人気ブログランキング |

住宅性能表示制度

たまには建築関係の話でもしましょうか・・・。

っとその前に、本日、明日(12月13・14日)10時~16時。
江守の里2丁目にてエクリュ2008冬構造説明会(構造内覧会)を開催いたします。

どうぞお越しください!!



さて、建築の話でしたね。

『住宅性能表示制度』ってご存知でしょうか?
今日は『住宅性能表示制度』についてお話します。

住宅性能表示制度とは住宅の性能を10の分野にわたって一定のものさしで等級や数値化し、表示する制度です。
そのものさしにより、住宅の質の良し悪しを解りやすく共通認識にするものです。

10この性能項目は以下です。

 ① 構造の安定
 ② 火災時の安全
 ③ 劣化の軽減
 ④ 維持管理・更新への配慮
 ⑤ 温熱環境
 ⑥ 空気環境
 ⑦ 光・視環境
 ⑧ 音環境
 ⑨ 高齢者等への配慮
 ⑩ 防犯対策

評価は、国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が行います。 また、設計段階と建設工事・完成段階の2段階のチェックをします。

業者よりでない公正な立場で建物のチェックはもちろん、万が一のトラブルや紛争などにも対応してくれます。

しかし、福井の実情は大手ハウスメーカーの建物を除くとほとんど(全くに近いほど)利用されていません。
関西にいた頃はほぼ一般的だという認識でしたが、福井では皆無に等しいほど利用したとのコトを耳にしません。
わたしが思うに、福井はコミュニティーがシッカリとしていて、人と人(業者とお客様)の信頼が確立しているので、第3者機関の介入の必要性が薄く感じられるのでしょう。

今まではそうでしたが、今後は信頼性という部分もですが、金融機関や保険会社からのサービス、及び税制優遇など様々な意味合いで『住宅性能表示制度』を利用したことによるメリットも充実してきます。

また中古市場となっても『住宅性能表示制度』により評定を受けた建物は、信頼性を継続するので、資産価値としても安定する結果になったりもします。

行政では200年住宅(超長期住宅)などにも代表されるように、環境問題からスクラップ&ビルドからの脱皮を図る意味や、CO2の削減。 また、35年ローンならず50年ローンなどにより住宅購入がしやすくなるコトなども念頭に置き、住宅の品質(性能)の向上による可能性をあらゆる面から検討しています。

つまり『住宅性能表示制度』が今まで以上に重要な役割を果たすようになってくるとわたしは感じています。



ただ、わたしが大学で学んだ建築に質は5つのファクターがあると教わりました。

5つのファクターは以下です。

 ⅰ 社会性
 ⅱ 機能性
 ⅲ 芸術性
 ⅳ 経済性
 ⅴ 生産性

性能はⅰやⅱなどの一部にしか過ぎません。

全てを一定のものさしで測るのは中々難しい・・・。
でも、『住宅性能表示制度』はひとつのものさしとして共通認識となり、重要な役割を果たすのだと思います。


今日は久しぶりに建築関係の話をいたしました(笑)。




Écru Société
株式会社 エクリュ
918-8116
福井県福井市大町2-110-205
TEL.0776-36-9001
FAX.0776-36-9025
E-mail : info@ecru-arc.co.jp
Web-site : http://www.ecru-arc.co.jp/

  by ecru-societe | 2008-12-13 00:00 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/10025768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 変 デジタル >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE