人気ブログランキング |

それでも地球が動いてる!

b0097729_12135089.jpg


論理的である必要性はあるけど、地球は理屈で回っているわけじゃない。
地球が回るからそこに理論が生じる。

多くのことはそうなんだろう。
いや、ほとんどがそう。
言動を決める時、理論ではなく、感覚が優先される。

「状況」でも「辻褄」でもない。
「正当性」でも「客観性」でもない。
もっともっと感覚的なもの。
「なんとなく」とか「直観」とか・・・

b0097729_1231798.jpg


それは「どうして好きか?」って感じに似てる。

その質問自体がナンセンスに思えるほど、「好き」という感覚には理由が不要だと感じる。
例え明確な理由を述べることが出来たとしても、感覚を超えて表現できるわけじゃない。

「感覚」はリアルで、、、だからこそそれに支配される。

しかし、感覚はあいまいで、非定性的で、恣意的だ。
そして他人との共有が難しい。
自分以外の人と共有化を必要とする時、そこで「言葉」が役割を果たす。
言葉とは「論」。
つまり、論理的である必要性がある。

b0097729_12362427.jpg


何が正しいのか?
それは「神のみぞ知る」なのかも知れない。

しかし、人は独りでは生きてはいけないことも事実。
その為には協力を得たり、共感を得たりする必要性がある。
そこでより正確な共感や判断を要する時ほど、論理的である必要性が増すことは、言うまでもない。

b0097729_1233182.jpg


とは言え、「言葉」や「数字」で語れないものの方が、世の中には多い。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-04-24 12:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/20331489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 民法を読んでみた。 osteria SALSA >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE