人気ブログランキング |

もしも人間関係にドラッカーを用いたら。

b0097729_12202767.jpg


人の距離感って色々あって、どれが良いとか悪いとかって事ではない。

すごく離れている方が大きな変化にも対応できるし、大きく感情や状況などが変化することも少なくなる。
ある意味、安定感があるとも言える。
しかし、パートナーシップなど共存している感覚は希薄で、一緒にいることすら気付けない場合もあるのかも。

それに対してすごく近くにある関係性なら、独りじゃないって勇気や元気がわいたり、グルーヴ感を味わえたり、共に歩んでいる感覚がとても幸福感を与えてくれるかも知れない。
でも、感情までが共有化されちゃって、落ちる時は立ち直すのが難しかったり、一人では決められない環境だから、その分スピードはスローダウンしなくちゃいけないときもあるかもね。

大切なことは、何かを得れば何かを失うことを知って、自分たちの関係性ではどの関係が合っているのかを絶えずチェックし、共通の認識にしておくことなのかな?
でも、共通の認識を高めると、結局、後者の近い関係ってことにも繋がっちゃうのかな?

人の距離感は、色々ある。
どれが良いとか悪いとかってことではない。
そして距離感は絶えず変化し続ける。
寄せたり返したり。
まるで波のよう。

きっと焦らないことかな?
全ての関係性は基本的に建設的に考えた方が良いんだと思う。
まぁ、相互のものだから、難しいのは難しいけど、永く続くものと考えた方が良いと僕は思う。
そうしておけば、今はダメでも10年後には・・・って感じで時間軸を長く持てるから、不安は和らぐはずだから。

でも、その考え方も唯一ではなく。
人によっては変化を望まない人もいるし、今しかない人もいる。
どれがよくて、どれが悪いってことではない。
きっとそれぞれに役割や意味がある。

それを理解すれば、きっともっと楽になるんだろうけど、誰もその役割などが最期のシーンでどう活きて来るのかなんて、想像できるはずも無い。
そんなこと解っちゃったら、人生なんか面白くないもんね!
まるで浜村淳に最後まであらすじを言われちゃってから見に行く映画みたい(笑)。

どんな工夫をすれば歩いていけるかな?
先ずそれには少なくとも僕の場合は、マーケティングを明確にし、そこからイノベーションしていく必要性はあるのかも。

しかも、それは変化し続ける。
だから絶えずマーケティングとイノベーションを繰り返していく。
少なくとも、僕はそれが楽しい(笑)。

あっ!
そうそう。
これも唯一の考え方じゃないので、あしからず(笑)。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2012-08-24 12:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/18876320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Rain / 槇原敬之 (原曲... 今朝思ったことの続き。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE