人気ブログランキング |

政権交代

前からずっと考えていることがある。
それは変わらないこと(続けること)と、変わること(替えること)。



例えば、人間関係で考えると、何かの縁や惹かれあって出逢った相手。
何かの不一致が発生したから、もう縁を切るとすると、それ以上の人間関係は築いていくことが出来ない。
人間関係を築くとは、不一致の中から共感できる部分を探っていくこととも言える。
だとすると、関係の断絶は意味に無いこととも考えられる。

止めてしまうことを考える前に、どうすれば共通の認識が図っていけるのかを模索することにエネルギーやベクトルを向けた方が建設的だと思う。



「2009ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞に「政権交代」が選ばれた。
福井は自民が圧勝した数少ない県。

日本一般から見ると、保守的で時代性に遊離していて理解しがたい雰囲気があるのではないだろうか?
それとも田舎と言う言葉で片付けられてて眼中に無い感じなのだろうか?

正直、関西に住んでいた頃、どんなことがあっても自民が圧勝する和歌山を不気味にすら思った記憶がある。

今回の民主の圧勝の中、自民が圧勝する福井って・・・。
でも、福井に10年近く住むと、そこに美学を感じる。

変わらないと言うこと。

城跡に県庁を立てる封建的な福井。
他府県の方々から見ると、違和感を覚えるだろう。
でも、そこにも美学を感じる。

変わらないと言うこと。



先ほどの人間関係の例えは、福井に住んだから強く感じたんだと思う。
福井に教えられたことだと思う。

「政権交代」がもたらした意味は大きい。
本来の民主主義への可能性という意味では、国民が選択できる環境が整ったと言えるのかもしれない。
だけど、大事なことのひとつに続けることがある。

こっちでダメならあっちと物や人や選択したことを使い捨てるような世の中って・・・
本当にどこかへたどり着けるのだろうか?



変わらなきゃいけないこと。
変わっちゃいけないこと。
それはどこにラインがあるのだろう?

そんなことをグルグルグルグル考えている。

  by ecru-societe | 2009-12-01 23:45 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/12425614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ガラス瓶に手紙を入れて at 2009-12-04 21:58
タイトル : ガラス瓶に手紙を入れて
少し前の日本を知る方々が、手紙をガラス瓶に入れ海原へと流して下さいました。このブログの浜辺へとたどり着いた、これらのメッセージが、現代・未来を生きる皆さまの心へ届きますように---。 【日本を】10ゲ7『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】は姉妹参弔任后・... more

<< シリーズ うちの長女 今年も残すところあと1ヶ月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE