人気ブログランキング |

「卑怯」って思う行動の定義

「卑怯」って思う行動の定義ってありますか?

守らなきゃいけない最低限度ことにルール(法律など)があります。
では、ルールを守りさえすれば何をやってもいいのでしょうか?
そもそもルールとは最低限度の約束で、ルールが表面化する時はむしろイレギュラーな時。
ルールを話し合わないといけない状態は問題が起きている時だと言える。

また、ルールがどうやって出来たかと言うことも大事で。
関わる多くの人が比較的納得できるところを探って、問題を大きくしないために徐々に作られて来たのがルール。

ルール以前の根底にあるのは、倫理観だと思うのです。
言い換えると「卑怯」とかって感覚です。

「自分がされて嫌なことは、他人も嫌だ」っていう、原理原則。



ところが、社会活動などが広がりすぎて、自分と他人の距離が遠くなればなるほど、自分と他人は違う生き物と解釈するのか・・・ルールさえ守っていれば(悪く言うと・・・ばれなければ)いいとの行動を目にすることも少なくないと感じます。



日本には武士道って思想があります。

「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を以て貴しとなす」

武士道自体は時代により変化していったようですが・・・

例えばサッカーの試合でもいいのですが、日本代表のプレイスタイルを見ていると他の国に比べて紳士的であると言うか、まじめと言うか、日本人の美を感じます。
特に一流選手と呼ばれる選手になればなるほど、プレイスタイルもフィジカルもメンタルからも美学を感じます。



ただ、道は自分で選んで歩んで学ぶものです。
成長に環境が影響するところは大きいですが、選択は個人に任せたいとの思いがいつもあります。

つまり、封建的な風習や圧倒的な抑止力などにより、道を決められるものではなく、自らの選択で行動を決めていける環境は必要だと思います。

だからこそ、「卑怯」って思う行動の定義を各人が持ち、自らを律して行動を選択してもらいたいと感じるのです。

  by ecru-societe | 2008-12-23 00:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/10076052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< メリー・クリスマス! 建売と注文住宅の違い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE