみんな自然にバランスを図る。
家族もそう。
会社もそう。
意識して無くても自然とバランスを図る。

だから新たなメンバーが加わると、バランスが変わり個々の役割みたいなモノも変化したりする。 減っても同じこと。

自然界は全てバランスを図る。
バランスが取れなくなると、そのコミュニティーは崩壊する。



NHK連続テレビ小説「だんだん」

音楽性の違いなどに絶えられなくなっためぐみが突然解散宣言。
コレを観ていて思ったことがある。

多くの人はめぐみは「我がままだ」とか「根性が無い」とか言う。
それも一理ある。
でも解散しなきゃいけなくなるのは、結局集まりのバランスが確保しきれなかった為で、それはそこに関わるすべての人たちに出来ることがあったし、力が不足していたのだろうし、責任もあるのだと思う。

誰かの欠点をつるし上げる前に、自分に出来ることを探すことが出来る人は立派な人だと思う。
中々出来ない。

バランスが大事。

自分を生かすのは社会やコミュニティーなどと言った集団だし、集団の発展には個の力が不可欠。 やっぱりバランスが大事。
バランスをとるのはリーダーだけの仕事じゃなく、先ずは個々でバランスをとって、そしてみんなでできることをし尽くすことなんだと思います。

今後も「だんだん」を見守って行きたいと思います(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-25 23:45 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

大寒

今日も寒かったぁ~。
そしてまた降りました。
積もりました。

明日も降りそうです。
先日大寒でしたからねぇ~。

春はまだまだ先のようです。



明日。1月25日は日本最低気温の日だそうです。
1902年1月25日に、北海道旭川市で日本における最低気温の記録、-41℃を観測したそうです。

明日も寒いので体調管理には注意しましょう!!

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-24 23:37 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

HP WORKS 更新

久しぶりにエクリュのHPのWORKS更新!!

「安穏の家」 をアップしました。

遅くなりました。。。



色々拘りあって、中々短い文でも決まらないんです(苦笑)。

b0097729_143162.jpg


http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2009-01-23 12:34 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE