人気ブログランキング |

シリーズ うちの長女

b0097729_21271385.jpg


今日は長女と話ができた。

話した内容は、スタジオジブリ作品の魔女の宅急便について。

僕は魔女の宅急便がとても好きで、何度も観ている。
落ち込んだりもするけれど、私は元気です。
そこ台詞に色々思い出させてもらったりするからだ。

どなたもご存じだとは思うが・・・
魔女の宅急便とは、13歳の魔女のキキが独り立ちをしていく、その姿を描いた作品だ。

魔女の血がもつ才能。
ホウキで空を飛ぶことや、クロネコと話をすることなどその才能をいかし、宅急便を始めるが、様々な人や事との出逢いから成長していく。

僕が今日、長女に話したポイントは、キキが空を飛べなくなり塞ぎこむが、友達のトンボの為に必死になり、立ち直っていくシーンについてだった。

キキは生まれながらの魔女だから、ホウキで空を飛ぶことは考えずにできた。
神様か両親かからいただいた才能(血)。
それが自分のものになるのは、その能力を自覚した時からであることを、長女に話した。

何も考えずに飛べたのに、ある日から、どうやって飛べたのかわからない。
そして悩んだりして、また今度は理解して飛べるようになる。
そこからやっと、自分のホウキで空を飛ぶ。
人間で言うと、自分の足で歩き出す。

長女は人を和ませ、人に好かれる才能がある。
小さな長女が家族を繋いで来てくれてた。

長女がもう少し大きくなったら、長女が大切に思う人ができ、でも、その人が長女を大切には思ってくれないって事にも遭遇するかもしれない。
その時、長女は孤独を感じるのかもしれない。
世界中でひとりぼっちになったと感じるのかもしれない。
でも、それは違う。

価値は命にしたがってついてる。
(ありあまる富 東京事変より)

長女が自分の才能や価値に気付けば、きっと、長女のまわりには人でいっぱいのはず。

自分をつかまえてて!
自分を離さないで!

今日は、魔女の宅急便の話を長女とした。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-03-14 22:02 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/20152894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 何処からでも出来ることはある。 信じることが持つ力。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE