<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

「あんしん」「満足」「誇り」

音楽。
皆さん日常の中で、意識したり、もしくは無意識のうちに耳にされていることと思います。

僕は音楽が好きで、自分でも演奏したりします。
昔は友人と音楽活動をしていて、作詞や作曲、編曲などもしていました。
今でもたまーーーーに頼まれると作曲したりします。
と言っても趣味の域を超えず、自分達で楽しむ程度です。

b0097729_08324669.jpg

趣味とは言え学生時代から音楽活動をしてきたので、例えばテレビやラジオから流れてくる音楽を耳にした時、もしかしたら一般的な方より受信する情報量は豊富かも知れません。

その情報量の多さから、その音楽の作意への理解は深くなるのかも。

また、仕事上、感覚的に捉える必要がある局面が多いこともあり、音楽を理論抜きに感覚で捉えることも出来ます。

一般的な音楽の聴き方(正しい音楽の聴き方?)は、この方法、感覚的に聴くことが多いと思いますが、僕の場合、仕事上、感覚を研ぎ澄ませる必要があるタイミングがある為、この感覚的に音楽を捉えることに関しても深みがあるかも知れません。

むしろ理論的な捉え方は、この感覚的な捉え方の裏付けだったり、人に説明する時のアイテムだったりに過ぎないと感じる時もあります。

b0097729_08510736.jpg

例えばうな重を食べる時。
視覚や嗅覚、そして味覚や触覚など感覚を駆使してで味わっています。

醤油がどうで、みりんがどうとか、炭はどこどこ産で米の栄養素の配分は・・・何てことは、味に殆んど関係なく・・・もし情報を得ることが出来たとしたら、「やっぱり!だから美味しかったんだ!!」って裏付けに過ぎないと思いませんか?

知識とは、感覚の裏付けなのかも知れませんね!

b0097729_08584193.jpg

僕の仕事は、お家を設計したり(図面を描いたり)建てたり(工事をしたり)することです。

その仕事の中で当然図面を見る機会が多いのですが、そこで思うことがあります。

僕はプロフェッショナルなので、図面から得る情報は非常に多いです。
もちろん自分が図面を描く時には、非常に多い情報を図面に盛り込みながら描きます。

その為、自分以外の方が描かれた図面を観ると、作意はもちろんのこと、熱意の度合いや環境など、背景まで図面から捉えることが出来ます。

それはちょうど音楽を聴くのに似ています。

b0097729_09151492.jpg

図面はどちらかと言うと音楽に比べ論理的にメッセージを伝えるツールなのかも知れません。
それでも感覚的に感じられる何かも確実に存在しています。

「何か違う」
「何かわからないけど、ワクワクする」

図面を観た時、そう感じたら、まさにそれがメッセージかも知れませんね!

そう感じさせるのが「何」ってことを知るには知識が必要で、リアリティを増すにはその知識に深さが必要です。

感覚を裏付ける。
そのことが「あんしん」「満足」「誇り」につながるのかも知れませんね!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-08-26 08:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

間違いのない選択とは?

百八つあると言われる煩悩を、全て払拭した状態での直感は、きっと間違いの無い選択なんだと感じる。

学問や知識は、その選択の意味を理解したり裏付ける為なのではないかと思う。

選択はいつも自分を表現したモノ。

「そんなの、聞いてないよ!」
「教えられていない!」
とか言って、自分の選択の結果がイメージと違う事を人のせいにしたところで、本当は最も自分自身を表現している。

無知も、そのクセ自身の力以上に得をしたいと思う欲深な気持ちも、人のせいにして自分で責任を負わない無責任さも、選択にはちゃんと反映されている。

選択は自分自身だ!

だから間違った選択などそもそも何処にも存在しない。
とは言え後悔の無い選択をと考えるなら、方法は3つある。

1つ目は抜け目の無い知識を身につけることだ。
知識はある意味では効果が見えやすい、つまりは身につきやすい力。

2つ目は煩悩を全て払拭し、感覚を研ぎ澄ませること。
曇りなき心で感じる直感は、これ以上正しい選択はない。

3つ目は、その両方を得ること。
一見、根拠が無いように思える自分の感覚を信じきることができるのは、もしかすると難しいと感じる人もいるかも知れない。
また、煩悩を全てを消し去ることも、とても困難なこと。
そこで知識をつけることで感じた直感の裏付けとなったり、バックアップになり得たりするだろう。

選択は自分自身。

間違いのない選択とは、間違いのない自分自身に成長するしか、他にない。

b0097729_22472402.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-08-20 18:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

自分を諦めるな!

人のせいにして、自分が努力をしなくていいように済ませる。
そんな気は無いと、きっと言うだろう。
でも結果は同じ事。

「あの人は、何を言ってもムダな事」
そう言って従うでもなく、反論したり代案を提案したりもしない。

相手を諦めた様に見せかけて、本当は自分を諦めている。
自分を諦めているなら従えばいいのに、それもしないから、相手を諦めたかのような立ち位置で(人のせいにして)ごまかしている。

そう言うのを卑怯という。

自分を諦める必要は無い。
なぜなら、自分を知り尽くしている人を見たことが無い。
つまり、諦めるだけの十分な情報を得た人に会った事が無い。

先ず、己を知れ!
きっと相手より優れたポイントがある。
相手が「なるほど!」と感じられる何かを掴めるハズだ!

相手を諦めたふりをして、自分を諦めていては、自分を知るチャンスを逃しているに過ぎないと知れ!

決して自分を諦めるな!

人のせいにするな!
人の力をかりるな!
「みんなが言ってるよ!」
などと数を数えるな!
そんな暇があるのなら、もっと自分を探せ!

決して自分を諦めるな!

b0097729_00075275.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-08-15 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

信じた理由。

例えば
大学教授などその道の専門家が話す事より、身近な友人の言葉を信じたり。
例えば
テレビで言ってた事は正しいと思ったり。
身近な人の意見より、初対面の占い師の言葉の方が、信ぴょう性が高かったりと、人が何を信頼性のモノサシにするのかは、あまりにもナゾめいていて解明は不可能。

ただ思うには、論理的では無いその人の感覚的判断によるものと感じる。
例えば、言葉にすると「運命」みたいなものだろうか?
何かに引き寄せられる感覚の決断の様に観て取れる。

「信じる」とは、本来、理解や理論に基づかない、感覚的な意味が強い言葉だったり、「祈り」に近い精神性によるものだと感じる。

だから、信頼性にモノサシがあったり、解明できる様なものでは無いのは、ある意味、当然の事なのかもしれない。

だとしたら、重要な事は、、、
論理的では無いその選択と言うか、信じた道を、論理的に考える事無く、ただ単に自分の道を信じ続けさえすればいいのだと思ったりもする。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-08-08 18:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

8月6日

b0097729_14521514.png

今日、8月6日、個人的には28年前、妻に告白し、4年前、妻と結婚した記念日です。

28年前。
タイミングを失い、一度家に帰り、再び会いに行って告白した事を、時々、思い出します。

28年前の告白の際には、結果が出なかったので、結婚4年となっている。

b0097729_17092243.png

全ての時は必要だと、今朝も妻と話しをしました。

皆さまのおかげをもちましてこれからも一緒に時を刻める仕合わせを感じています。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-08-06 14:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE