<   2011年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

シリーズ うちの次男

『希望』はとても大切なエネルギー。
どんなに厳しい状況下に置かれても『希望』がそこから抜け出す力の源となる。

希望とは言い換えると・・・例えば
根拠が薄い状況で「出来る気がする」という感情。
胸の奥が熱くなり、ポジティブな感覚が湧き出ている状況。
そんな感情をここでは『希望』と表現する。

この感情が使い方によってはよくない結果をもたらす時もある。


以前、次男が夏休みの目標に「ゲームをせず、サッカーの練習をする」と決めたのは、『希望的観測』がそうさせた。
つまり現実を冷静に見ない『希望』を抱いた時の脳内にアドレナリンが多く出ている状態での判断だったからだ。
きっとその瞬間は「出来る気がする」と強く思えたんだろう。


今日は一日子供のサッカーに振り回された。
南へ走り、北へ走り、車がないとサッカーも出来ないのは福井だからだろうか?
親の力を多く借りないと福井ではサッカーも出来ないみたいだ(笑)。

何を犠牲にして、何を得るのだろう?
きっと誰もそんなことも考えないでいるんだろうなぁ~。。。

話を戻そう。

そのサッカーで次男がいつも反省し、課題にあげることがある。
サッカーをしだした頃(幼稚園の頃)から、その内容は全然変わらない。
その内容は、2つあって、
「周りを見る」ということと「声を出す」ということ。
そんなに難しいと思えないこの2つの課題。
どうして6年以上も思うようにはクリアしないか?
その答えを今日は次男と考えた。

そこで見え隠れするのが『希望』だった。

『希望』は具体的な解決策などを持たなくても「出来る気がする」ということで解決した気にさせてしまう。
6年以上も自分で納得のいく成果を出していなくても、「出来る気がする」って気持ちがあるから6年以上も続けてこれた(笑)。
これはある意味、成果ではあるけど、課題に対しての成果は得れていない。

正直、6年も課題が変わらない、つまり成果をあげれないのは、本来なら絶望的な状況だけど・・・
『希望』は絶望の縁からも前を向くことが可能な力だ。

いや。
そもそも課題なんかないのだろう(笑)。

前にも書いたように、次男の(潜在的意識の)中ではサッカーは既に満足に達している。
しかし、チームの目的は、スキルなどの向上にある。
だから(本人が意識できない意味でカタチだけとなるかもしれないけど)課題が出てくる。

こんな状態で次男は6年間も同じ課題をあげている。


技術はかなり向上していた。
ボールの受け方や、身体とボールの位置など、監督のご指導などのおかげでかなりセンスも感じた。

でも課題がかわらない(笑)。

今日は一緒に6年間の停滞を進める方法を次男と一緒に考えて、
今日は具体的なカタチの提案を次男にした。

「目標に期限を決めること」
「期限内に出来なければ、その問題点を明確にし、その問題点をクリアできる具体的な対策を打ちたて試みる」
つまりはPCDAサイクルを提案した。

あと、「周りをみる」「声を出す」って課題に対しても、具体的な提案をした。
ベンチにいる時の重要性とか、テレビなどでプロのゲームを見る重要性。
あとはベンチにいる時、テレビを見る時の見方を意識して変える方法を提案した。


でも、どんなに素晴らしい本を読んだとしても、どんなに素晴らしい人の言葉を聞いても、本人の自覚に勝る特効薬は存在しないんだけどね(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-30 23:46 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

実は・・・

実はわたくしごとですが・・・
そろそろ家を建てようかと思い。。。

今日、土地の申し込みをしてきました。
詳しくはエクリュのウェブサイト

知るエクリュ ⇒ ストーリー ⇒ (仮称)若杉の家

にてご紹介していますので、よかったら見てみてください。
おいおい更新していきます。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-28 22:56 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(2)

今日思ったこと。

「みんながゆうてるでぇ~」
「普通はそうなんやでぇ~」

『・・・・・・・・・・・』



大体「普通」はまともではない。
多くの場合、普通ではない方が、そこに意味があって真理があるって感じる。

これが今日感じたこと。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-27 00:14 | 日記 | Trackback | Comments(2)

自分の強み(己を知る)

少なくても自分の強みを理解して、組織や団体やチームに何が提供できるのかを明確に示すことができる必要があるのではないかと思う。

しかし、多くの人は自分のことすら理解できないのが実際だろう。
そこでそれぞれの人達の能力を把握し、強みを生かすマネージャーが必要となる。

でも、マネージャーに従うには、自分では自分のことが理解できないって事実を認めて、マネージャーを信じ、自分の活かし方をマネージャーに委ねる。
つまりマネージャーに対しての信頼が必要になる。

自分では自分のことが理解できない。
そのことが理解できていれば、問題ないのだが、、、
自分のことが理解できないって理解しているから、自分のことを理解できているんじゃ?って矛盾に気付く。

それはさておき・・・
多くのケースでは、マネージャーに自分の能力の活かし方を委ねておいて、ちょっと辛くなったりするとそのことに不自由性を感じ、マネージャーを批判、管理下であることからの離脱を望むのが一般的な人の行動だろう。

こんなん自分じゃない!!ってね。

だったら自分の強みを活かし、組織や団体やチームに恩恵を与えることができるのか?明確なプレゼンテーションが必要となるんだけど・・・
きっとそれも出来ないのも普通のことなんだろう。。。

全く。。。
では、どんな風に未来を目指すと言うのか?
いや、きっと、時の流れに身を任せるだけで、何も足さない、何も引かない。
ある意味、人生の達人のような生き方を選択するのかな?
それで得た(正も負も含めた)影響を全部素直に受け止められると言うのなら、それはそれで選択として有りだって思うけど、人はそんなに謙虚じゃなくて欲深だって感じるのは、僕は皮肉な人間なのかな?(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-27 00:09 | 日記 | Trackback | Comments(2)

「BACCARAT HIGHLIGHT(バカラ・ハイライト)」



今年のミラノサローネで公開された「BACCARAT HIGHLIGHT(バカラ・ハイライト)」のプロモーションムービーです。

フィリップ・スタルクなどが参加しています。
日本からも堀木エリ子氏が参加しています。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-26 00:00 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

アルマーニからチャリティー商品

b0097729_2385782.jpgジョルジオ アルマーニから、東日本大震災の復興支援を目的とした「ARMANI FORJAPAN」と称するチャリティー商品が発売されます。

商品の売り上げ収益金は、日本赤十字社の東日本大震災義援金へ寄付されるそうです。

お問合わせ:ジョルジオ アルマーニ
開始日:4月23日(土)
実施店舗:全国のジョルジオ アルマーニ、エンポリオ アルマーニ、アルマーニ コレツィオーニ、アルマーニジーンズ、アルマーニ ジュニア、アルマーニ カーザ、アルマーニ ファクトリーストア直営店 (*一部店舗並びにアルマーニエクスチェンジを除く)にて展開。

商品詳細:
チャリティーTシャツ
価格:8,400円
カラー展開:ホワイト(4/23より発売)、ブラック(5月発売)
サイズ/S / M / L / XL / XXL (5サイズ)

チャリティートートバッグ
価格/8,400円
カラー展開/バーシブル(表)ブラックx(裏)オフホワイト
[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-25 23:11 | | Trackback | Comments(0)

「綺麗」と「美しい」は違うって岡本太郎氏が今日テレビで言ってた。
なるほどね!

いや、なるほどなんて僕が言っちゃいけないか。。。
きっと僕が感じられる感覚より、もっと深く大きい感覚が岡本太郎氏にはあるだろうからね。

でも、僕の感覚の範囲だけど、共感できる(笑)。

b0097729_2384989.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-25 00:00 | 美術 | Trackback | Comments(0)

シリーズ うちの次男

いつも次男のサッカーを見に行くと、思いやりとお節介の境だったり、愛の難しさを考えさせられる。

今日は久しぶりに次男のサッカーの試合を見に行った。
(あまりに寒くて、風邪をひいてしまった。。。)


長年、次男のサッカーに関することを見てきて、自分なりに理解しようと色々考えて、昔よりはちょっとはリアルに理解できて、その結果、僕は次男のサッカーを見に行かなくなった。
いや、見に行く必要がなくなったと言った方が、正しいかな?(笑)

だけど、今日、見に行くと、やはりまた同じことを考えさせられる。


そもそもコミュニケーションとは、共通の認識を高める事で、互いに理解しあうために行うんだと僕は思う。
でも人には想いがあって、その想いが愛だって錯覚してしまうくせがある。
また自分の潜在的な願望には自分では気付けず、顕在化している希望を相手に伝えることで、相手はそれを願望と勘違いして熱心にそのことに取組んだりする。
これで出来た行き違いによって、ネガティブな感情だったり、怒りだったりが発生し、連鎖するのを何度も見た。

そのことで言葉や表現、つまりコミュニケーションを建設的ではないことに利用してしまったり、むしろ破壊的な表現になったり。。。


次男のサッカーを見てて思うことは・・・
「サッカー」という言葉の定義の不一致みたいなことがたくさん存在している事だ。
僕はいつも次男の見方で、次男の言う「サッカー」が実現できて、それで次男が満足していれば、それでいいと思っている。
僕にとって、そのことが次男の見方って意味でもある。

そして何も手を加えなくても次男の言う「サッカー」は、実現してて、僕が手伝う事は何もないって僕の中で認識(理解)されているから、だからそのことが次男のサッカーを見に行かなくなった原因だ。
つまり、既に満たされている。


僕が理解している次男の言う「サッカー」とは、
それはヒカリやこうちゃんやまっちゃん、りんりんやよしき達、みんなでボールを追っかける事だって理解している。

次男はみんなとボールを追っかける事が大好きで、それ以外のことは本当は切望していないって理解している。

もちろん、今よりうまくなりたいと思ってるのは事実だろう。
でも、サッカーが好きって意味の原点は、そこにあるんだと思う。
だから、例えば監督に指導されて、監督の意図するところへの理解があいまいでも、それを明確にしようとはしない。
「ハイ!」とは返事はするけど、それは反射神経的なものであって「了解しました!」という意味ではない。

監督はきっと「了解しました」って受信している。
そして監督は子供達がした約束を信じ、また監督が考える、子供達がサッカーから感じられる喜びのために誰よりも力を尽くされる。

だから大きく行き違い、、、
愛が落胆を生み、、、


これに似たことが監督や親や子供達の間でたくさんあって・・・

それぞれの「想い」や「理解」や「認識」や「概念」や「温度」や「知識」・・・・・
そんな色んなものの不一致やひらきが、決して解決や結果には至らない、限りなく無駄に近いと感じてしまう事へとつながっているのが、すごく多くの時間が犠牲があるのに残念に思うのはきっと僕だけなんだ。


僕は次男の見方。
次男の想いを実現するためには協力したい。
僕はいつもそれだけ。

誰にどう思われようと、次男の想いが実現できるのなら、それが一番いい(笑)。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-24 23:45 | 家族・地域 | Trackback | Comments(3)

シリーズ うちの次男

b0097729_2374613.jpg


今日、うちの次男が、自分の部屋を一生懸命掃除していました。

「えらいね!なんで掃除してるの?」と聞くと
『花粉なくしたいから』って。

ああ、、、
余計に花粉が部屋に舞いそう。。。

でも、カワイイ発想だ(笑)。

花粉症が辛いんだね・・・。
可哀想に。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-24 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

シリーズ うちの次男

b0097729_21592475.jpg今日、次男とお話して、お願いした事。

「自分で自分をあきらめないこと」

自分を信じる事。

信じ続ける力が、きっと今の日本、これからの日本に必要だって思う。

現実は厳しかったり、誰かのせいにしちゃいそうな受け止めがたいことがあったりするかもしれない。

でも、そんな時だからこそ、自分を信じて、自分のできることをコツコツ続ける力が必要とされてるんだって僕は思う。

だから今日、次男とお話して、お願いした。

自分で自分をあきらめないで!って。

[PR]

  by ecru-societe | 2011-04-23 22:06 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE