<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

0002

僕が通っていた西大和学園は、当時の進学校には珍しく共学だったけど、圧倒的に女の子が少なく、校内では好きな子が重なる事も珍しく無かった。
特にハルちゃんを好きと思っている男子の噂はよく耳にした。

全く焦らなかった訳では無いけど、他の人にあまり興味が無い僕は、大抵、聞き流していた。

でも、たっくん本人が僕の前で好きな子にハルちゃんをあげたのには、ちょっと動揺したかも知れない。

だからその日から、廊下ですれ違ったりハルちゃんを見かけると、今までにも増して意識するようになったんだと思う。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2016-10-06 23:17 | Trackback | Comments(0)

0001

いつから?
どうして?

もしかしたら、そんな事が分からなかったり覚えがない方が、不自然な力が加わっていない分、本当の事(真理)なのかも知れない。

とにかく、気付いた時にはキラキラしていた。
でもときにはあれ?!って思う程不安げにみえて気がかりだったり、もっと知りたいと思ったり一緒にいたいと感じたり、そんな風な事を感じている自分に気付き、平日合宿で学校に泊まり勉強したその夜、図書館に布団をひいて寝る前にみんなで好きな子を言い合った日に、僕は彼女の名前を口にした。

その時、友達のたっくんも同じ名前を好きな子にあげた。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2016-10-01 23:15 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE