人気ブログランキング |

つなぐもの

繋ぐ大切さを感じます。

お家は1社の力では建てることが出来ません。
二十数業種が想いを一にして、お家というカタチになります。
誰かがした仕事の上に、誰かが仕事を加える。
繋いで繋いで、お家というカタチに完成させる。
最後に、その出来たお家に暮らしを加えて住まいにされるのはお施主様。

このように繋いでいきます。

サッカーもそう。
ボールを繋いで、ボールに込められた意図や想いを感じながら、11人で想いを一にしてゴールまでボールを運びます。

家や血筋を繋ぐ。
人はひとりでは生きていない。



昔は何でも普通に繋いだんだと思う。
例えば●●家の味も。
例えば地域の風習も。
例えば想いや思想も。

ただ、個人の想いや考えが打ち消されがちで、個人のための社会か?社会のための個人か?という議論の中で、比較的個人を重んじる方向性に進んできたのだろうか?
家族形態も大家族ではなく核家族化し、いい意味で自立し、悪い意味で繋ぐ感覚が希薄になったと感じる。

でも、そもそも人はひとりではなく、繋がりの延長線上に立っている。
これから先もきっと繋がっていくのだと思う。

その時に、何を繋げばいいのか?
何を子供達に残していけるのか?

最近そんなことを考えている。

  by ecru-societe | 2010-06-07 22:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/13423396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 上海老飯店 設計と現場 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE