タグ:ニーズ ( 11 ) タグの人気記事

 

家を建てることを考えた時に。

b0097729_9262646.jpg


昨日、関西に住む大学時代の友人から電話があった。
家の新築を考えているというのだ。
建築条件付きの土地が近所に売り出し、いい場所なので土地は欲しいのだけど、建築条件付きということでその会社で建てていいものかを調べて欲しいというのだ。

現在、エクリュが関西でのお住まいづくりのお手伝いが出来ないため、旧友からこの手の相談はよく受ける。

そして金額と平面図などが送られてきて「どうやろ?高い?」とよく聞かれる。
そんな情報では、ほとんど何も解らない(笑)。
それに高いか安いかはそれぞれの方の価値観が大きく影響するので、返答に困る。
(言いたいニュアンスはよく解るけど・・・)

b0097729_938145.jpg


プロでも適正価格を判断するのは難しいので、一般の方だとなおのこと。
最近はインタネットで何でも価格が調べられるけど、価格が分かっても効果や得られるものの全てを理解するのは、非常に難しい。

しかし、金額と平面図などしか送って来ないのは、そもそも自分たちが家というものに何を望んで建てるのかがあまりに不明確であることだけは、かなり明確に伝わってくる。

家の良し悪しは坪単価では図りきれない。
しかし、平面図を価格をチェックさせるのは、「この広さでこの価格は妥当なのかどうなのか?」ということと、「間取りからわかる使い勝手」を観て欲しいという意味で、顕在化しているニーズがその2点しかないことを明らかにしている。

だからいつも旧友には、ニーズの種類などを伝えるが、電話やメールだけでは伝えきれないもどかしさをいつも感じる。
スカイプで打合せをするか・・・

b0097729_9502548.jpg


住まいづくりは自分を知るところにある。
自分で自分を知ることが出来れば、僕らは不要だけど、自分を知るにはカガミのような対象者が必要だ。
そのカガミが自分を明確に映し出してくれているのかどうなのかが、ひとつポイントとなる。
平面図と価格しか送って来ないようでは、潜在化した自分やニーズをほとんど掘り起こしてくれていないと感じてしまう。

いや。
もしかすると、自分を知らないままでいるというニーズに応えているのかも知れない。

「選択」は「自分」だから。
顕在化しているか潜在化しているか、そのどちらの選択も自分を表現している。

そんな中で、僕が出来る事は、やはり少しでも自分を知ってもらう方向に話をするだけで・・・
きっと(平面図と価格を送ってきた)友人の顕在化した思いには直接的に応えられておらず、友人たちにはスッキリしない反応が返ってくると思われているのだろう・・・。
そのことも知ってる。。。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2013-10-15 10:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

何を得て、何を失うのか?

マクドでハンバーガーを食べる。
何を得て、何を失ったか?

モスでハンバーガーを食べる。
何を得て、何を失ったか?

ユニクロで服を買う。
何を得て、何を失ったか?

プラダで服を買う。
何を得て、何を失ったか?


いや!何も失っていないのかもしれない。
なぜならそれはニーズだから。
でも全ての事実を知っていた?
全てを知るのは大変でめんどくさい!?


車は軽(660cc)を買う。
何を得て、何を失ったか?

3L以上の排気量は欲しい。 ゼロクラウンを買う。
何を得て、何を失ったか?

車はプリウスを買う。
何を得て、何を失ったか?

車はTTを買う。
何を得て、何を失ったか?


いや!それは買った時点では解らないことなのかもしれない。
むしろ、比べるものが無いと、基準が無いと解らないのかも知れない。
でも、数字に表現できないものの方が多い。
目に見えないものの方が多い。


何を得て、何を失って良いのか?
いつまでに何を得たいのか?

そんなこと考えて毎日は過ごせない?
変化には対応できない?


あなたは何が必要で、そのために何を差し出すことが出来ますか?

[PR]

  by ecru-societe | 2007-08-31 17:11 | 日記 | Trackback(5) | Comments(0)

ニーズ

b0097729_1646158.jpgニーズ。

要望とか需要とかと訳しますが、この言葉。 かなり誤解を受けていると感じる。

「ニーズ」は「好み」とはちょっと違う。
「ニーズ」は「欲しいモノ」とはちょっと違う。

「ニーズ」は簡単に言うと買いたいモノだ。

好みでも実際に手に入れなければニーズとは言えない。。。
欲しくても買わなければ(買えなければ)ニーズとは言えない。。。

「ニーズ」という言葉の意味。

あなたは誤って使ってませんか?!

[PR]

  by ecru-societe | 2007-06-08 16:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

費用対効果

全ては費用対効果。
費用対効果を図り、必要か不要かを判断する。

必要と感じ、効果を得るために費用を支払うこと認めることをニーズと言う。

必要な効果を得るのに思いのほか安価で入手できた時を『安い』と言い。
必要な効果を得るのに思いのほか高価でしか入手できなかった時、もしくはその費用では不要と感じ座楼得なかった場合を『高い』と表現する。

b0097729_033997.jpg


自分達が費用を支払う時、以外にその効果を完全に把握しているだろうか?!

エンドユーザーの立場になった時、自分のニーズを的確に相手に伝えることが出来ているだろうか?

供給側になった時、エンドユーザーのニーズを正しく把握できているだろうか?

ニーズにしろ何にしろ、同じ認識を共有するには(共通認識を得るには)、的確なコミュニケーションを何度もとることしか他に方法は無い。

コミュニケーションは会話だけを指すわけではない。
もちろん、コミュニケーションの最も大切なモノのひとつが話をすることだが、他にもたくさん方法がある。
例えば手紙やEメール。
例えば絵や写真。
音楽や映像などなど。
それらはそれぞれに長所と短所があり、適材適所がある。

b0097729_0153011.jpg


どのようなコミュニケーションでもいい。

ユーザー側、供給側、相互の費用対効果へのニーズを共通認識にすることが、信頼関係を築いていく上で不可欠で、そのためにコミュニケーションは必要。

決裂の為ではなく、構築の為に互いの誠を交わすことが最低必要。

先ずは上記の共通認識を持つところからスタートかな?!

[PR]

  by ecru-societe | 2007-04-11 00:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

意図

b0097729_03032100.jpg


自分は見ていないのですが、家内が言うのです。
バリバリバリュー紳助さん安藤忠雄の設計した建物は使い勝手が悪いって言ってたでぇ~』って。。。


安藤忠雄さんに設計を依頼した意図は?!


紳助さんが安藤忠雄さんの建物を選択し、使用した結果が使い勝手が悪いと感じたのなら、それは安藤忠雄さんが悪いのではなく、安藤忠雄さんの建物を選んだ紳助さんが間違いだということに、どれだけの人が気付いているのだろう?!

そう思いました。

安藤忠雄さんには明確な思想や意図があります。
それは全てにおいてツジツマが合っているように自分には観えます。
だから安藤忠雄さんの建物は美しく映るのです。

紳助さんはなぜ安藤忠雄さんの建物を選ばれたのでしょうか?

もし、有名な建築家が建てた建物だとステータスだからなら、もう既にその目的は果たしたはず。
安藤忠雄さんが紳助さんにとって使い勝手がいい建物を設計してくれると思ったからなら、それは安藤忠雄さんの仕事ではないですし、安藤忠雄さんもそんな仕事は請けられないと思います。
それは、安藤忠雄さんには安藤忠雄さんの哲学があるから、全てに意図があるからです。


なぜ、その人、その会社に設計や施工を依頼したのですか?!
そしてあなたのその意図は、本当にその人、その会社と一致していますか?!

b0097729_0301378.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2007-02-11 00:31 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(2)

b0097729_14423660.jpg


先日もココでご紹介した、1/100のアルファ・ロメオ。

よく見るとホイルのデザインまでちゃんと表現されており、タイヤのインチまでちゃんと1/100になって表現されています。
かなり芸が細かい。

写真は私の愛車。 Alfa Romeo 156 の模型です。

では、こちらをご覧ください。

b0097729_14444229.jpg


実はこちらが私の愛車である Alfa Romeo 156 の模型です。

どこが違うかお解かりですか?!

b0097729_14474518.jpg


こうすればよく解りますか?!
ではこうではどうです?!

b0097729_14485639.jpg


そうです。バンパーとフェンダーミラーやピラーの色が違います。

実際の156は2番目の写真のようにバンパーやミラーやピラーがつや消しの黒に塗装されています。
そして、このことは156の形状やイメージにおいてすごく大事なことなんです。

ここは再現してほしかった。。。

b0097729_14522896.jpg


ミラーやピラーが黒いと全体的な形状がシンプルに見えてきます。

156の魅力は流れるように滑らかな、そのボディーラインにあります。
ドアを開けるレバーのデザインも、前から後ろへのラインの邪魔にならないように、前面ドアの引き手はそのライン上に、後部ドアの引き手は多くの人がその存在に気付かないぐらいの位置にレイアウトされています。

バンパーのひげのような黒いラインは、面が水平から垂直変わる部分を表しています。

色の面を広く見せないで、一面一面狭くすることでシャープなイメージになります。
156は最高速度250Km/hというそのスピード感を、ボディーラインやすべてのディテールの形状に表現されています。

色だけでもこんなに意味があります。
色だけでもこんなに意味合いを変えることができます。

色の持つ意味をもう少し大事に、156を表現して欲しかった。
そう思いました。

でも156をミニカーにしてもらえて、それだけで嬉しかったんですけどねw

b0097729_18482695.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2007-02-01 15:06 | CAR(車) | Trackback | Comments(0)

『高い』 と 『安い』 其の弐

先日、金額が『高い』・『安い』は『費用対効果』で、正確には単に『金額の多少』を表す言葉ではないというお話をしました。

『費用対効果』 つまり 『価値』

b0097729_22524068.jpgこの価値の感覚(価値感)は人によって違います。

例えば、先日、アルファ・スパイダーはメーカー希望小売価格が500万円程度ですが、この金額でこの車が欲しい(≒適正価格もしくは安い)か?欲しくない(≒不適正価格もしくは高い)か?と言うことが価値観です。

この価値観は人によって様々です。

つまり『高い』・『安い』という感覚(得るものに対しての許容価格)は人によって違います。
それはひとつの個性です。
それが色々な機能的感覚や美的感覚や社会的感覚などに影響します。
そして選択に個性が観えてきます。
その個性を一定のカタチにすることが『デザインをする』と言うことです。

以前お話したように『デザイン』は『ニーズ』・『機能』・『美』の3つの要素が必要です。
つまり、デザインには『高い』という言葉は本当はないはずなんです。
デザインはその人のニーズをカタチにする作業なので、『機能性』・『芸術性』・『社会性』・『経済性』など全てにおいてニーズを満足していることが不可欠だからです。
(但し、その人以外の人たちには『高い』・『安い』が存在しますけど。。。)

ちゃんとしたデザインが出来るデザイナーなら、上記のコトが充分に理解できているので、きっとあなたのご希望の価格でご希望のモノを総合的にデザインしてくれることと思います。

自分の美的センスや金銭感覚などを押し付ける人は、全くデザイナーではありません!!
デザイナーはあなたの『高い』・『安い』を探求する人たちです。

b0097729_23503972.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2006-12-19 00:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

『高い』 と 『安い』

b0097729_035970.jpg
今日はカフェ・ノーツで考えた。
皆がよく使う言葉。価格が『高い・安い』ってことについて。。。

すごくなじみがあり、日常に何度も使うのこの言葉ですが、間違って使われている場合が多い気がするのです。
b0097729_0353243.jpg
上記の『A』と『B』を形容詞で表現するとどうなりますか?

『A』 ・・・ 高い 『B』 ・・・ 安い ですか?
そう! 違いますね。

『A』 ・・・ 多い 『B』 ・・・ 少ない
コレが正解ですね。

では、これではどうでしょう?
下の写真の車(アルファ・スパイダー)の金額が『A:1000万円』 『B:300万円』だとした時の形容詞での表現は?
b0097729_0443258.jpg

『A』 ・・・ 高い 『B』 ・・・ 安い
コレは正解ですね。
スパイダーはメーカ希望小売価格が460万円から610万円程度なのでそうなります。

これでお解かりのように、『高い』 『安い』って言葉は、金額が多いか少ないかではなく、費用対効果の結果を表す言葉です。

『高い』 は、支払った金額の割には、得たモノの価値が予想以上に少ない時に出てくる言葉。
その反対の
『安い』 は、支払った金額の割には、得たモノの価値が予想以上に多い時に出てくる言葉です。

『家は高い買い物』とよく耳にしますが、ショックです。
家を買われた方が、支払った金額に対して得たサービスやモノが予想以上に少ないと思われているのではないか?
一瞬そう思うからです。

多分言いたいことを正しく表現すると
『家は高価なモノ』

あなたは 『高い』 『安い』 を正確に使っていますか?!
間違えてしまうと、知らずに誰かを傷つけることになりますよ!!
ご注意を(笑)

[PR]

  by ecru-societe | 2006-12-17 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ニーズ

世の中に存在するモノは、全て必要とされて存在している。
多分そう。
不要なものは自然淘汰され、必要なモノが残っていく。

必要なモノは人によって違う。
ある人に全く不要なモノも、ある人にとってはすごく必要だったりする。
だから、絶対正しいとか、絶対良いとか、絶対的なモノは無い。

多くの人が必要としているものだけが必要なモノではない。
そして多くの人が必要としているものだけがいいモノでもない。

でも、自分の目線でしかほとんどの人は判断できないから、自分の目線で人に薦めてします。
それも実は良かれと思いしていることで、それは『愛』だ。
きっと『愛』だ。
でも、愛ゆえに、押し付けになったりすることも多々。。。

必要なモノは人によって違う。
それを知っていれば押し付けにはならないし、押し付けとは思わないのだけど。


でも、本当に必要なモノだけが残るのだろうか?
不要なモノが消えているのだろうか?

その時代、その時代に必要なモノも変わる。
そういうこともあるか。。。
なるほどね。 気付くか気付かないかってこともあるってことか。。。

[PR]

  by ecru-societe | 2006-12-07 18:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

DESIGN

自分が好きな番組にNHKの『プロフェッショナル・仕事の流儀』がある。
『プロフェッショナル』はエクリュの経営理念にも使われている言葉で、自分がとても大切に考えている言葉。
その言葉がタイトルとなっているこの番組。
とても素晴らしい人たちのとても素晴らしい考え方を見聞きできる素晴らしい番組だ。

今日はスペシャルだった。
途中からしか見れなかった(最後の方だけ、、、)が、自分の好きな奥山清行さんの話は聞けた。

b0097729_2311373.jpg
その中でデザインという話があった。
すごく共感できる話がいっぱいあって、番組を見てて嬉しかった。

その中でも、『デザインが自分の中から出てくると考えている人が多いが、デザインはお客様から引き出してくるもの』という話があって、エクリュでもいつも言っていることで、とにかく嬉しかった。 解り合える人がいることを。。。(笑)

奥山さんとエクリュを並べて話のはおこがましいのだが。。。
とにかく嬉しかった。

自分が考えるデザインは下の表のようなコトだと理解している。
これがエクリュの考えるデザイン。

b0097729_23233928.jpg
このことは大学の時に荒木先生の授業でデザイン概論という授業があり、そこで教わったことを自分なりに表にしてみたモノ。
荒木先生に教わったのは、デザインの3要素。
デザインは3つの要素を満たしてデザインと呼ぶことが出来る。
そのことを教わった。

デザインは
①ニーズ ②機能 ③美
から成る。

①のニーズをいかに引き出しカタチにするか?
それが上記の表の概念だ。

今日の『プロフェッショナル』では、そのことが話されていた。
そしてデザインを含め、仕事や全てのコトで最も大切なモノ。
それはコミュニケーション。
という意見でも一致していた。
嬉しかった(笑)

プロフェッショナルとは?!
b0097729_10494974.gif

[PR]

  by ecru-societe | 2006-11-24 01:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE