<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

成長。

b0097729_01423604.jpg

今の自分を受け入れたら成長が出来ないと、今日、言われた。
でも、それは間逆。
成長とは、自分を失って誰でも無い様になる事なら、その意見も正しいけどね。

成長は、自分を知り、受け入れるところから始まる。
僕はそう考える。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-29 01:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

普通。

b0097729_22554254.jpg

大学生の頃、「普通やな。」と言われると、それは侮辱した言葉だった。

今思う事は、殆どを占めているのは普通じゃない世の中で、普通でいる事は凄く難しいけど、それでも僕は普通でありたいって事。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-28 22:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ありのままの。

b0097729_13135090.jpg

自信を持つって事は、人が出来ない何かをやり遂げるって事だって思ってる人が多いけど。

確かにそういう面もある。

でも僕が思うには、ありのままの自分を受け入れるって事だって思う。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-22 13:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ポプラの枝。

b0097729_23180954.jpg

「君が涙の時には 僕はポプラの枝になる」
この曲全体には同意出来ないが、ここのフレーズは好きだ。

同意出来ないのは「君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる」と締めくくるところ。
僕なら刺し違えても正義をまとっていたい。
それに、僕の意見を聞いた上での君の選択のそのずっと先には、君の仕合せがある事をただ願うだけで良いはずだと思うから。

さて、「ポプラの枝」の話。

ポプラの枝に気付ける力がある人は、仕合せをつかめるのだろう。
しかし、ノイズばかりの今日は、ポプラの枝はかき消されてしまいがち。

思うのだが、この世は90%のあまり必要でないモノから出来ている。
重要な事はほんの僅かだ。
ポプラの枝もその僅かな重要なモノ。
それに気付ける力が必要だ。

後、感情を大きく動かされた時、人は平常心を失い、子供ほどそれは「涙(泣きっ面)」となり、少しばかり力を持つようになると「怒り(吠え面)」になる。
所詮、逃げ腰。

心を大きく動かされる出来事に出逢える事は、実はラッキーな事だ。
でも多くの人はそんな事に気付かず、大きなうねりに巻き込まれる事を嫌う。
それはチャンスなのに。

大事な事を見極めろ。
チャンスをモノにしろ。
開き直りが肝心だ。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-18 23:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

自信。

b0097729_19544854.jpg

ちょうど25年前。
ちょうどこれくらいの時間でした。

毎日、決めた時間に電話をしてました。
夏休みだし、返事待ちだし、出来る事は毎日決めた時間に電話をして、その時間を待ってもらえるように工夫する事でした。

25年前の8月6日に、告白して、返事は夏休みが終わる日まで待ってくれとお願いされたのでした。

実は・・・色々あって・・・25年前のその恋は成就しませんでした。
でもきっと、全て必要な時間だったのでしょう。
人間万事塞翁が馬ですからね!

上記は妻との25年前の話。

そう。
遠回りして、様々な方々にご迷惑をおかけしたにも関わらず、様々な方々のご支援・ご協力があって、25年前の恋は実っています。

b0097729_19540085.jpg

僕らの子供達は、ちょうど僕達が出逢った頃と同じ年齢をむかえています。

25年前の僕達のように、運命的な出逢いを経験したり、後に影響を受けるような苦い経験もしたりもするのでしょう。

もちろん、願わくば、僕達のような遠回りなどをして欲しくは無いです。
僕らの経験を上手に利用してもらえるなら、惜しみなく全て話したいと思います。

でも、痛みを知らずには、人は成長出来ないのかも知れません。。。
無駄な経験など何処にも存在しないのだと思います。
全てなるべくしてなり、起こるべくして起こっているのだと思います。

25年前から一緒にいたかったとも正直思います。
でも、そうだったら子供達と出逢えなかったのは、それはあり得ないです(何よりも避けたい事です)し、今の有り難さを強く感じられる自分になれたのは、ここまで来るに至った全ての経験があっての事です。

僕は思います。
僕も妻も僕らの子供達も、実は既に仕合せな筋書きを(人生を)手にしています。
でも、それには(その仕合せな筋書きに乗っかるには)自分を知り自分を受け入れ自信を持つ必要性があります。
筋書き(運命)は決められたものでは無く自分の(顕在的・潜在的に関わりなく)意思で書き換える事は可能です。

自分を信じて
ありのままの自分を受け入れ
自信を持って生きていってくれさえすれば・・・

僕は強くそう思います。



イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-17 19:54 | 日記 | Trackback | Comments(2)

8月15日

b0097729_22301442.jpg

横山の両親は、戦後生まれ。
なので、戦後、食べる物が不足してひもじい思いをした話は聞いた事はあるけど、戦時中の経験談は、もちろん無かった。

でも治田のお父さんは、戦時中に生まれおられる。
僕自身、少しは想像力も増しイメージも出来るようになってから、実際に戦争を体験された方から直接、戦争の体験談を聞くのは初めてでは無いだろうか?
治田のお父さんから、戦争の体験談を聞いた。

生々しいタンパク質が焦げる匂いが感じられそうな話に絶句した。

戦争は、決して、政治や僕らから遠く離れた次元で始まるモノでは無い。
僕の心の中や、人々の心の中から、始まるモノだ。

僕は、自分の心の中に宿る夜叉を封印し続けられるだろうか?
戦争や争いの無い状態をキープ出来るだろうか?

人を殺して良いと言う、不条理なルールと、腕力や暴力が及んで勝った方が正しいと言う、不条理なルールがまかり通る戦争と言う状況を寄せ付けずいられるよう、気を張って選択をしていこうと思う今日でした。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-15 22:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

帰郷(roots)。

b0097729_09040088.jpg

この時期、関西に帰って来るとクマゼミの鳴き声が響いてる。
福井はアブラゼミなどが多いので、緯度経度の違いを感じる。

いつもは仏壇が設置してある実家の仏間に、両親が5月から福井に引越した為仏壇は無く、扉が閉められていた。

今回の帰省で、久しぶりに(3年ぶり?)急な誘いにも関わらず、土肥と西浦先生に会えた。
溝口とは会えなかった。。

なぜ、人は人と関わっていくのか?
そんな事を考えていた。

来週は、母校、西大和学園の同窓会。

土肥は「予定が入っている」と言葉を選んでいた。
僕は、「会いたい人と会えればいいな」と言葉は選ばなかった。

何を失いたく無くて、何を得たいのか?
僕自身はいつも単純。
つまり子供だ(笑)。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-13 09:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

結婚・告白記念日。

b0097729_22550584.jpg

単に受け入れる事が良いのでは無く、ちゃんと知る事で拒否しない事なんじゃ無いかと、妻と話してた。

今日は2周年の結婚記念日。
そして、26周年の告白記念日。

国民の8割が中流意識であった時代の方々も、三分の一が離婚をする時代の方々も、表現やポーズ、言動が違うだけで、本当のところは何も変わって無いんだねって、妻と話した。

b0097729_23115637.jpg

父と母のお心遣いで、妻と二人で食事をした。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2015-08-06 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE