人気ブログランキング |

うちの弟

先日、関西で人と会った時、朝一に福井へ帰るため実家で一泊させていただきました。

そこでわたしの弟の話になりました。
そこにいないのに話題に上がるとは・・・
彼は本当に愛されているなぁ~(笑)。

そこで父が言うには、弟は受験戦争などの被害者意識があるというのです。
「本当?!そんなこと言ってるの?!」
どうやら父の予想の範囲を超えないようでした(笑)。

誰しもが出来ない貴重な経験をさせていただいて、またいい年をして、本当にそんなことを思っているのなら、逆にこんなに面白い奴はいないかもしれませんが、残念ながら(?)実際はそんなことはないとわたしは思います。
ただ、その話の中で、少し考えるポイントがありました。
それは「幸せ」や「成果」と言うことについてです。
父曰く、(父は大学で学生を教えたりしているのですが)学生は人とコミュニケーションもとれず、何を目指しているのか?求めているのかもよく分からないで、どこへ行きたいのかも分からない。
そう言うのです。

自分自身、わたしの価値観を正確に理解し、何をゴールとして生きているのか?を問われても直ぐには返答できないかもしれません。
また、幸せの要素を大きいものから順に並べろと言われても、どれだけ明確に出来るかといえば、それは難しいことです。
ただ、それは学歴やお金や社会的地位やそういったカタチなどで表現されるものではなく、目には映らない、カタチにもなりえないモノであることは、何となく感じていて・・・。

いや、カタチも大切なのは大切。
ただ、カタチはいつも諸行無常だし、塞翁が馬。

きっと混沌とした矛盾の中に弟もいるのではないでしょうか?
実は綺麗に割り切れることにはウソが含まれていて、それが本当なのかもしれません(笑)。

  by ecru-societe | 2010-03-06 00:00 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/12945130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< シンプル 三寒四温 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE