長谷川潾二郎

b0097729_20555515.jpg


昔は静物画はあまり好きじゃありませんでした。
何だか刺激があまりなくつまらないと感じていたからです。

でも、最近は逆に静物画に魅力を感じます。
歳を取ったからでしょうか?
静かな中に確かにある存在感やメッセージが、ちょうどいい距離感というか、、、
そんな表現が妙に心地いいのです。

上の絵は長谷川潾二郎の絵。
その中でもすごく気に入った絵です。

空気感というか、光の感じというか。
清らかな光や空間を感じます。

b0097729_2111413.jpg


このアーティストもNHKの日曜美術館で紹介されていました。
NHKは本当にいい番組が多いですね(笑)。
中々、福井にはいい美術館も少なく、いいアートに触れられる機会も少ないので、こういった番組が貴重です。

長谷川潾二郎の絵では『紙袋』も好きです。
画像が見つけられませんでしたが、見てて心地いい感じがします。

他の絵も距離感からくるものでしょうか?
光の捉え方でしょうか?
ひとつひとつのものがしっかり存在していて、空気感がとても好きです。

ひっそりとある表現が心地いいです。

b0097729_2194949.jpg


心穏やかである事を望んでいるのでしょうか?
静物画をみていると、落ち着きます。

b0097729_21132917.jpg

[PR]

  by ecru-societe | 2010-08-23 00:00 | 美術 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/13823092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 関東・栃木レモン ハンス・コパー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE