人気ブログランキング |

ことば

言葉は難しい。 また言葉通りの行いも難しい。

例えば『平等:ビョウドウ』って言葉がある。
辞書にはこうある。

[1] 差別なく、みなひとしなみである・こと(さま)。
[2] 近代民主主義の基本的政治理念の一。
   すべての個人が身分・性別などと無関係に等しい人格的価値を有すること。
[3] 〔専門〕 仏 真理の立場から見れば、事物が独立しているのではなく、
   同一の在り方をしていること。



どちらが平等だろう?

① 5人に等しく2つづつ分け与える。
② 5人の年齢や体系、体質、体調などそれぞれの特性にあわせ
  必要となった時に必要な数だけ分け与える。

①が平等。 ②は公平かな。
どうだろう?



今日、長男に「京都って公衆電話多い?」と聞かれた。

『どういう意味で?!』
『福井より絶対数は多いだろうけど、一人当たりの数なら解らない』
と答えた。

多分、ヘンコな返答に思われるだろう(笑)。

『タイチ(長男の仮名)は自分の指の本数が多いと感じたことはあるか?』
「ない」
『じゃあ、ティラノサウルスとタイチの指の本数なら、どっちが多い?』
「ボク」
『普段、指の本数が多いと感じないのは比較をしないから』
『比較対象が生まれた時はじめて多いとか少ないとかって言葉ができるんやで』
と教えた。



でも、どれだけ言葉の意味を知って、発言したりしているだろう?

平等について考えたのは、当然にエクリュではお客様に平等にサービスを行っていきたいと思っているが・・・
それはかなり難しく・・・
何を軸にするかによって意味も変わってくる。
だから決まりやルールや法律があって、一応の基準が定められている。

しかし、悩みは尽きないものだ(笑)。

  by ecru-societe | 2009-07-20 11:55 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/11548711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 海の日 じぶん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE