人気ブログランキング |

シリーズ 成りたい人 『やっぱり恥を知る人』

察することが重要なんだろう。
信じることが重要なんだろう。

どちらがどのように感じるのか?
どちらがどのように言うのか?
どちらがどのように行動するのか?

それで同じことも全く逆の結果へ向かう。



例えば・・・
現場での打合せが旨くいかないとする。
そのことを設計の立場の人間が、
「設計の時はうまく進んだのに、なぜ?!」と現場の責任とするか。
「設計時、旨く進めれたと思っていたが、現場でうまく進まないのはそうではなかったんだ!」と自分の責任を感じ修正に踏み出すか。

設計時の打合せが拙かったか?現場でも打合せが拙いのか?
正直そんなのはどちらでもいい。
人のせいにするより、自分に出来る最善を尽くしきるのがプロフェッショナルだと思う。

もしここで、人のせいにしてしまったら、、、仕事はギクシャクするし、お客様の満足を得る結果へ結びつけるのは非常に難しくなる。 もしかしたら満足どころか安心すら得ることが出来ず、不信に陥る可能性もある。

でも、それぞれが自分の不足している点を検討したり、取り返そうとすれば、結果は得ることが出来るかもしれないし、自分達の成長も臨めるかもしれない。



いつまでもいい状況を得られないのは、周りにいる人が悪いのではなく、自分自身に問題があると考える方が自然だし間違える可能性が低いと思う。

でも、自分も含めて頭で解っていても感情が一瞬人のせいにしようとするのをグッと止める瞬間が他の人にバレてしまう人も少なくないし、全く気付いてない人も少なくない。

つまり、心底自分の非と出来る人は少なく、、、そんな人は本当に立派な人だ。
そんな人にわたしは成りたい。

  by ecru-societe | 2009-07-07 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/11449197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大切なもの 全ては相互関係 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE