<   2010年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

出会い

b0097729_16225281.jpg


今日はウッドワンさんのご紹介で、福島県から空間工房ドアの社長でおられる渡辺様にエクリュへ遊びに来ていただきました。

空間工房ドアさんは福島県郡山市にある住宅建築の設計施工をなさっている会社さんで、持続可能な社会「低炭素社会、自然共生社会、循環型社会」をコンセプトにお洒落でハイグレードなお住まいづくりをなさっている会社さんです。

そんな会社さんが、エクリュを見に来られるのは恐縮ですが、遠いところ遊びに来ていただきました。

また、安穏の家のオーナー様のご協力を得、安穏の家も見ていただくことになりました。
オーナー様におきましては、突然おしかけたのですが、快く見せていただき、本当にありがとうございました。
おかげさまで、渡辺社長にも大変喜んでいただけました。

ありがとうございました。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-31 16:36 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

シリーズ 成りたい人

いつも「正しい事」と「たやすい事」の選択に直面するけど、
日本人は「恥を知ってる」から、「正しい事」を選択できると、
信じてる。

たやすい事を選択することで恥をさらすより、
正しい事を選択して恥じない行動をとれる。
そんな人でわたしはありたい(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-31 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アメーバーピグ

b0097729_20102226.jpg最近、旧友に誘われて、アメーバーピグをしてます。
セカンドライフより親しみやすい、アバターによる仮想空間です。

まだイマイチよくは分かってませんが、全く知らない方との会話(チャット)もそれはそれで面白いです(笑)。

最近、見た目や年齢や性別や住んでいる所や・・・色々なものが実際とは無関係に想定されたり。
自由なのか不自由なのか分からないコミュニケーションが多発してて、ちょっと不思議な感じもする。

まぁ、肩書き的なものが無関係に近い状況で向き合える人間関係が、真の人間関係って説も無きにしも非ずかどうかはおいておいて(笑)。

結構、楽しいです(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-30 20:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

流しそうめん

b0097729_13363224.jpg


今日は子ども会で流しそうめんを行いました。

b0097729_13395459.jpg今日も真夏日の暑い中、長女と一緒に流しそうめんの行う会場へ。

そこには係りの方々が山に入り竹を切り、手作りで作ってくれた流しそうめんの台が用意されていました。

早速流しそうめんがスタート。

最初は上手に取ることができない長女も、次第に慣れておいしそうに食べてます(笑)。

b0097729_1347293.jpg


テレビの取材も来てました。
長女はカメラが気になって仕方ない様子。

昼食は流しそうめんを楽しんでました。

b0097729_13503033.jpg


わたしと長男と次男は、流しそうめんには参加できなかったので、帰ってきてから3人でそうめんを湯がいて食べました。

見てて自分達も食べたくなったので(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-28 13:54 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

アギー

b0097729_20451983.jpg


今日はランチをアギーでいただきました。

アギーは和田東にある時から大好きで、よく通ってました。
最近は弁当なので、あまり外食をする事がなくなり、しばらく来てませんでしたが、今日久しぶりに伺いました。

いつものカルボナーラをいただき、ふと目をやると、壁に飾られた表彰状(認定書)。
そこにリストランテ・アギーと書いてあり。
「あれ?お店の名前変えたのかな?(確かカルボナーラ・アギーだったのに)」
と思い、「帰りレジでお店の名前を変えられたのですか?」とお聞きしたところ、マスターが厨房から出てきてくれて説明してくれました。

カルボナーラとは以前エクコミュにもご説明したとおり、炭焼き職人という意味。
イタリアでは炭焼きが出来るお店は(家庭ではまねが難しいため)一目おかれるそうです。
アギーも炭焼きが可能のため、カルボナーラ・アギーという名前にし、誇りをもって仕事をなさっておられます。

リストランテもイタリアでは高級なレストランを意味し、おめかしをして行くようなお店を指し示すそうです。
アギーも皆さんに喜んでいただきたことは勿論ですが、リストランテのように敬意をもたれるような、そんなお店になりたいとの意味で、リストランテ・アギーという名前が目標でもあるとのことをマスターに熱く語っていただきました(笑)。

和田東にあった時はカウンターに座るとマスターが近くにおられて、パスタやワインの説明をお聞きしながら食事をいただいたりもしましたが、問屋町に移られたからは厨房もマスターも遠くなってしまい、今日は久しぶりにマスターとお話が出来、楽しかったです。

わたしの中では既にリストランテ・アギーです。
だから、今度はおめかしして伺いたいと思います(笑)。



carbonara Aggi (カルボナーラ アギー)
福井県福井市問屋町4-701
0776-26-6003

定休日 日曜日

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-27 21:11 | | Trackback | Comments(0)

建方

b0097729_842585.jpg


今日は建方です。

天気も良くなって、よかった。
ただ、暑いので熱中症には気をつけないと。

親方の挨拶にもお施主様達の繁栄の祈願に加え、水分補給を心がけることもありました。
本当に事故のないよう、よろしくお願いします。

今日、建物の全体像が見えてきます。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-26 08:08 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

環境

今日、NHKで里山の話を放映していた。
里山などに住む昆虫やサンショウオや様々な生物が絶滅危惧種となっている。
それは人が里山を手入れしなくなったからと伝えていた。

「自然に任せては以前の生態系は取り戻せない」
そのことがちょっと不思議に思えた。

何が自然なのか?
そもそも里山の生態系が人の関与によって出来てきた生態系なのか?
もし、そもそも人が自然に手を加えなかったら、今の(以前の)生態系は出来ていなかったのか?
そんなことを考えた。

「環境」

人も含めて全ての生物は環境の中で生きている。
与えられた環境下で自分の出来ることをコツコツ繰り返し生きてる。

誰かに都合のいい環境へつくり変えられると、存在していけない命もでてくる。
それが自然(現実)なのかなぁ~?
そうも考えた。

じゃあ何を守っていかなきゃいけないんだろ?
それは自分なのかな?
自分を守る為に何が必要なのかを広く深く考えれば、きっと生物や人や環境を守らないといけないってことになっていくのかな?

ビオトープを見ながらそんなことを考える朝でした(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-25 10:03 | 日記 | Trackback | Comments(2)

残暑お見舞い申し上げます。

子供達も夏休みはもう直ぐ終わり。
セミお声も遠くに聞こえて、夏が去っていくのが感じられる。
夕焼けに染まる入道雲も、どこか切ない。
ショパンの練習曲集 作品10の第3番 ホ長調「別れの曲」が風景にすごく馴染む。
この感じは嫌いではない。

ただ、今日もまだまだ暑い!!

会社のクーラーはほとんど利かない。
こんなことって今まであったかな?

残暑はまだまだ厳しい。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-24 17:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

関東・栃木レモン

b0097729_16361193.jpg今日、お客様からいただいたお土産です。

お盆に実家に帰られてて、昨日、福井に戻ってこられたとか。

はじめて知りました。

「関東・栃木レモン」


甘ぁ~い。

子供が喜びそうな味です。


ありがとうございます!!(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-23 16:40 | | Trackback | Comments(0)

長谷川潾二郎

b0097729_20555515.jpg


昔は静物画はあまり好きじゃありませんでした。
何だか刺激があまりなくつまらないと感じていたからです。

でも、最近は逆に静物画に魅力を感じます。
歳を取ったからでしょうか?
静かな中に確かにある存在感やメッセージが、ちょうどいい距離感というか、、、
そんな表現が妙に心地いいのです。

上の絵は長谷川潾二郎の絵。
その中でもすごく気に入った絵です。

空気感というか、光の感じというか。
清らかな光や空間を感じます。

b0097729_2111413.jpg


このアーティストもNHKの日曜美術館で紹介されていました。
NHKは本当にいい番組が多いですね(笑)。
中々、福井にはいい美術館も少なく、いいアートに触れられる機会も少ないので、こういった番組が貴重です。

長谷川潾二郎の絵では『紙袋』も好きです。
画像が見つけられませんでしたが、見てて心地いい感じがします。

他の絵も距離感からくるものでしょうか?
光の捉え方でしょうか?
ひとつひとつのものがしっかり存在していて、空気感がとても好きです。

ひっそりとある表現が心地いいです。

b0097729_2194949.jpg


心穏やかである事を望んでいるのでしょうか?
静物画をみていると、落ち着きます。

b0097729_21132917.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-23 00:00 | 美術 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE