人気ブログランキング |

前回『正』という話を考えた。
とは言え、人は過ちを犯してしまうもの。

自分を考えても、人に頼ってしまったり、欲を出したり、羨んだり、、、
品格の無い、恥ずかしい感情や行動をとってしまうこともある。

人はそんなに強くない。
だから支えあって生きている。

自分も過ちを犯すのだから、人の過ちも出来るだけ許して。
抱えるものが重くなりすぎた時は、隣にいる人の力を借りたり、
逆に隣の人が辛そうな時は、力を貸したり。

そうやって生きている。

縁により出逢った人だから、共存を考え、持ちつ持たれつ生きて、共栄を図りたい。
いつもそう思う。
それはわたしの中で決めていること。

わたしも人間だから、関係を止めてしまったり、逃げ出したりしたくなる時が全く無いわけではない。
でも、わたしは決めている。
共存共栄を図り続ける。
その行動を止めなければ、きっと突破口は見つかる。
共に生きていける。
そう信じている。

  by ecru-societe | 2009-03-17 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/10523638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 『無信不立』 正 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE