人気ブログランキング |

僕が考える「頑張る」の意味とは。

b0097729_17363919.jpg


本日の足羽山。
木々が紅葉してきました。

今日は僕が考える「頑張る」について書こうと思います。

日本人は頑張ることに向いているようです。
演歌歌手などは苦節10年などと売れるまでの時間を表現したりします。
うさぎ跳びや水分補給をしないなど、スポコンも一昔前の日本。

根性や我慢がどうも好きみたいで、美徳とされている風潮も感じます。

しかし、僕の「頑張る」には「気張る」や「我慢」や「苦しむ」みたいなニュアンスは存在しません。
それは、僕の「頑張る」が「続けること」が前提にあるからです。

ちりも積もれば山となる。

それが僕の考え方の根底にあります。
毎日できることを毎日必ず続けていくその先に大業がある。
だから「頑張る」とは、決して無理をしないで出来ることを必ず続けるという意味です。

例えるなら・・・
毎朝、決められた時間に起きるみたいな感じ。

自分が出来ることを、無理せず実現可能な事を、毎日こつこつ積み重ねていく。
その先に結果があると思います。

大きなことと言うのは、見た目に派手な事ではなくて、すごく地味な事の積み重ねの先にあるのだと、僕は思っています。

これが僕の「頑張る」の意味です。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2012-11-10 17:47 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/19471833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こうすけ at 2012-11-10 22:42 x
『頑張る』=『努力』まさにそうだと思います。
努力、頑張りは自分の中で作るものだと思います。
時には、努力、頑張りが奮わなくて落ち込むことが、ありますが、また、努力、頑張りというパワーを出せば、何とかなるもんです。

一番怖いのは、『努力』『頑張り』という文字が自分の中で消えてしまうことなんですよね。


自分も今は、国家試験というデカイ壁が立っています。


その壁を越すために、自分なりに『努力して頑張ってます。』
Commented by ecru-societe at 2012-11-11 10:57
● こうすけ さん
試験。
頑張ってください。

『努力』って言葉にも「嫌なことを我慢してする」とか「苦しいことを乗り越える」的なニュアンスを感じるので、僕はベストエフォートと言う言葉を使っています。

無理をしないで続ける。
無理は続きませんから。

僕は続けることに大きな価値を持っています。

<< とても大切に考えていること。 子供達に伝えたいこと。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE