息子

b0097729_1434724.jpg


先日、山田洋次監督の「息子」を見た。

優しさや喜びには、どうして切なさがまじってるのだろう。
時の流れは色んなモノを変えて行くけど、変わらない自分であろうとするほど、微笑ましくもある中にも、切なさが漂う。

人は愛おしくもあり、切なくもある。

山田洋次監督らしい空気が映画に漂っていました。

かなり古い映画で、俳優の方々はみんな若く、亡くなられた方々も。
なのに人間や考えるコトや、思いなどは、今も何も変わらず。
きっと誰しもが、同じように必死に過ぎて行き、同じように振り返り、同じように喜び悲しみ、同じように過ごして行くのかもしれないと感じました。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2013-11-13 01:59 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/21455595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 選択 ゴールデンスランバー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE