タグ:原理原則 ( 6 ) タグの人気記事

 

無理が通れば道理が引っ込む

b0097729_017574.jpg


昔、設計事務所にいた頃。
カタログ(タイルやビニールクロスなど)を見ながら設計をしていると上司に怒られた。
「本物を見て設計をしろ!」と。

「レンガ積みの建物を知らずにレンガ風タイルを使うな!」
「石造りの建築物を知らずに石を仕上げに使うな!」
「2度もウソをつくな!(石調を石では出来ないような使い方をするなという意味)」
そう言われた。

その頃、そう言っていただいた事は、フェイクだらけの今だからこそすごく役に立っている。
ちまたに出回る偽物から本物を見分ける目を得た。

でも、「無理が通れば道理が引っ込む」。
本物であることがどれだけの人が重要だと思っているのか?
フェイクだらけで大半の人が本物を理解しないのに、本物である意味があるのか?
そんなことすら脳裏に過ぎってしまうぐらい、フェイクで溢れている。

一方的なものさしからのスペックや数字ばかりが出回り、その事だけは探求されているが、カタチの意味や感覚に訴えかける間合いや文化や、、、そういった数値化できない部分に対しては、価値を見出せないほどのフェイクがフェイクで無くなっていると感じてしまう時もある。

本物はそもそも一部の人のものだったんだけど・・・。
多くの人が手にできることは、とても素晴らしいことだけど、多くの人が手にしてしまうと無理が通ることもある。

本物であることは実はそんなに大げさな事ではない。
当たり前のことを当たり前に、自然の摂理に逆らうことなく自然のままにすれば本物になる。
しかし、この当たり前のことを当たり前にするのは、結構大変ではある。
フェイクを組み合わせる方が容易いし、しかもコストも本物に比べ格段に安い。

本物は手間の割には割に合わないような金額になってしまうのは、あまりによく出来たフェイクと比べられてしまったりするからかも知れない。
本物をつくることは、もはやつくり手のプライドに頼らなくてはならないほどだと感じる(お金ではなく誇り)。

まぁ、この時代。
何が本物かすら疑問だ。
何を持って本物とするのか? 価値観が多様化しすぎて、もはや共通認識の本物など残り少ないのかもしれない。
自然の摂理に従い、自然淘汰されていくのなら、もはや本物ではないとすら言えるのかも知れない。
プロの間でだけもてはやされる事は、そんなに意味のある事ではないのかも知れない。

ただ、自分は自分が感じる原理原則に沿いたいし、上司に言われて学んできたことは大切にしていきたい。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-04-15 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

決めていることのひとつ

いつも覚悟を決めている。
だから判断は変わらない。
だからデメリットもはらむ。

決めていることのひとつ。
『可能な限り継続する』 『継続を模索する』

例えばずっと一緒にいるって解ってると、安心する。
安心は胡坐をかくことにもつながる。
つまり甘えも生じる。

人には甘えなきゃいけない瞬間もあるだろう。
誰にも迷惑がかからない方がいいに決まっているが、みんなたくさん迷惑をかけて大きくなった。
誰にも迷惑をかけないことも難しい。
だからお互い様という感情が湧く。

湧けばいいけど、あまりに胡坐をかくと被害者意識や利己的な感情も芽生えないとは言えない。

例えばそんなデメリットもはらむ。
でも、安心の無い恐怖や抑止力などの抑え付けによって生まれる安定は、好まない。
だから、人間関係や、様々な関係などの継続を図る。



決めていることのひとつ。
『無理をしない』

継続に欠かせないのは無理をしないってことだと思う。
無理は続かない。
速くなくても目立たなくても、そんなことはいい。
大事なのは無理せず続けることだと思う。

例えば無理をしないってことが拡大解釈されて、怠けたり、力を出し切られなかったりすることにつながらないとは言えない。
つまり甘えも生じる。

人には甘えなきゃいけない瞬間もあるだろう。
誰にも迷惑がかからない方がいいに決まっているが、みんなたくさん迷惑をかけて大きくなった。
誰にも迷惑をかけないことも難しい。
だからお互い様という感情が湧く。

湧けばいいけど、あまりに胡坐をかくと被害者意識や利己的な感情も芽生えないとは言えない。

例えばそんなデメリットもはらむ。
でも、無理をして自分で無くなったり、その人らしくなくなったりしてしまうような関係は好まない。
だから様々な状況下での続けられない無理はしない。



決めていることのひとつ。
『自制をする』

人のせいにしあうような、そんな荒んだ人間関係は好まない。
だから例え自分を棚に上げて(お互い様だと言う考えを持たないで)自分(わたし)のせいだと言う人が出てきても、「お前こそ人のせいにするようなことをして!!:怒」と感情を荒立てるより、言われるには自分に欠如した部分があるからだと、自分の粗を探すような人間でありたい。
そうは思っている。
出来ない時も多いけど・・・
そうは思っている。

正しい人でありたい。
それがわたしの想い。
でも、正しくいることは本当に難しい。
原理原則は奥深い。

それに、メリットとデメリットは表裏一体。
いくら正しいと思っても、いつもそうではない。

だけど、だからと言ってその度に考えをひっくり返していたら、誰にもどんな関係にも信頼を生むことは出来ない。
信頼の無い関係はありえない。
「無信不立」

だからデメリットの部分が表面化したときも、あわてず、焦らず、決して変えないこと。
『継続すること』 『無理をしないこと』
このことは無理をせず続けていく。

あと、続いていく安心感に胡坐をかくことなく、自制する。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-10-17 01:11 | 日記 | Trackback | Comments(4)

原理原則

その場その場で状況などに合わせる(ケース・バイ・ケース)。
人によって態度や対応を変える。
時代や政治や状況や人のせいにして、昨日熱く語ったコトを手のひらを返すように態度を変える。

全ての物事は、固定した時(変化をやめた時)から風化が始まるけど、、、
そうも変わってしまうと何を信じて、何を軸にして接していけばいいのかも解らない。

まぁ、変わらないものなんか何も無いんだろうけど。。。

だから自分は原理原則を大事にしている。
原理原則は時代をも超えて多くの人が大切に考えてきたことだから。
そしてコンセプトを大切にする。
それすら変わっちゃうと、もうなんでもないから。

変わらないことはリスクだと思う。
でも、変わることもリスクがあることだと思う。
変わらなきゃいけないこともあるけど、変わっちゃ(変えちゃ)いけないこともある。

自分達だけのことではなく、出来るだけ広い範囲の方々に納得がいく状況をつくれる変わらないことを持っていることが多くの信頼を得ることになり、つまりは長く生かされることにつながるのだと思う。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-08-12 00:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

実は「出来る」じゃなく「させてもらえている」ということ。

何だか大人に成ると、簡単だと思ってたことがとても難しく。
とても不思議な気がします。

一番簡単だったことほど、本当に理解でき、行えるのはずっと先であると感じます。

大人に成ると世界が広がるからなのかな?
広がれば広がるほど、難しくなるのかな?





そう言えば先日珍しい人が会社に来ました。
会社を興したときに、興したことで付き合いを切られてしまった会社の専務さんです。

その会社(以前専務として勤められていた会社)に(会社の社長に)裏切られ、新しい会社に勤めることになったから、もう一度付き合いを始めてくれないか?との話でした。
あの時は社の方針で致し方なかったが、今は晴れて自由の身なので、付き合いを再開して欲しいとのことでした。
一番大事な時にあれだけ馬鹿にしておいて、逆にココに来られたのはすごく強かと言うか、必死なんだなぁ~と感じ、立派だとすら思えました。

自分にも出来るだろうか?
自分は自分の居心地のいい所で生かしてもらっているに過ぎないんじゃないか?

サラリーマンの時は自分の力があまりに及ばない世界の中で、自分を殺さないと存在できない時もありましたが、今は周りの方々にも恵まれ、自分であることを許されて生きていると感じました。

そうじゃなく、もっと多くの方々と接する社会で生きておられたり、影響力をお持ちの方なら、自分よりもっと原理原則が難しいのだろうなぁ~と思いました。

上記のようなことを考えたのは、その珍しい方に自分の会社の理念などをお話しすると
「理想ですね」
と言われたからでした。

今、理想ではなく現実なのは、本当に周りの方々のおかげで。
自分はもっと大人に成らないといけないのだろうけど、助けられているのだろうなぁ~と、その珍しい人と話しながら考えていました。

暖かい環境に感謝するとともに、甘んじるのではなく更なる向上を望まないとと感じ、理想通りにコトが行われているのは明らかに自分の力ではなく、お客様をはじめ、周りの方々に支えられているからだと思い知らされるのでありました。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-04-09 00:01 | 日記 | Comments(0)

うちの長男

b0097729_23414640.jpg


子供や女性ってすごいって思うのは、柔軟と言うか、しなやかというか。。。

地球上では不条理なことが普通に起こります。
生まれたばかりの何の罪も無い赤ちゃんにですら、事件や戦争に巻き込まれたり。
いつも人の為に尽くしている人が罵られたり。。。
道理と言う「ものさし」ではどう考えても測れないことも起こりうるのが現実だったりします。

それでも人や全ての生物は生き続け、また道を見つけます。
その強さ、しなやかさに感動します。

子供や女性って、腕力が弱いだけに成人の男性に比べて不条理なことに出くわす可能性が高いからでしょうか? それとも動物的な本能が強いのでしょうか?
女々しいのは大体男の方で(笑)、その強さやしなやかさの能力が非常に高いと感じます。

以前ご紹介した「かもめ食堂」を観ていても、女性のしなやかな強さを思い知らされました。

b0097729_23582435.jpgうちの長男も子供なので、状況を受け入れる強さと言うのでしょうか・・・条理か不条理かではなく自然にしなやかに状況にあわせて対応してしまう能力が非常に高いのです。

また、すばしっこいと言うか、状況判断のCPUの性能が高いので…難しいんです。
意図をいち早く察知され、考えるより早く、感じてしまうと言うか・・・
いわゆる子供や女性の強みをガッツリ持ってます。

そのため
「自分がどうしたいのか?」ってことより、「どうすればベターか?」ってことに反射神経的に選択がいってしまうのだと思います。

チーズはどこへ消えた?」のねずみですね。

だから強みなんです。


でも、わたしはそんな長男に「お前はどうしたいんだ?」とか、「お前の気持ちはどんなんだ?」とか、もしかしたら長男にとっては愚問かもしれない質問を繰り返します。

もちろん、長男との調和などを図りたいからなんですが、、、

それにその質問を繰り返すことで、長男の中で簡単だった問題が難しくなってしまう気がします。

ベクトルを持ち、主張のできる人。 そしてコミュニケーションなどにより調和を図れる人。
感じることの出来る人。 そして察することにより調和を図れる人。

同時にわたしの中でも難しくなります。
でも、正しいことなら、長男にもわたしにも解ります。
原理原則。 それが頼りで、共通認識です。

「解かる」と「感じる」 ・ 「理性」と「感性」
その両面を持ち、その両面から判断できる力が必要なんでしょうけどね。
頻繁に相反する時があり、でも、それを一致させていくことが大人に成るってことなのかも知れないと、彼を想う時、考えたりします。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-03-26 00:23 | 家族・地域 | Comments(2)

心に響く言葉

b0097729_2252321.jpg
人は不合理 非理論 利己的です
気にすることなく人を愛しなさい

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく善を行いなさい

目的を達成しようとする時、邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなくやりとげなさい

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れ去られるでしょう
気にすることなくし続けなさい

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい

あなたの作り上げたものが壊されるでしょう
気にすることなく作り続けなさい

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく助け続けなさい

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい
蹴り返されるかもしれません
それでも気にすることなく最良のものを与え続けなさい

(マザー・テレサ)



b0097729_22522955.jpg
お友達のお友達がブログに書かれていたものです。
断り無くいただいてきてしまいましたが、素晴らしい言葉なので掲載いたしました。


人のせいにしていたら何にも出来ない。
全て自分自身の問題だ


ってことだと自分は思いました。

人にどう思われるか? ではなく、自分が正しいと信じる道をただコツコツと歩んでいくのみ。
では、正しいとはどういうことなのか?

自分はどんな局面においても同じ姿勢がとれ、筋が通っていることだと思います。
もっと簡単に言うと原理原則だと思うのです。

色々なことを考えさせられる言葉です。




以前ご紹介したハナレグミの言葉を最後に付け加えておきます。


『自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ』
『だれも一人ぼっちには なりたくないから』
『でも 君はそれでいいの?』
『夢の続きはどうしたの?』

[PR]

  by ecru-societe | 2006-09-06 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE