<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

雑音(ノイズ)

b0097729_11275727.jpg

たまにはテレビとネット、様々なノイズを消して、自分のための自分でありたい。
そう発信する事も、ノイズになっちゃうのかも知れないけど、雑音を消して自分を見つめ直す時間を持ちたい。
そんな風に、思いませんか?



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-14 11:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」

b0097729_22021086.jpg

好評につき、3回目の開催!!

「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」セミナー&内覧会


「家を建てようと思ったら、先ず、何からすればいいの?」

「土地から探さなきゃいけないのだけど、広さってどれくらいいるの?形は?」


お住まいづくりを考えはじめたら、様々な疑問や知らない事にぶち当たるかも知れません。


そんな疑問などを、エクリュの代表取締役/建築デザイナーが自邸を建てた時の経験談やプロからの視点をお話ししながら、疑問にお答えしていくセミナー「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」を、好評につき再び開催する事になりました。


セミナーの後、建てて6年になる建築デザイナーの自邸(遊び心の家)をご覧いただく内覧会も行います。


住み続けても片付くポイント(キレイが続く)なども、みていただければと思います。


b0097729_22055047.jpg


では、具体的なスケジュールなどをお伝えします。


2017年10月22日(日)


12:30 受付

13:00 セミナー

15:00 内覧会


会場:株式会社エクリュ


●要予約

先着4家族さま(定員になり次第 締め切らせて頂きます)


●予約・連絡先

0776-36-9001

info@ecru-arc.co.jp


★おいしいコーヒーをご用意しています!

★選挙を済ませてお越しください。




Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8002
福井県福井市左内町9-17
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/


「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-12 22:00 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

必要なモノ

無駄なモノなど存在しない。
そんな風に言う聖人もいるけど、僕は毎朝、郵便受けの中から取り出した郵便物の9割を見ずにゴミ箱に入れ、パソコンを立ち上げると来ているEメールの9割を見ずにゴミ箱に入れる。
つまり、朝は、9割の僕にとって無駄モノをゴミ箱に移す事からスタートする。

もちろん、僕の捨てた9割のモノを必要としている人もいるから、毎朝、存在しているのだろう。
でも僕にはやっぱり不要なモノだ。

b0097729_23041598.jpg

不要なモノと言うと・・・

僕は今まで福袋を買った事が無い。
欲しいと思った事は一度も無いし、正直な話をすると、買う人の気が知れない。

世の中は9割無駄なモノで出来ている。
大切な1割をその中からやっとの思いでさぐり当て、大事に大事に、そうしようと思ってるのに、また訳も解らないモノに、それも正月早々お金を出してまで、また不要なモノを増やすなんて・・・僕には理解出来ないからだ。

きっと僕は、決してマジョリティでは無いんだ。
だから9割の郵便物を見ずに捨てるんだ。。

そして僕は、きっと自分を失いたく無いんだ。
だから1割の大切なモノを大事にするんだ!

PS
僕は今朝も9割の郵便物をゴミ箱に移す。
あなたの郵便物
どうでしたか?
全て必要なモノでしたか?



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-10 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「卒業」しなきゃいけない事

b0097729_18261442.jpg

ダスティン・ホフマンの卒業。
淀川長治さんの日曜洋画劇場で観た当時は、劇的なハッピーエンドに「良かったぁ〜!」と深く安堵したのを覚えている。

でも歳もある程度とった今となると、そんな事をしてその後、ちゃんと幸せになれたのか?とてつもなくイバラの道だっただろうなぁ〜と、名画を台無しにするような現実的な事を考えてしまう。

b0097729_19025658.jpg

ただ、もう一つ思う事もある。
そのもう一つとは・・・

まことしやかに語られている「一番好きな人と結婚すると幸せになれず、二番目に好きな人との結婚が幸せの秘訣」と言う事。

そもそも一番とか二番とかって、どうやって決められるのか?
ありがちなのは、「憧れの人」と「現実的な良い人」
でもやっぱり、生涯で一番好きな人か二番目に好きな人かなんてどうやって言えるのだろう。

誰がどの様に
調べたのか?
シミュレーションしたのか?
願いなのか?
言い訳なのか?
それすら解らないけど、幸せになるとかならないとか・・・

「一番好きな人」と感じさせるポイントは、劇的な体験や運命的な出来事なのかもしれない。

そう言う意味では、ダスティン・ホフマンの卒業の様な経験は、きっと劇的で運命的なので、「一番好きな人」とのイメージは焼き付けられるのかも。

b0097729_21202680.jpg

焼き付けられる
焼き付けられない
一番
一番でない

そんな事が問題では無いと思う。

相互に
例えば運命を受け入れ続ける事
例えば一番と信じ(思い)続ける事
何かそい言った事が重要で・・・

もちろんその事が難しい事は承知だが、難しいからこそ、一番とか二番とか悩むのではなく、劇的とか運命的とか刺激に目を奪われる事なく、静かに「信じる」や「受け入れる」といった意味を見つめ直し続ける事が重要なんだと思う。

PS
本当に一番の人に出逢ったら、実は二番など存在しない。
一番と、後はどれでもさほど変わらない並みの人達(73番?)が存在する事を、皆さまのご支援・ご協力あって僕は知っている。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-09 18:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

出来る事

b0097729_22440714.jpg

理屈が通じて、解り合える。
それが理想なのか?
解り合えずとも、平穏に過ごし続けられる。
それでいいのか?

やっぱり通じ合うグルーヴのようなモノを感じられたら、仕合わせだと思うから、話し合ったり表現したりして伝えることや受け取ろうとする。

しかし、表現も受信にもある程度の力量が必要で、またそこも難しい。。。

結局、理解などし合えず、決別する事もある。
場合によっては、自分自身や大切にしているモノを守り合う為に、力に訴える事も。

力が正義ではなく、正義が力だと言うけれど、きっと解決とは、正義で行われるモノではなく、、、
解決とは・・・妥協とも少し違う。
とは言え諦めと言うか、受け入れるというとカッコイイが、後味が悪いのが普通なのかも?!

切り替えが肝腎だとは思う。

どうしようもない事や
どうしようもない奴や
どうしようもない場面なんて、当たり前のように存在する。

水も何でも、高いところから低いところに流れるモノ。
コレは母の言葉だが、本当にそう思う。

戦争になるのかなぁ〜。
そうなりそうだなぁ〜。
何が出来るのか?
何も出来ないのか?

僕の大切なモノを大切にする為、僕に出来る事はあり続ける。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-08 22:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

言葉にならない想いも。

b0097729_14074411.jpg

先日、祖母の95回目の誕生日のお祝いに、妻の実家がある奈良県にとんぼ返りで行って来ました。

今年はおかげさまで忙しくさせていただき、お盆休みが取れず、お盆・お彼岸とも帰郷できずにいました。
しかし、祖母の95回目の誕生日には、何とか帰らないと・・・じゃなきゃ、いつ帰るの?!
今でしょ!ということで、とんぼ返りではありましたが帰郷してきました。

お盆も、それから今日までも、帰らなきゃいけないと思いつつも、休みが中々取れず今日まで至っていました。
気になりながらも実家にはLINEで連絡するぐらいで、近くに住んでいる姉に頼りっきりでした。


「想っているから・・・」
そんな言葉に甘えて想いをカタチに出来ないでいたのですが・・・。
想っているからそれで良いと考えるのは、それは違うと思うのです。
想いはカタチにして、(伝わるタイミングはいつでも良いにしろ)相手に伝わってこそ、意味があって、想っているだけでは(可哀そうな良い方になりますが)想っていないのとほぼ同等なんだと思うんです。
だからカタチにしないといけないと思うのです。


とは言え、たいそうなことは出来ませんが、とりあえず日頃、祖母への想いや、両親への想いなどカタチにするべく、先日実家に帰郷してきました。

b0097729_14085161.jpg


しかし、想いをカタチにすることはとても難しいとも思います。


そもそも想いを言葉にすると、「ありがとう」とか「お世話になってます」とか、あまりに普通で、代り映えしない言葉になりがちです。
でもきっと、その言葉は、どれ一つとして同じ意味は存在しないはず。
そんな唯一無二の気持ち。 あなたならどんな風に伝えますか?
やっぱり「いつも、ありがとう!」って言葉に想いを込めますか?
それとも感謝していることを沢山ならべて「〇〇してくれてありがとう!」「△△してくれてありがとう!」「□□してくれてありがとう!」って伝えますか?
でもやっぱり何か伝えきれるかどうか・・・モヤモヤしたものがどうしても残ります。

b0097729_14111906.jpg

それって住まいづくりと似ているって思うんです。
言葉だけでは、どうもうまく伝えきれない・・・でも、何となく胸の内にある雰囲気・・・。
もしくは、自分たちにとってどんな住まいがピッタリくるのかもわからない。
わからなくとも、必ずピッタリくるお住まいは存在するだろうし、きっとピッタリとくるものに出会えたら、「これだ!」ってわかるはずです。
そんな伝えきれない想いって、どうすればカタチになると思いますか?


b0097729_14125972.jpg


弊社では、「言葉にならない想いも。」をスローガンに、【3つの手法】でそんな想いを掘り起こして「本当だ!私たちはこれが欲しかったんだ!」って気付いていただき、カタチにしていく仕組みを持っています。
いったい【3つの手法】ってどんなものなのか?
一度、お話を聞きに来られませんか?(要予約)

お問い合わせは以下から出来ます。
http://www.ecru-arc.co.jp/contact/


資料請求は以下から出来ます。
http://www.ecru-arc.co.jp/request/


また、電話番号は
0776-36-9001
(平日:AM9:00~PM6:00)


皆様のご連絡を、心よりお待ちしております。


「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!


[PR]

  by ecru-societe | 2017-10-03 14:15 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE