タグ:200年住宅 ( 7 ) タグの人気記事

 

ウッドワン研修(財団法人ベターリビング)

昨日はホテル金沢にてウッドワンさんの研修があり、弊社も参加させていただきました。

エクリュはウッドワンさんが行われている長期優良住宅先導的モデル事業(超長期優良住宅・俗に言う200年住宅など)の認定工務店に加えていただいています(つまり、エクリュは超長期優良住宅のお住まいをご提供できます)。

ウッドワンさんが考える住まいづくりのありかたがエクリュの考え方に一致していると認めていただいたからです。

その考え方とは、家(カタチ)をご提供するのではなく、住まいや関係など形だけでない部分のサービスをご提供することで、よりお施主様にあんしん・満足・誇りをご提供できたらと考えているところだと認識しています。



研修の中で、財団法人ベターリビングさんからのお話がありました。

そのお話にとても感動したのでご紹介いたします。



財団法人ベターリビングとは・・・
なじみが深いのはBL認定品など、ある一定の水準をクリアした商品に(財)ベタールビングが認定されたもので、メーカーさんなどのカタログにBL認定品とかかれたものなどを目にされた方もおられるのではないでしょうか?
そのような、優良住宅部品認定事業。

その他としては、つくば建築試験研究センターにて様々な実験や評価などを行っておられる団体です。

その(財)ベターリビングさんから、今までの住宅産業に関する国策と今後の住生活産業に関する国の考え方を、データや取り巻く環境などからご説明をいただきました。



戦後の住宅不足に対応する為、国は様々な政策を実行してきました。
昭和25年 住宅金融公庫こ設立
昭和26年 公営住宅法の制定
昭和35年 日本住宅公団の制定

これらを中心に
昭和41年 「住宅建設計画法」を制定
5年ごとに建設戸数目標策定し、量の確保を図ってきました。
この政策は40年間(8期)続きました。

これらの政策で、住宅の量は確保できましたが、資産価値が平均15年で消滅してしまう住宅や平均30年で壊されてしまう住宅(欧米は70年)など住宅を使い捨てするような状況も同時に生まれてきてしまいました。
そしてその結果、豊かな暮らしが実感できないといった国民意識が芽生えました。



「豊かさが実感できない」「少子高齢化」「環境問題」
様々な取り巻く環境から国は新たな住宅政策へ、転換します。

それがフロー消費型の社会からストック型への転換です。
つまり量から質への転換です。

ここまでは学校で習いました(笑)。



実際目に見えるカタチでそれらのことが実感できるのは、以下のような内容です。

平成18年 住生活基本法の制定
平成21年 長期優良住宅の普及の促進に関する法律

・ 木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)
・ 住宅エコポイント
・ 長期優良住宅先導的モデル事業
・ 既存住宅流通活性化等事業



つまりこう言うこと。

「量」 ⇒ 「質」
「建築基準法」 ⇒ 「住生活基本法」
「規格化した商品化住宅」 ⇒ 「住まい手の暮らしを重視した住宅」
「値段」 ⇒ 「価値」

への転換とも言い換えることが出来ます。



(財)ベターリビングの方にお話いただき、とても感動したのはココからです。

今までは住宅を売ってきたという雰囲気がありましたが、これからは「売り手」と「買い手」の関係では無く「良きパートナー」としても住まいづくりが本当に求められてきます。
地域に、お施主様に密着した「暮らし」のサポートが我々のやるべきこと。
「住宅産業」から「住生活産業」への脱皮が必要です。

嬉しいお話でした。

ここ最近、住宅の性能ばかりが問われてきました。
性能表示制度や長期優良住宅もそういう部分が大きいです(超長期は少し違う部分もあります)。
スペックを上げることがいい住宅をつくることのように。。。

でも、エクリュでは建築の質を5つの軸で図っています。
もちろんスペックも大切な軸のひとつです。
でも、まだ、4つもある。
また、建築(器)の質よりもっと大切なものがあります。

この日のベターリビングの方のお話は、そのことを仰っていたと思います。



私たちの「豊か」って感じる定義が難しいように、この問題は難しいです。
想いやカタチの無いものだけで豊かを実感し続けることが出来るほど、人は強くもないのかも知れません。
やはりカタチは必要です。

でも、私たちがやらなければならないことは、お施主様(住まい手)の豊かな暮らしづくりをプロフェッショナルとして応援・援助し続けることであることは、間違いないと実感できた研修でした。

とても素晴らしい研修でした。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-06-23 09:36 | Écru Société | Trackback(1) | Comments(0)

「穏景の家」先行内覧会

b0097729_092395.jpg


まもなく「穏景の家」先行内覧会を開催いたします。
多くの方に足をお運びいただきたいと思ってます。
また、「穏景の家STORY」では、穏景の家が出来るまでのストーリーをご紹介しております。
穏景の家STORY」をお読みいただいてから内覧会へ起こしいただくと、より楽しく見ていただけるのではないかと思います。
そちらへも遊びに来てください。
では、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

開催日:2010年2月13日(土)・14日(日)・15日(月)

開催場所:福井市西方2丁目



内覧会会場付近で、わたしが気に入ってるお店をいくつかご紹介します。
内覧会に来られた際、立ち寄られてはいかがですか?

b0097729_0301939.jpg


Cioccolata
イタリアンレストランです。
コーヒーも美味しいです。


b0097729_0333238.jpg


餅の田中屋
わたしはコーヒーわらび餅が好きです。


b0097729_0361563.jpg


きょうや
昔、花堂にあった頃からよく行ったお蕎麦屋さん。
おいしいです。


b0097729_0405864.jpg


アギー
ここも和田東にあった頃からよく行ったお店。


b0097729_0435380.jpg


シックスプラスカフェ
カフェ飯がおいしいですよ!
当然コーヒーもおいしい。

[PR]

  by ecru-societe | 2010-02-03 00:07 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

エクリュ構造説明会 @福井市西方2

b0097729_942098.jpgエクリュ構造説明会

10月24(土)・25日(日)
10:00~16:00

福井市西方2丁目


急に寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?

さて、この度、福井市西方2丁目にて
「エクリュ構造説明会」を開催いたします。

今回の建物は「長期優良住宅」の基準で
設計されています。

「長期優良住宅」ってご存知ですか?

ご説明させていただきますので、この機会に
是非、「エクリュ構造説明会」へお越し下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。





Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2009-10-19 09:52 | エクリュからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

住宅性能表示制度

たまには建築関係の話でもしましょうか・・・。

っとその前に、本日、明日(12月13・14日)10時~16時。
江守の里2丁目にてエクリュ2008冬構造説明会(構造内覧会)を開催いたします。

どうぞお越しください!!



さて、建築の話でしたね。

『住宅性能表示制度』ってご存知でしょうか?
今日は『住宅性能表示制度』についてお話します。

住宅性能表示制度とは住宅の性能を10の分野にわたって一定のものさしで等級や数値化し、表示する制度です。
そのものさしにより、住宅の質の良し悪しを解りやすく共通認識にするものです。

10この性能項目は以下です。

 ① 構造の安定
 ② 火災時の安全
 ③ 劣化の軽減
 ④ 維持管理・更新への配慮
 ⑤ 温熱環境
 ⑥ 空気環境
 ⑦ 光・視環境
 ⑧ 音環境
 ⑨ 高齢者等への配慮
 ⑩ 防犯対策

評価は、国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が行います。 また、設計段階と建設工事・完成段階の2段階のチェックをします。

業者よりでない公正な立場で建物のチェックはもちろん、万が一のトラブルや紛争などにも対応してくれます。

しかし、福井の実情は大手ハウスメーカーの建物を除くとほとんど(全くに近いほど)利用されていません。
関西にいた頃はほぼ一般的だという認識でしたが、福井では皆無に等しいほど利用したとのコトを耳にしません。
わたしが思うに、福井はコミュニティーがシッカリとしていて、人と人(業者とお客様)の信頼が確立しているので、第3者機関の介入の必要性が薄く感じられるのでしょう。

今まではそうでしたが、今後は信頼性という部分もですが、金融機関や保険会社からのサービス、及び税制優遇など様々な意味合いで『住宅性能表示制度』を利用したことによるメリットも充実してきます。

また中古市場となっても『住宅性能表示制度』により評定を受けた建物は、信頼性を継続するので、資産価値としても安定する結果になったりもします。

行政では200年住宅(超長期住宅)などにも代表されるように、環境問題からスクラップ&ビルドからの脱皮を図る意味や、CO2の削減。 また、35年ローンならず50年ローンなどにより住宅購入がしやすくなるコトなども念頭に置き、住宅の品質(性能)の向上による可能性をあらゆる面から検討しています。

つまり『住宅性能表示制度』が今まで以上に重要な役割を果たすようになってくるとわたしは感じています。



ただ、わたしが大学で学んだ建築に質は5つのファクターがあると教わりました。

5つのファクターは以下です。

 ⅰ 社会性
 ⅱ 機能性
 ⅲ 芸術性
 ⅳ 経済性
 ⅴ 生産性

性能はⅰやⅱなどの一部にしか過ぎません。

全てを一定のものさしで測るのは中々難しい・・・。
でも、『住宅性能表示制度』はひとつのものさしとして共通認識となり、重要な役割を果たすのだと思います。


今日は久しぶりに建築関係の話をいたしました(笑)。




Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

[PR]

  by ecru-societe | 2008-12-13 00:00 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

住宅ローン減税

やっと住宅ローン減税の方向性が決まったようだ。
噂されていたように所得税のみならず住民税からも減税されるとか。
住民税が減税されて市は大丈夫なんだろうか?

とりあえずは住宅ローン減税の拡充策が了承を得、安心された方は少なくないのではないだろうか。



過去最大の住宅ローン減税、最高600万円…自民税調了承

自民党税制調査会は9日午前に幹部会を開き、住宅ローン減税の拡充策を了承した。

減税期間は10年間とし、耐震性や耐久性などが一定基準を満たした高品質住宅(「200年住宅」)は最高600万円(年間で60万円)、一般住宅は最高500万円(年間で50万円)を減税する。
減税規模は過去最大となる。
減税対象は来年1月以降の入居者とする。
年間の所得税額が減税額よりも少ない場合は住民税も減税する。

12日に取りまとめる与党の2009年度税制改正大綱に盛り込む。
(読売新聞)


[PR]

  by ecru-societe | 2008-12-09 22:04 | 住 (建築・インテリア) | Trackback(2) | Comments(0)

様々な現状や未来分析から観る住環境など

誰に必要とされるか?
どんなニーズにお応えできるのか?
自分達の持てる能力でどんなお役にたてるのか?

それを見失わなければ、きっと大丈夫。

『現実は真実の敵』かぁ~。。。なるほど。。。
ようはバランスなんだろうな。
何事も総合的であることが大事だからなぁ~。


   *   *   *


自分達も環境問題を考えなきゃいけない。
今日、自分達が出来る環境問題への取り組み方が観えた。
お客様の潜在的なニーズと一致してきそうな雰囲気を感じた。

やはり話は聞いてみるもんだ(笑)。
色々考えさせられるお話だった。

このような機会を与えてくれた方々。 どうもありがとうございます。


   *   *   *


地域性。
人間性。
日本。
世界情勢。
現実的課題。
理念や想い。
そしてニーズなど。

何が重くて何が軽いってことじゃない。
ようは総合的であること(バランス)が大切だと、再認識でき、少しだけ曇ってた(曇ってたとまで言うと大げさだけど・・・)気持ちが、晴れたとまではいかなくても認識できたことで辻褄が合ったというか、気持ちが軽くなった感覚を覚えた。


   *   *   *


『無信不立』は時代を超えることが出来る真理なので、制度や環境が変わっても大切にしていきたいこと。 福井の地域性の中にある基本的な『信』は、均一化されていく中にあっても薄れさせてはいけない。

むしろ均一化されることのせいにしているようでは、本当は解っていないのだとも思う。

そのことを明確に感じ取れたことが、自分にとって、200年住宅を考える上で最も価値があったと思う(笑)。


   *   *   *


最後にもう一度。
このような機会を与えてくれた方々。 どうもありがとうございます。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-07-05 02:22 | 住 (建築・インテリア) | Trackback(1) | Comments(0)

200年住宅

久しぶりに建築の話でもしようかな。。。

200年住宅って考え方で政策をまとめる動きがあります
200年住宅とは、すごーく頑丈な家をつくるって言うよりは、一定のしっかりした建物をつくり維持メンテナンスを充実させることでスクラップ&ビルドではなく、建物を長持ちさせていこうって考え方です。

以前もエクコミュで「建物の寿命」ってタイトルでせっかく長持ちするように建物が造られても、文化的で貴重な建物でさえも短命で壊されてしまっている悲しいお話をしましたが、スクラップ&ビルドではないメンテナンスやリニューアルを繰り返すことで建物を長く利用して行こうと言う動きです。

15年ほど前からリニューアル部などといった建物の維持やリニューアルを推進させていく部署がゼネコンさんなども増えましたが、環境問題・エコなどが差し迫って解決を求められる今日に、政治も動き出しました。



200年住宅をコンセプトに各機関が動く中、建物の性能表示などの第三者機関によるチェックや検査や保証なども着目され検討されているのだが、、、あるデーターがある。

そのデーターとは「住宅性能表示制度」に関するものだが・・・
都市部では性能表示制度が行われるようになった2000年以降からその制度を利用される方が増えているのだが・・・
郊外部ではそうではない。
ちなみに福井の場合は、地元のビルダーで建てられる方はほぼ全てと言っても過言でないくらいどなたも利用されていない。

ココであることに気付く。

例えば福井の場合、お客様と工務店さんなどの(知り合いだったり友人だったりすることもあり)信頼関係がしっかりしているため、第三者機関が入る隙間がないのだろう。
それに対し、人の距離感が遠いというか、コミュニティーなどもしっかりしていない個人主義的な都会では自己責任との考えもしっかりしている反面、2者間の信頼関係は福井ほどは築きにくい環境なのかもしれないと感じた。

しかし、法令などは第三者機関の参入を具体化して行っている。
これは必ずしも悪いことではない、お客様の費用負担は増えてはしまうけど、TQCやTQMの考え方に基づき、品質などの安定的確保につながり、あんしんにも繋がることではある。

信用や信頼は具体的でなければならないとも思う。

その一方、福井の、人を信用する風土は大事にしていきたいと思う。

[PR]

  by ecru-societe | 2008-05-31 00:47 | 住 (建築・インテリア) | Trackback(1) | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE