タグ:品質 ( 7 ) タグの人気記事

 

品質

最近のニュースで目立つのが、北への報道より中国への微妙な報道。
万博がスタートしたことや、米軍基地の移転先に揉める中の中国の軍備拡大など。
日本のGNPは来年にも中国に抜かれるなどネガティブな表現の報道が目立つことも、中国の勢いに推された雰囲気が伝わってくる。
アジアが急激に発展してきていると考えるのは、楽観的なのだろうか?

中国バブルにあらゆる業界が色々な影響を受けている。
マグロやウナギが手に入りにくくなっているのも中国の影響があるとニュースで見る。
高級食材への影響。
冷凍食品のずさんな管理問題。
両極端だ(笑)。

ただ、中国の方の生活が豊かになるにつれ、住環境も食生活も衣類も品質を問われだし、違法なコピー品やまがい物が評価されなくなってきているとも報道されている。
いいことだと思う。

しかし、品質の理解って、中国の方だけに関わらず日本人もどれほどの人達が理解しているのだろう(できるのだろう)とは感じる。
焼印が押されていればそれは文字通りブランド。
ブランドなら品質は間違いない(?)。

ブランドも大切なファクターかもしれないが、品質と言えば数値を想像するのでは?

建築でいうとQ値やC値などの値も品質を表すが、それも全てを表現できるわけではない。
むしろ品質は数値に置きかえれないものの方が多いと感じる。

品質が問われだしている。
って、何が問われているんだろう?(笑)
ISOか? 保証か? 信用か?

品質って・・・何がご存知ですか?(笑)




http://www.ecru-arc.co.jp/shiru/archives/category/5-design#post-639

[PR]

  by ecru-societe | 2010-05-04 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

リノベーション


 【起】

ご無沙汰してた MOJI CAFE に行ってきた。
CASA ブルータス に付いていたDVDを見た。

だからってわけじゃないけど・・・。
前々から思ってて、考えていることがある。



 【承】

建築の質(品質)は5つの軸があると大学時代に習った記憶がある。
それは「社会性」「芸術性」「機能性」「経済性」「生産性」だ。

最近、200年住宅(超長期優良住宅)や長期優良住宅などが言われ、かなり現実味をおびてきている。

生産活動を鈍化(業界の縮小)させてまで行う最大の狙いは、環境への配慮。
建築はどうしても環境への影響があるからねぇ~。

断熱性能の高い建物(住宅)を普及させることで冷暖房にかかるエネルギーを抑え、CO2の削減を図る。
また、シッカリとした躯体と維持管理のしやすいの建物(住宅)とすることで、長く使えるようにし、スクラップ&ビルドではなくリノベーションを重ね、ずっと利用していける建築物とし資源やエネルギーの無駄を省くことを図る。

それには中古市場の安定が必要。
そこで、建物のスペックが一目で分かる共通のものさしとして性能表示制度を利用。

また、担保価値の向上・安定によりフラット50などを検討。

などと福田総理時代から検討を重ねてきて、ココ(麻生総理)に来てやっとカタチになりつつある。



【転】

でも、疑問に思う。
それは建築の質(品質)は5つの軸があると記憶しているからだ。

性能表示制度はその軸の1つの一部分にしか過ぎない。
スペックが安定的になったからといって中古市場が安定するとはとても思えない。。。

割れにくく、汚れが落ちやすい皿だからといって中古の皿を買うのだろうか?
わたしの場合はその皿にある背景に魅力を感じる。
例えば江戸時代に流行っていた食器である「馬の目」であるとか、柿右衛門の古伊万里とか・・・。
割れてなくなってしまうこのが残っているってことだったり、誰が作ったのかであったり、、、
生き継いで来たものとか。
まぁ、わたしの選択はマイノリティーだろうけど(笑)。



【結】

とは言え、動き出すことの方が重要。
動いていると問題も浮き彫りになり出すだろう。
そうなってから修正を重ねればいい。

[PR]

  by ecru-societe | 2009-08-19 17:32 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

長期使用製品 安全点検制度

今年の4月1日より「長期使用製品 安全点検制度」が施行されました。
浴室用電気乾燥機やビルトイン式電気食器洗器が適合されます。

使用開始から一定の期間(設計標準試用期間:10年)になるとメーカーから点検依頼をするためのハガキが送られてきます。
そのハガキを送り返すと有料でメーカーが点検に来ます。

義務と言うほどの拘束力は無いのですが、もし点検を実施せず財産や人命を失うことになったとしても、メーカーの製造責任は問えない事にはなるでしょう。



でも、そもそもどうなんでしょうか・・・。
スッキリと行かない気持ちも残ります。

と言うのは・・・

一定の規格から逸脱した品質の低下(瑕疵)は別として、
使用者責任って範囲ってのは制度により有償で点検を受けることのみなんでしょうか?



管理することで、一定の安定を得ることが出来そうには見えますが、管理され続ける人間の低下は瑕疵と捉えられないのでしょうか?

そもそも多くの世論がメーカーや企業のせいにして、(そのことに気付いてか気づかずかは別として・・・)自己責任を放棄しているように思えて・・・

考えすぎでしょうか?



大体、自分の安全やリスク回避の仕方やそもそもリスクの捉え方や、、、そんなものは個人で決められないのでしょうか?
そんなに多くの人は理解力が無いとの認識でしょうか?

明らかに食べ物でないモノに「これは食べられません」って説明が必要なのは・・・。
ちょっと地球に疲れます(苦笑)。



願っても願わなくても、「長期使用製品 安全点検制度」はスタートしています。
ご存知でした?

[PR]

  by ecru-societe | 2009-06-25 23:11 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

工場見学会

昨日はウッドリンクさんが主催される「工場見学会」にお客様たちと一緒に行って来ました。

朝、ウッドリンクさん福井営業所に集合してバスに乗り富山にあるウッドリンクさんの本社へ伺い、工場を見学するといったものです。

b0097729_9553134.jpg


b0097729_9563897.jpg


おうちの柱や梁や耐力壁などがどのようにつくられ、現場に運ばれみなさんのおうちに成っていくのか?
工場の生産ラインや品質管理状況などをご説明いただき、体感しました。

b0097729_10163662.jpg

b0097729_10173870.jpg


また、将来的に来る確立が高まっていると言われている東海沖地震を体感できる地震車に乗ったり、実際の構造体に地震時にかかってくる水平力をそうていしてテンションをかけ、破壊実験をしたりもしました。
あとは金物工法の施工体験も。

b0097729_11152338.jpg

b0097729_11155934.jpg


建築の質は大きく分けて5つのファクターから評価できると言われています。
それは「社会性・芸術性・機能性・経済性・生産性」です。

耐震性や断熱性は機能性にあたり、建物の基本的なスペックではありますが、建築の質の一部であり、仕上げの美しさやファサードやディテール、テクスチャーなどから受ける精神性な部分、つまり芸術性などもお客様のご要望が大きい部分でもあります。

5つのファクターのうち、どのファクターにどれだけ費用を投じるか?
その割合がお客様の価値観でもあり、ご判断も難しいところでもあります。

ただ、様々な情報がないと選択肢すら知りえないことになりますし、(比較的)正確な判断が出来なくなってしまうと言うことにもなります。

事実を知ることはある意味リアルな選択を突きつけられ、お客様にとっても苦渋の選択になり、辛いことかも知れません。
「知らぬが仏」などと能天気なことわざもあります。
しかし、自分の選択に自分で責任を負わずして、本来のあんしんや満足や誇りを得ることが本当に出来るのでしょうか?

わたしは、そう思います。

そういった意味でも、この日の体験は非常に貴重な体験で、お客様をさらに悩ませて閉まったかも知れませんが、そこから生まれてくるおうち(カタチ)は、きっとご満足を得ていただけるものと信じています。

とても素晴らしい体験だったと思います。

b0097729_11522150.jpg




Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2009-04-30 11:52 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

ナレッジ

ナレッジにフィーが発生するって当然が、そうではない時が結構ある。
たとえそれが容易に得れるナレッジであっても、人のナレッジを利用すればフィーが発生すべきだと思う。

でも中々そうでもない時がある。
むしろナレッジは営業としてFREEになり、物の売買にフィーが発生するというカタチが一般的だと言っても過言ではない。
それに疑問がわく時が少なくない。



ただ、ビルダーのフィーはナレッジを失うごとに減ってきているのは事実だ。

姉歯事件以来、ビルダーの信用は底を突いた。
その結果、Q・C・D・S・Eで表されるビルダーの仕事(管理)のQ(品質)に対しての基準や保証などが今年の10月から保険会社に移行する。
そのフィーは確実にビルダーから保険会社に移行する。

当然のこと。
しかし、ビルダーは自分達の役割をしっかりと認識し、そのナレッジを充実させ続かないと、フィーは減り続け、より力を失うことになる。
そのことに、どれだけのビルダーが気付いているのだろう?

[PR]

  by ecru-societe | 2009-03-23 22:22 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

住宅性能表示制度

たまには建築関係の話でもしましょうか・・・。

っとその前に、本日、明日(12月13・14日)10時~16時。
江守の里2丁目にてエクリュ2008冬構造説明会(構造内覧会)を開催いたします。

どうぞお越しください!!



さて、建築の話でしたね。

『住宅性能表示制度』ってご存知でしょうか?
今日は『住宅性能表示制度』についてお話します。

住宅性能表示制度とは住宅の性能を10の分野にわたって一定のものさしで等級や数値化し、表示する制度です。
そのものさしにより、住宅の質の良し悪しを解りやすく共通認識にするものです。

10この性能項目は以下です。

 ① 構造の安定
 ② 火災時の安全
 ③ 劣化の軽減
 ④ 維持管理・更新への配慮
 ⑤ 温熱環境
 ⑥ 空気環境
 ⑦ 光・視環境
 ⑧ 音環境
 ⑨ 高齢者等への配慮
 ⑩ 防犯対策

評価は、国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が行います。 また、設計段階と建設工事・完成段階の2段階のチェックをします。

業者よりでない公正な立場で建物のチェックはもちろん、万が一のトラブルや紛争などにも対応してくれます。

しかし、福井の実情は大手ハウスメーカーの建物を除くとほとんど(全くに近いほど)利用されていません。
関西にいた頃はほぼ一般的だという認識でしたが、福井では皆無に等しいほど利用したとのコトを耳にしません。
わたしが思うに、福井はコミュニティーがシッカリとしていて、人と人(業者とお客様)の信頼が確立しているので、第3者機関の介入の必要性が薄く感じられるのでしょう。

今まではそうでしたが、今後は信頼性という部分もですが、金融機関や保険会社からのサービス、及び税制優遇など様々な意味合いで『住宅性能表示制度』を利用したことによるメリットも充実してきます。

また中古市場となっても『住宅性能表示制度』により評定を受けた建物は、信頼性を継続するので、資産価値としても安定する結果になったりもします。

行政では200年住宅(超長期住宅)などにも代表されるように、環境問題からスクラップ&ビルドからの脱皮を図る意味や、CO2の削減。 また、35年ローンならず50年ローンなどにより住宅購入がしやすくなるコトなども念頭に置き、住宅の品質(性能)の向上による可能性をあらゆる面から検討しています。

つまり『住宅性能表示制度』が今まで以上に重要な役割を果たすようになってくるとわたしは感じています。



ただ、わたしが大学で学んだ建築に質は5つのファクターがあると教わりました。

5つのファクターは以下です。

 ⅰ 社会性
 ⅱ 機能性
 ⅲ 芸術性
 ⅳ 経済性
 ⅴ 生産性

性能はⅰやⅱなどの一部にしか過ぎません。

全てを一定のものさしで測るのは中々難しい・・・。
でも、『住宅性能表示制度』はひとつのものさしとして共通認識となり、重要な役割を果たすのだと思います。


今日は久しぶりに建築関係の話をいたしました(笑)。




Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2008-12-13 00:00 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

200年住宅

久しぶりに建築の話でもしようかな。。。

200年住宅って考え方で政策をまとめる動きがあります
200年住宅とは、すごーく頑丈な家をつくるって言うよりは、一定のしっかりした建物をつくり維持メンテナンスを充実させることでスクラップ&ビルドではなく、建物を長持ちさせていこうって考え方です。

以前もエクコミュで「建物の寿命」ってタイトルでせっかく長持ちするように建物が造られても、文化的で貴重な建物でさえも短命で壊されてしまっている悲しいお話をしましたが、スクラップ&ビルドではないメンテナンスやリニューアルを繰り返すことで建物を長く利用して行こうと言う動きです。

15年ほど前からリニューアル部などといった建物の維持やリニューアルを推進させていく部署がゼネコンさんなども増えましたが、環境問題・エコなどが差し迫って解決を求められる今日に、政治も動き出しました。



200年住宅をコンセプトに各機関が動く中、建物の性能表示などの第三者機関によるチェックや検査や保証なども着目され検討されているのだが、、、あるデーターがある。

そのデーターとは「住宅性能表示制度」に関するものだが・・・
都市部では性能表示制度が行われるようになった2000年以降からその制度を利用される方が増えているのだが・・・
郊外部ではそうではない。
ちなみに福井の場合は、地元のビルダーで建てられる方はほぼ全てと言っても過言でないくらいどなたも利用されていない。

ココであることに気付く。

例えば福井の場合、お客様と工務店さんなどの(知り合いだったり友人だったりすることもあり)信頼関係がしっかりしているため、第三者機関が入る隙間がないのだろう。
それに対し、人の距離感が遠いというか、コミュニティーなどもしっかりしていない個人主義的な都会では自己責任との考えもしっかりしている反面、2者間の信頼関係は福井ほどは築きにくい環境なのかもしれないと感じた。

しかし、法令などは第三者機関の参入を具体化して行っている。
これは必ずしも悪いことではない、お客様の費用負担は増えてはしまうけど、TQCやTQMの考え方に基づき、品質などの安定的確保につながり、あんしんにも繋がることではある。

信用や信頼は具体的でなければならないとも思う。

その一方、福井の、人を信用する風土は大事にしていきたいと思う。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-05-31 00:47 | 住 (建築・インテリア) | Trackback(1) | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE