人気ブログランキング |

爆笑問題のニッポンの教養スペシャル『表現力!爆笑問題×東京藝術大学』

今日も見ました『爆笑問題のニッポンの教養』。
今回はスペシャルで『表現力!爆笑問題×東京藝術大学』と題し、ずっと前の続きかのように宮田亮平氏との討論に加え、ジャズ界のカリスマ菊地成孔氏やその他、東京藝術大学の教授や生徒達とも討論会をしていました。

『もどかしさ』や『堂々巡り』など、今回の番組構成はあえて結論を見せないようにつくられていましたが、その割り切れなさが真実っぽくてすごく考えさせられ楽しかったです。

『きっぱりとはいかない世の中』・『わかったような気になる世界』とプロデューサーは表現していましたが、「キッパリといくコト」や「解ってしまえる世界」はきっとフェイクで、混沌とした感じや、悶々とした感じがリアルなんだと最近よく感じます。

表現とは何か?
コミュニケーションとは?
この問題、どれだけ手法や場所やカタチが増えたとしても何も進展せず、ずーーーーーーーーっと続いていくんでしょうね(笑)。
それでいいのかも知れませんね。
答えじゃなく、過程が重要だったりするのでしょうか?

  by ecru-societe | 2009-08-18 00:29 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/11748203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 地域のお店 最終日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE