人気ブログランキング |

比叡山 延暦寺

b0097729_22401419.jpg


延暦寺へ 行って来ました。
延暦寺は標高848mの比叡山全域が境内の寺院で、1994年に「古都京都の文化財」の一環としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

余りに広く、全部は見れませんでしたが、東塔 根本中堂 は素晴らしかった。

誰でも仏になれる素質はあるけど、仏になるまでには沢山の煩悩を振り払わないといけないので、大きな溝がそこにはあるという事を建物で表現されていました。

お寺とかって、建物にメッセージ性や意図があり、面白いです。

撮影禁止で写真に収めることはできませんでしたが、扉のフランス落しに蝉のモチーフがありました。 きっと何かの意味があるはずです。

例えば、東大寺には亀まどのモチーフが色々なところに施されてますが、それは「火災にならない様に」という暗示だそうです。

延暦7年(788年)からあり、歴史を超えて多くの方々に影響を与えてきた延暦寺。
『個々が思いやりの心を持て一隅を照らす人になる』
ひとりひとりが相手の立場に立って考え、自分の出来ることを精一杯行うことが、周りが良くなっていくことにつながる。
つまりベストエフォートを理念とした1221年もの間受け継がれ、今日伺ったことは、何かの意味があるのかもしれません。

ちなみに永平寺を開いた道元も延暦寺で修行をしています。

b0097729_23251.jpg

b0097729_2320225.jpg

b0097729_23202875.jpg

  by ecru-societe | 2009-07-31 23:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/11632876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新富 ジョセフィーヌ・ドレッシング >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE