里帰り

b0097729_16331895.jpg

2年?いや3年ぶりに、郡山(大和郡山)の家に帰郷した。

今回の里帰りは長男の受験の為。
郡山の家で二泊した。

この4年間ほどの期間中は、本当に時間や気持ち、あらゆる面で殆ど余裕が無く、妻と必死に走っていた。
その為、実家のある奈良に帰郷した際も、恩師や旧友、誰とも殆ど会う事が無かった。
それまで帰郷したら必ず会っていた友人とも、会う時間が激減していた。

それが今年に入ってやっとぼちぼち人と会う事が出来る時間や気持ちに余裕とまでもいかないが、機会を持てる様になってきた。

b0097729_17153622.jpg

今回も高校時代からの友人のお店や中学時代お世話になった恩師に会いにいく時間を持てた。
結果的にはどちらも会えなかったんだけど、会いに行った痕跡は残して来れた。
それに大学時代の友人も大阪にいる事を知って時間を取ろうとしてくれたけど、会うまでには至らなかった。

今のところ、それで満足。
まだ約束をしてガッツリ会える程の余裕はないし、会えるタイミングを天の神に任せるってのも好きだ。

今回の里帰りでは、亡母に会いに行けた。
それは計画していた事で、クリア出来てとても満足している。

b0097729_16583391.jpg

今回の里帰りでは、長男は連日の試験で大変だっただろうけど、その待ち時間の間、僕と妻はデートをする事が出来た。
デートなんかする余裕は本当に無かった様に思う。

デートと言っても、亡母に会いに行ったり友人や恩師を訪ねたり、ウィンドショッピングをするぐらいの事だけど、嬉しそうに妻はフェイスブックに記事をアップしていた。

b0097729_17075188.jpg

今回の里帰り。
長男のおかげで少しはゆとりが感じられる里帰りとなり、とても嬉しく満足のいく里帰りとなった。
これもひとえに皆様のおかげと感謝している。
そして妻のおかげ。
感謝している。
ありがとう!

b0097729_17210523.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-02-04 16:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

届け!!!

b0097729_23502137.jpg

先生は、本当にありがたい存在だ。

小学生の時の秋本先生やいもと先生。
中学生の時の能開の秋月先生。
高校生の時の担任の西浦将芳先生。
後、国語表現の水川毅則先生。
それに美術学校の安岡英生先生。
大学生の時は、荒木正典教授に大変お世話になった。

何がありがたいかと言うと、生徒であるぼくを信じて真剣に向き合ってくれた事。

僕自身が僕に何があるのか?
どんな力があって、誰の役に立つのか?
そんな事もわからないのに、先生方は厳しく、時には厳しく、いつも厳しかったけど、今はそれは期待していただいていた事を感じられる。
とか書いたら、「お前に期待はした覚えは無い!」とかって言われるかもしれないけど。

渦中では感じられず、どうして僕ばっかり厳しい指導をされるのか?気に入らない生徒なのかな?などと本気で思っていたけど、今から思うと全く違ってむしろ逆に感じ、とても感謝していて、お会いしてちゃんとお礼をお伝えしたいけど、西浦先生以外の先生方は、今、何処で、何をされているのか?

こんなに便利な(?)時代で、ネットで検索すればたいてい見つけられたりしそうなものだが、ずっと見つけられずにいる。

僕の事を信じてくれた方々。
僕の事を信じてくれている方々。
出来る限りの恩返しが出来れば、シアワセだ。

せめてせめて、この場をお借りして。
本当にありがとうございます!
この想い
届け!!!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-30 22:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

理解 < 信

b0097729_00085003.jpg

りかい
  1. 1
    理解】 《名・ス他》
    • 物事のすじみちをさとること。わけを知ること。物事がわかること。
       「文意を―する」
    • 人の気持や立場がよくわかること。
       「―のある両親」


理解しやすい事は、とても重要だって言うけど、大抵の場合、本当に大切な事程理解なんて言葉では表せないと感じる。

そもそも理解なんてものは概ね願望に基づくものだというセリフがイノセンスにあるが、まさにそうだと思う。

理解 < 信

もし理解し難いなら、その事の方が重要で、知るに値する出来事。

信頼とは相互の理解により成立するものでは無く、単に決定に過ぎない。
自分が一度決定した事を信じ続けられないのは、信じられるとか信じられないとかって話では無く、信じられないなんて理由っぽく言うのは単に責任逃れの人のせいにしているだけで、自分の感覚を信じ続ける自信が不足しているだけの事だ。

b0097729_00405402.jpg

そんな当たり前の事を感じられず、理論っぽく信じられない理由を語っている事がまかり通る世の中に、少し疲れたりもするが、イノセンスの様に理解について、正確な表現をしている瞬間に出会うとホッとしたりもする。

理解など不要。
単に信じれば良い。

b0097729_11313304.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-22 00:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

道具

b0097729_23503212.jpg

自分でデザインしたダイニングテーブルが、昨日、会社に届いた。

幅は3800mmとめっちゃくちゃ長く、10人は席に着く事が出来るテーブル。
市販されていない為、デザインしオリジナルで製作した。

b0097729_23551397.jpg

ありえない程幅が長いので華奢なイメージにならない様に天板の厚みや脚の太さを確保したが、無骨に見えない様に細かなディテールを施している。

華奢でも無く、無骨でも無い、ロングスパンを飛ばしたテーブルのバランスが整った形状をデザインした。

b0097729_00015916.jpg

以前デザインした、自宅のダイニングテーブルはクラシックで曲線が優美な女性的なデザインにしたのに対し、今回は直線で男性的な落ち着きのあるデザインにした。

細部までこだわってデザインし、人の手で丁寧に製作された道具などに囲まれた暮らしをおくっているだけで、自分の細胞がキレイになっていく気がする。

b0097729_00101436.jpg

昔、道具は100年も使われると神様が宿ると考えられてきた(付喪神)。
僕は、ちゃんと作られた道具には、神様とは言わないまでも魂が宿っているように思えてしかたない。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-20 23:49 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

雪のルーフテラス。

b0097729_23393854.jpg

雪が降って積もった。
やっと福井の冬らしくなった。

雪が積もると、我が家のルーフテラスはより一層リビングの照明器具になる。
リビングの照明を落とし、ルーフテラスの照明を灯すと、まるでお洒落なバーの様な雰囲気になる。
お酒が飲めないので、ルーフテラスの灯りでコーヒーなどで寛ぐのが、この時期の楽しみ。

今日は高校時代からの友人から連絡があり、別の高校時代から友人のお父様がテレビ(せやねん!)に出ると教えてくれた。

残念ながら福井では放送されず、代わりに連絡をくれた友人が番組の写真を送ってくれた。

b0097729_23503663.jpg

そんな出来事をきっかけに妻がふっと僕に質問する。
「友達って何なん?」
少し考え込んだ表情でつぶやく様に妻は僕に質問した。

「友達って言葉の概念はそれぞれだからね!」
「でもこちらが友達って思っていれば、例え相手がどうであれ友達じゃないかな?」
「要は自分の概念で良いんだよ」

後、この話の流れで、先日、僕が「もののけ姫」を観て感じていた事を妻に伝えた。

「もののけ姫」を観てアシタカの「曇りなき眼で見定め、決める」その決め方が僕の感じたポイントだった。

友達とはそう思っていれば友達だけど、友達に限らず全ての人間関係で大切な事があって、それはしてもらったらおかえしをするって事で、例えば、友達にしてもらった事を「ありがとう」って思っているだけじゃダメで、ちゃんとしたカタチにしておかえしはする必要があると思う。

要は想いはカタチにする必要があるのだと僕は思う(想っているだけではダメじゃないかな?)。

雪が積もると我が家のルーフテラスはリビングの照明器具になり、グッと雰囲気が良くなる。
その時間を今日は妻とそんな話をしてゆっくり過ごした。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-14 23:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

成人式

b0097729_16394696.jpg

先日の長女の成人式で、妻は22年間持ち続けた責任と義務と権利である親権を完全に失った。

妻の髪には白いものが混じっていた。
とてもせつなく愛しくみえた。

成人式の為に妻の実家がある奈良に帰郷した、そのタイミングに合わせ、年始に会えていなかった高校時代からの友人に時間をとってもらった。
今回は会えた。
友人もまた、白いものが増えていた。
月日の流れを感じた。

b0097729_18305345.jpg

妻も高校の同級生なので、高校時代から友人と会うと妻の話になる。
残念ながら妻の成人式の着物姿は、訳あって見ていない。
見たかったけど写真にも残っていない。
でも毎年、特に年末年始には、高校時代からの友人と(に)彼女(妻)の話をしていた。
そして2017年も例外で無く、妻の話になった。

30年近い時間が経過しているが、復習し再認識したり再発見したりする事もある。
こういうのを温故知新と言うのか?

また基本に戻ると言うか、軸を再確認するタイミングでもある。
自分(僕)の姿は自分(僕)にはよく見れない。
目の前の人(友人など)の方が自分(僕)の姿がよく見えているって事もある。
相手の話を素直に聞けば、わかってくる事もある。

30年近い付合い。
人生の3分の2の時間に相当する。
変わってきた事もあるけど、変わらない事もある。

今回の話は物事は多面的で、全て正面であって全て正面でないって事だったのか・・・
とにかく自分の正面を観ていれば良いと言われた気がした。

こうやって昔からの友人と会う機会は、僕にとってはとても貴重で、ずっと持ち続けたい時間だ。
今回もおかげさまで良い時間が持てた。
ありがとう。ご馳走様でした。
また会おう!

b0097729_17141497.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-11 16:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

人生色々。

b0097729_22105176.jpg

人生色々。

今日はお時間いただき
またお心遣いいただき
本当にありがとうございました。

お話が出来て本当に良かった。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-04 22:20 | Trackback | Comments(0)

26・7年来の友人と恩師

b0097729_23302857.jpg

年末に偶然、フェイスブックで26・7年ぶりに高校時代の友人と再会出来た事をきっかけに、新年早々26・7年ぶりに高校時代からの友人たちと会う事が出来た。

一人の友人が自分の現状を話してくれた。
その話が僕が思っていた、高校時代の彼の状況に類似している様に思えたから、僕が高校時代から思っていた彼のイメージを話した。

とても立派になっていた懐かしく頼もしい彼は、高校時代の彼のまま変わっていないと感じた。

もう一人の友人も、きっと悩みや色々な事があっただろうけど、ひとつのカタチとしての結果を出していた。

彼は自分が経営するお店を構えて、そこで正月も休まず働いていた。

その話を高校時代の恩師に報告に行くと、「そうか!あいつが!!」 「会いに行かなあかんな!」とすごく感慨深く嬉しそうに仰ってた。

先生がそんな風に仰るには、先生も彼のそんな苦悩を知っておられたからかも知れない。
いつも思うが先生とは本当にありがたい存在だ!

お店を経営・運営する彼も、言葉の使い方や雰囲気も高校時代から変わらず、(色々あっただろうとは思うけど)そのまま結果を出していた。
僕が思う昔のままで彼で嬉しかった。

先生とは毎年の様にお会いしてお変わりなく先生で、嬉しくありがたく思っている。

今回、26・7年ぶりに再会出来た彼らもまた、僕が26・7年前感じてたイメージと変わらず大人になっていた事に嬉しく誇らしく思えた。

僕は26・7年ぶりに再会した彼らからはどう映ったのだろう?

「お前は卒業生の中でも成功している代表格や!」と今回、恩師に言っていただいた。
自分では全くそうは思ってはいないけど、尊敬している恩師がそう仰ってくれているのだからと鵜呑みにした。

高校時代からそうだった事を思い出した。

自分ではさほど自信も無いが、尊敬している先生や周りの人達が信じてくれているから、その言葉を鵜呑みにして(信じて)今までも歩んで来た事を思い出した。

b0097729_12484316.jpg

奈良を離れて福井に移る時(16年くらい前)、その恩師が高校時代の同級生と一緒に送別会をしてくれて、夜中の3時か4時ごろ、母校の昇降口の前で、まるで赤紙をもらって戦争に向かう人を送り出すように「お前は成功するまで帰って来るな!」と万歳三唱して送り出してもらった事。

時には厳しく、時にはあたたかく、見守ってくれる人達がいてくれて歩んで来れた事を再認識する年始の里帰りとなった。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-03 23:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

b0097729_10131038.jpg

福井は珍しく晴れて清々しいお正月を迎えさせていただいています。

旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。

また本年も何卒よろしくお願い致します。

b0097729_10124833.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2017-01-01 09:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2016年

間も無く今年も終わる。
急いで掃除をしないと!

少しだけ、今年を振り返る。
どっからが今年なのか?
それがわからないくらいずっと走っている様に思える。
でも、新社屋が秋に竣工したりと、皆様のおかげで前に進んでいる事が感じられる。
やまない雨は無いし、抜けないトンネルも無い。
母が亡くなって一年以上経つのだけど、、、
(そういう事では無いかも知れないけど)
ようやく何か抜けきれそうな気配を今感じている。

これも本当に皆様のおかげと感謝している。
こうやって改めて考えて、本当にそうだと再認識している。

僕は昔から人に恵まれている。
(ありがとうございます)

先日、会社に年末の挨拶に来られた方に
「今年一年を表す漢字一文字は?」
と問われ、ふと「改」をあげさせてもらった。

Revolution とはイメージ違って change なのかな?
勇気と行動力、あと神様や皆様のおかげを持って「改」を行ってきた。

来年は今年の「改」を起こした結果や影響が少しずつカタチになりだす年になると感じている。

そんな感覚が「やまない雨は無い」「抜けないトンネルは無い」との言葉にも表れているのだと感じる。

とにかくウーグウェイ導師(カンフーパンダ)の
「昨日とは過去のモノ、明日とは未知のモノ、今日の日はもうけモノ、それは天の贈りモノ」
との言葉を胸に、一歩一歩歩んでいこうと思う。

PS
皆様、今年も本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎え下さい。

b0097729_11313304.jpg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  # by ecru-societe | 2016-12-30 10:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE