タグ:サービス ( 4 ) タグの人気記事

 

カガミを意識したコミュニケーションの方法とは・・・

実は昨日はHPの打合せがありました。
詳しくは『エクコミュ*making HP*』でその模様を書きましたが、いつも議題に上がるテーマがあります。
それが昨日の日記に書いた『コミュニケーションのありかた』です。

前もココで書いたことがあるかとは思いますが、

ホームページとは宣伝ではなくサービスです。

Webの製作にかかわっている方々は当然ご存知のことでしょうけど、自分は自分がHP作成をするまでは、その最も大切な部分に全く意識が無く、HPは宣伝のための媒体の一種だと感じていました。

しかし、このことに気付いてからというもの、HPがすごく難しいモノとなりました。
その難しい要因のひとつがコミュニケーションというキーワードで表現されることです。



サービスである以上、サービスを必要としている方にサービスが届かなくては意味がありません。 宣伝ならこっち側の言いたいことを言えば事足りるのですが、サービスは受け手に当然満足が伴わなければサービスとは言えません。

そこで『届く』ための『コミュニケーション』を考えます。
また、『ウソ』があってはいけません。 出来れば誤解も・・・。
解りやすくするにはディフォルメやフェイクがあれば結構簡単なんですが・・・。
それは『真実』じゃない。
『真実』って何?

問題は増幅します(笑)。



難しくなる要因のひとつにエクリュがいえづくりの中で行っているサービスにあります。
デザインという言葉に表されるそのサービスとは、、、

お施主様とエクリュが一緒に、お施主様自身を探すことで行う
いえづくり


という点です。

つまりあらゆるものの答えがお施主様本人の中にあるってところです。

言い換えるとエクリュの中には答えは無いってことです。
答えを探しにHPへ立ち寄られたお客様にお渡しできるサービスは、HP自体がカガミであることがエクリュ的なサービスであるという点です。



HPの中では、色々なアプローチでこの問題に取り組んでいる最中ではあるんですが、、、
いつも悩ませるポイントではあります。

エクリュのHPはとりあえず置いておいて、、、

結局生きていること全ては周りで起こっていると思いきや、自分の中を周りは映し出しているに過ぎない。
周りの状況などは、自分を映像化したものだって思います。

所謂、『カガミの法則』ですね。



昨日の世にも奇妙な物語で、女の子が友達に屋上から突き落とされるやつがありましたが、
カガミの法則を知ってみれば、最初から結末が解ってました。
あんなにひどい目にあうのは、間違いなく自分のせいだと(笑)。
世にも奇妙な物語は作り物ですが、自分に起こることの要因は人や外にあるのではなく自分の中にあるのは、事実だと感じます。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-04-03 11:08 | Trackback | Comments(2)

サービス

先日からどうやら友人が就職活動らしきものをしているようだ。
ハローワークなどに通っているようだ。
そこでの観察日記が面白い。

少し前になるが、エクリュが行政法人からの助成を受けて起業したことで、福井県などの各機関の方の前で、行政サービス研究の材料として自分の経験談を話す機会をいただいた。

その時もサービスの難しさを考えさせられた。


自分はこう思うのである。


基本的に人は自分のことは自分でしなくてはならない。
助けてもらうことは例外で、本当にありがたいことだ。
そう感じている方に対するサービスは、本当に美しいモノとなる。
助け合う心が世の中をよくして来た(相互扶助)。

しかし、例えば失業保険。
それは権利だ!と思い、失業保険が切れるまではゆっくりする。
そう考える方。
つまり、助けてもらうのは当然の権利とお考えの方。
ここでの行政サービスは国民に堕落させた考えを植えつけるモノとなる。

誤解の無いように行っておく。
一生懸命行政サービスに携わっておられる方には、何の罪も無い。
罪は堕落した考えをお持ちの方にあるだけだ。

行政サービスに日々励んでおられる方々。 本当にお疲れ様です。


エクリュもサービス業。
サービスというコトについては、いつも考えている。
ただ、エクリュのサービスは当然有料なので、解りやすい。
そのサービスを必要としているか?不要か?だけでしかない。

サービスという言葉の語源は奴隷から来ているという。

自分はこういった関係はギモンだが、そういう考えをお持ちの方もおられる。
『お金を払ったから何でも言うことをしろ!』と仰る方。
まんざら間違いではない。
お金をいただいたから、お金をいただいたことに関しては絶対奉仕をすることが当然だ。

ただ、自分が考える人間関係は互いが互いを思いやる気持ちからなる。

サービスをする側は、必要とされたのだからお役に立てるように尽くす。
サービスを受ける側は、力をお貸しいただくと考える。
その相互の気持ちにより『清・正・美』の方向が芽生えるのだと感じる。

行政サービスの難しさはそこにある。

本当に困っている人を救いたいという行政から気持ち。
その気持ちが生きるには、、、
助けていただいたからには地域(行政)に恩返しをと考える気持ち。
また、もっと困っている人へそのサービスを譲りたいと思う気持ち。
何より行政サービスを受けることは権利ではなく、例外でありがたいことだと感じる心を持った人にだけ、本当の意味で行政サービスが生きてくることになる。


『助けを受ける』ことが『権利』だとお思いの方。
本当に残念です。
言われませんでしたか?!お母様に。。。
『自分のことは自分でしなさい!!』って。


しかし、自分に振り返る。
そして CSR(Corporate Social Responsibility)「企業の社会的責任」もずっと考えている。
仕事が欲しいばかりに、自分達が誤解をまねくような文化を形成していないか。。。
原理原則を貫けているか?!


ちなみに自分がサービスを受けるとき。
『費用』や『料金』や『支払い』という表現ではなく、『お礼』という表現が好きだ。
サービスを受けたとき 「お礼はいかほどでしょうか?!」 とお聞きする。

[PR]

  by ecru-societe | 2007-02-24 13:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

サービス

『無料』・『FREE』・『サービス』って言葉。
嫌いな人はあまりいません。
むしろ、大好きって方がほとんどかと。

しかし、この『無料』って言葉。 解釈が非常に難しい。

例えば食事に行って¥5,000のコースを注文するとビール中瓶が1本サービス(無料)ってのがあるとするじゃないですか。
でも、本当に無料なんでしょうか?
5,000円の中に入っていないんでしょうか?

例えばテイクアウト専門のピザ屋さんで、出来上がるのを待っている間、コーヒーを何杯飲んでも無料ってのがあるとするじゃないですか。
簡単に言うと
ピザの売上げ - 外注費(コーヒー豆代を含む) - 一般管理費 = 利益
つまり
利益 + 一般管理費 + 外注費(コーヒー豆代を含む) 
= ピザの売上げ(ピザの値段設定)

となる。

∴ピザ代金にコーヒー代が含まれていると考えられる。
と考えることが出来る。

実際、景品は売り物の何%までの費用としなければならないという法律がある。
フェイクにも限度があるってことでしょうか?

サービスが無料と思うところに間違いがあるような気がします。
サービスは本当は有料です。
いや! サービスが有料です。

無料と言うカタチでブッ込みにされるよりは、そのサービスがいくらの対価なのかをちゃんと知って、必要か不要かを自分で判断したい。
そうと考えると、『無料』・『FREE』ってのは厄介なモノだと感じてしまうのは自分だけでしょうか?

『無料』って言葉。 解釈が非常に難しい。
[PR]

  by ecru-societe | 2006-12-14 00:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

HPの打合せ

b0097729_23231021.jpg
今日はHPの打合せがありました。
もう長い間、Ecru Societe のHPが更新されていませんが、打合せは何回も重ね、今クリックしても開かないページも実は次々出来てきています。
現在は文字などのチェックや表現が正しいか?などなど詳細を詰めている段階です。
そして、今日も打合せを行っていました。

皆さんに一定のカタチで完成を向かえたHPをご覧いただく日も、そう遠くは無いかと。。。

またご案内いたしますね!!

[PR]

  by ecru-societe | 2006-08-02 00:00 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE