<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

ありがとうございました。

b0097729_21492948.jpgÉcru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/


本日を持ちまして、「食粋の家」内覧会を無事終えることができました。

これもひとえにお施主様をはじめ様々な方のご協力あってのことです。
本当にありがとうございました。

2月13日からは(仮)西方の家の内覧会を開催する予定にしております。
また、沢山の方々のお越しをお待ちしております。

皆様、ありがとうございました。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-31 21:51 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

『 食 粋 の 家 』 内 覧 会

b0097729_10172422.jpg


2010 / 1 / 30(土)・31(日)
10:00~18:00

丹生郡越前町(旧織田町)にて
「食粋の家」内覧会を開催いたします。

先行内覧会で予定がつかなかった方。
また、もう一度見てみたいと思われる方。
ライトアップされたインテリアを見ておられない方など、多くの方々のお越しをお待ちしております。

また、内覧会へお越しいただいた際、下記の観光地へも足を伸ばされてはいかがでしょうか?

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

エクリュのウェブサイトでご紹介している「食粋の家STORY」をご覧になられてから内覧会へお越しいただくと、お施主様の想いがどのようにカタチになったのかなど、よりご理解いただけるのではないでしょうか。
そちらへも是非遊びに来てください。

では、お気をつけてお越し下さい。




オタイコヒルズ
オタイコヒルズにはレストラン「オタイコ」があり、おた豆腐を使った様々な料理を楽しむことが出来ます。 ランチは「オタイコ」でとられてはいかがですか? また温泉もあります。
福井県丹生郡越前町下河原37-19-1
TEL 0778-36-2061


織田陶房わづみ館
越前焼のふるさとで、大人から子供まで楽しみながら焼物にチャレンジしていただくための体験型の施設です。
福井県丹生郡越前町下河原37-42-1
TEL 0778-36-1922


織田文化歴史館
第1展示室では、劔神社を中心に発展してきた当地の歴史と、町内出土の考古資料からわかる当地の歴史をあつかっています。劔神社関係の資料では梵鐘(国宝)・八相涅槃図(重要文化財)、戦国大名朝倉氏や織田信長が署判した古文書、劔神社に伝わる古絵図を立体復元した模型などを展示しています。考古資料では、当地で出土した土器・石器、古代の瓦などを展示しています。第2展示室では、日本六古窯の一つとして当地に育まれた、越前焼をあつかっています。中世の巨大窯跡とその遺物や、発祥から近現代に至る越前焼の歴史について、作品とともに展示しています。
福井県丹生郡越前町織田153-1-8
TEL 0778-36-2288


劔神社
越前町織田は、織田信長の祖先の故郷です。織田氏の祖は越前織田の荘の荘官として、また越前二の宮劔神社の神官として代々奉仕してきた由緒ある家柄でした。なので、信長は戦国の乱世にあっても、劔神杜を氏神として深く尊崇し、武運を祈るとともに、多くの神領を寄進し、神殿を造立するなど、劔神社の保護と住民の治安に尽くしています。奈良時代に光仁天皇が奉納されたと伝えられている梵鐘は国宝に、本殿は県の指定文化財に指定されています。
福井県丹生郡越前町織田
TEL 0778-36-0404


雨田公平記念館
雨田公平記念館は御遺族の方の御好意で、作品の寄贈を受けて設立されました。福井県出身の雨田光平は、彫刻家という枠にとどまらずハープ奏者、箏曲京極流2代目宗家という顔も持ち、絵面、詩、書、陶芸等々幅広い活動をした偉大な芸術家です。彼の人物像を伝える資料などが展示してあるほか、2階は交流スペースとして活用できます。
福井県丹生郡越前町織田153-1-3
TEL 0778-36-2666


花の茶屋「よって駅ね」
集い、語らい、安らげる茶屋風の休憩所。地元で栽培されるきびを使った手作りの「きび団子」は、甘さを控えた素朴な味で幅広い層に好評です。また、お持ち帰りもできますので、旅のおみやげにピッタリです。その他、特産品販売や朝市もあり、野菜・果物・花などが市価よりも安く手に入ります。
福井県丹生郡越前町織田32-44
TEL 0778-36-1889


悠久ロマンの杜・朋楽の里
たくさんのアクティビティがそろう悠久ロマンの杜。子供でも簡単に使いこなせる「特製ソリ」でダイナミックなスリルを体験できるスーパースライダー。おしゃれなログハウスが、10棟そろったコテージ村はテレビ・冷蔵庫そしてキッチンから食器までそろっていて、休日を家族や友人とバーべキューなどをして楽しく過ごせます。また、朋楽の里ではそば打ち、農業、炭焼きなど田舎の暮らしを体験できます。かやぶき屋根の田舎家に泊まり、田畑で土に触れたり、山菜取りをしたりして、魅力あふれる自然の中での暮らしを満喫してみてはいかが。
福井県丹生郡越前町笈松44-3
TEL 0778-36-2050


[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-29 10:11 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

『 食 粋 の 家 』 内 覧 会

昨日で「食粋の家」の先行内覧会を無事終えることが出来ました。
おかげさまで沢山の方々にお越しいただきました。

ありがとうございました!

せっかく起こしいただいたのにもかかわらず、何のお構いも出来なかった方もおられるのではないでしょうか?
大変申し訳ありませんでした。
ご質問などございましたら、お手数ですがエクリュまでご連絡いただけますよう、よろしくお願いします。

b0097729_21465648.jpg


2010年1月30・31日は「食粋の家」一般内覧会を開催いたします。

今回、お越しいただけなかった方。
また、夜の「食粋の家」を見ておられない方。
もう一度見てみたいと思われる方。
何のお構いも出来ず、ちゃんと説明を受けたいと思われている方などおられましたら、是非この機会をご利用下さい。

b0097729_21495059.jpg


最後に内覧会会場の付近の観光スポットをいくつかお知らせ致します。

オタイコヒルズ
オタイコヒルズにはレストラン「オタイコ」があり、おた豆腐を使った様々な料理を楽しむことが出来ます。 ランチは「オタイコ」でとられてはいかがですか? また温泉もあります。
福井県丹生郡越前町下河原37-19-1
TEL 0778-36-2061


織田陶房わづみ館
越前焼のふるさとで、大人から子供まで楽しみながら焼物にチャレンジしていただくための体験型の施設です。
福井県丹生郡越前町下河原37-42-1
TEL 0778-36-1922


織田文化歴史館
第1展示室では、劔神社を中心に発展してきた当地の歴史と、町内出土の考古資料からわかる当地の歴史をあつかっています。劔神社関係の資料では梵鐘(国宝)・八相涅槃図(重要文化財)、戦国大名朝倉氏や織田信長が署判した古文書、劔神社に伝わる古絵図を立体復元した模型などを展示しています。考古資料では、当地で出土した土器・石器、古代の瓦などを展示しています。第2展示室では、日本六古窯の一つとして当地に育まれた、越前焼をあつかっています。中世の巨大窯跡とその遺物や、発祥から近現代に至る越前焼の歴史について、作品とともに展示しています。
福井県丹生郡越前町織田153-1-8
TEL 0778-36-2288


劔神社
越前町織田は、織田信長の祖先の故郷です。織田氏の祖は越前織田の荘の荘官として、また越前二の宮劔神社の神官として代々奉仕してきた由緒ある家柄でした。なので、信長は戦国の乱世にあっても、劔神杜を氏神として深く尊崇し、武運を祈るとともに、多くの神領を寄進し、神殿を造立するなど、劔神社の保護と住民の治安に尽くしています。奈良時代に光仁天皇が奉納されたと伝えられている梵鐘は国宝に、本殿は県の指定文化財に指定されています。
福井県丹生郡越前町織田
TEL 0778-36-0404


雨田公平記念館
雨田公平記念館は御遺族の方の御好意で、作品の寄贈を受けて設立されました。福井県出身の雨田光平は、彫刻家という枠にとどまらずハープ奏者、箏曲京極流2代目宗家という顔も持ち、絵面、詩、書、陶芸等々幅広い活動をした偉大な芸術家です。彼の人物像を伝える資料などが展示してあるほか、2階は交流スペースとして活用できます。
福井県丹生郡越前町織田153-1-3
TEL 0778-36-2666


花の茶屋「よって駅ね」
集い、語らい、安らげる茶屋風の休憩所。地元で栽培されるきびを使った手作りの「きび団子」は、甘さを控えた素朴な味で幅広い層に好評です。また、お持ち帰りもできますので、旅のおみやげにピッタリです。その他、特産品販売や朝市もあり、野菜・果物・花などが市価よりも安く手に入ります。
福井県丹生郡越前町織田32-44
TEL 0778-36-1889


悠久ロマンの杜・朋楽の里
たくさんのアクティビティがそろう悠久ロマンの杜。子供でも簡単に使いこなせる「特製ソリ」でダイナミックなスリルを体験できるスーパースライダー。おしゃれなログハウスが、10棟そろったコテージ村はテレビ・冷蔵庫そしてキッチンから食器までそろっていて、休日を家族や友人とバーべキューなどをして楽しく過ごせます。また、朋楽の里ではそば打ち、農業、炭焼きなど田舎の暮らしを体験できます。かやぶき屋根の田舎家に泊まり、田畑で土に触れたり、山菜取りをしたりして、魅力あふれる自然の中での暮らしを満喫してみてはいかが。
福井県丹生郡越前町笈松44-3
TEL 0778-36-2050


[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-26 21:53 | Écru Société | Trackback | Comments(2)

『 食 粋 の 家 』 内 覧 会

b0097729_21575778.jpg現在、「食粋の家」内覧会を開催中です。

2010 / 1 / 23(土)~25(月)
10:00~18:00
丹生郡越前町(旧織田町)にて開催いたします。

昼の「食粋の家」も窓からの風景が美しくていいですが、夜の「食粋の家」も雰囲気があってすごく素敵ですよ。

18時まで開催していますので、夜の「食粋の家」にも是非足をお運び下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-23 22:18 | Écru Société | Trackback | Comments(2)

「食粋の家」の内覧会

b0097729_175245.jpg


いよいよ明日から3日間。 「食粋の家」の内覧会を開催いたします。



「料理教室を開きたい!」

そんな家づくりのご要望からスタートした「食粋の家」は、濃く味付けをするのではなく、素材の味そのものを活かした料理のように、素材(マテリアル)の持っている特徴などを活かした空間づくりを心がけました。



もうひとつ「食粋の家」で重要なポイントは窓の外の景色です。

計画地に立った瞬間に、窓の位置などがイメージされるほど理想的な景観でした。
城山の山頂が目の前にあり、その麓には棚田が広がっています。

春は新緑が美しく、夏にはホタルが舞い。
秋には紅葉が広がり、冬には銀世界に変わります。

窓の位置や形は、「食粋の家」の重要なポイントのひとつです。

b0097729_18162372.jpg2010 / 1 / 23(土)~25(月)
10:00~18:00
丹生郡越前町(旧織田町)にて開催いたします。

明日は雪になるかも知れません。
くれぐれも足元にご注意いただき、起こし下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-22 22:22 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

エクリュ・ファニチャー

b0097729_1254366.jpg


エクリュ・ファニチャーが動き出しました。

今回の「食粋の家」のダイニングテーブルは、エクリュ・ファニチャーでデザインしました。
L=2,600もある8人掛けの大きなダイニングテーブルです。
存在感があって、カッコイイですよ!(笑)

天板の木の存在感・質感のみを強調し、形状などはシンプルにしました。
足も目立たなくするためにつや消し黒にて塗装。
ただ、大きな天板を支える安定感を出すために、50角のパイプと太くはしました。

食粋の家」のコンセプトにマッチしたダイニングテーブルになっています。
家具と建物の方向性の一致がとても心地よい空気をつくりだします。

b0097729_23125517.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-21 01:25 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

パパ プリンセスプリンセス

プリプリの「パパ」を弾き語ると、最後まで歌えないんです。
愛娘を想うと胸が詰まって、最後まで歌えないんです(笑)。

でも、プリプリの「パパ」の詞を見てて思うのとがあります。
娘も確かに大人になったけど、パパからするとずっと娘で、、、
いつまでも頼りなく愛おしい存在で、安心してくれなんて、、、
もちろん我が娘だから信じられないわけではないけど、
パパにとっては、ちっちゃな手を握り締めて、守らなきゃいけないって思った、あの時の娘のままなんだってことを思うのです。



この年末年始に奈良の実家に帰りました。

そしてすごく思うことがありました。
僕の父も、友人のお父様も誰が聞いても知っているような有名な会社で地位も築き、自分達家族を守るだけじゃなく、今も今後も子供達の世話になんかなるどころか、まだまだ力を持っていて・・・。

どれだけ自立しているんだ!

生意気にも、先日まで早く自分がしっかりして一家を支えることが出来るようにならなきゃって思ってたけど、親からすると「お前の世話になんかならなくても(笑)、そもそもお前はどっから目線やねん(笑)」と思われるんだろうなぁ~と・・・。
プリプリの「パパ」の詞を読んで気付くのでした。

親からすると、子供はいつまでもちっちゃな手で何も出来ない守ってやらなきゃいけないと思う存在で、ましてや社会的にも経済的にも自立した人達からすると、僕らはまだまだ頼りなく、心配な存在なんだろうなぁ~と気付くのでした。



ちょっと経済力や結果が出てきたって、親からするとまだまだ大したことでもなく。
上手に絵を描いて帰ってきた幼稚園の頃と、何ら変わらないんだろうなぁ~と感じ。
これから先、どんな結果が出せたとしても、有頂天になることはきっと恥かしいことで、100点のプリントを振り回して喜んでいるのと、何ら変わらないんだろうなぁ~と気付かされるのでした(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-20 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

シリーズ うちの長女

b0097729_22493273.jpg


うちの長女が毎日かかさずしていることがあります。

それは寝る前にその日見る夢を決めて書き上げ、枕の下に入れておくことです。


長女が最も嫌なことのひとつ。
それは怖い夢を見ることです。
怖い夢を見ないで住む方法を、どうやらTVか何かで見たようで、それからと言うもの毎日枕の下に見たい夢を綴った紙を敷いて寝ています。


毎日確実に欠かさず続けています。


そんなに恐怖なんでしょうか?
可愛そうに・・・。
そんなことしなくても、パパが引っ付いて寝てあげるのに(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-19 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

「その街のこども」

今日、「その街のこども」を見た。
三宮などの1月の空気感が画面から感じ取られた。

色んな意味で、胸を打った。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-18 00:22 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

全ては繋がりのため

b0097729_037354.jpg広さと広がりは似ているが違います。

よくご要望やご希望で「広いリビングが欲しい」など広さに関する内容をいただきます。

(仮)西方の家に関しても広いLD+和室とのご要望はありました。


リビングにはソファーをL字に配置することができるスペース。

ダイニングは6人掛けのダイニングテーブルが配置できることなどが求められました。


物理的な「広さ」は家具の配置によって決まります。

しかし、空間のイメージで大切ことのひとつに、空きスペース(空隙)があります。


壁と家具までの距離や、何も置いていないスペースは空間の雰囲気をつくる上で最も大切なファクターのひとつです。

それが「広がり」に関係があります。
また広がりは、一つの部屋などの空間だけでつくるものではなく、その部屋に至るまでのスペースや、窓の位置やその先のスペース、ディテールなど、様々なファクターによりつくっていくものです。

(仮)西方の家のLD+和室は外部の広いウッドデッキへ目線を誘導するようにフローリングの貼り方向や天井仕上げ、証明の位置などに工夫しました。

その中で写真の部分は和室の鴨居を工夫したものです。
通常の鴨居とは違い、天井の繋がりを損なわないような検討をしました。
決して目地を間違ってしまったわけではありません(笑)。

細かい部分の大きな手間は、実現したい狙いがあってのことです。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-01-17 01:03 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE