0003

日記を毎日書いたのは、国語表現という教科の宿題だったから。

小学生の頃、父から「お前は文章力が無い!」と散々言われていたので、国語表現の水川先生に「お前は文章の表現力が素晴らしい」と言われるまで、いや、そう言われても文章力が無いと思い込んでいて書くことが億劫に思えていた。

でも、今でもブログを続けているのは、その時(高校生の時)水川先生にそう言っていただいたおかげだととても感謝している。

国語表現の試験は論文だった。

四百字詰め原稿用紙4枚に論文をまとめるといった試験。
クラスに数人、先生が認めた生徒は6枚書くように指示された。
僕はその数人だった。
その事が自信になった。

話が横に逸れたが、その日記の宿題。
いつもはるちゃんの事を書いていた。

水川先生はそんな日記にいつもコメントをくれた。
ある日の日記に対しての水川先生のコメントが、後の自分に大きく影響する。

そのコメントとは
「お前はそのままでいい!」
「そのまま大人になればいい!」
だった。

どんな日記に対してそうコメントしてくれたのかは、後にふれる。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2016-11-15 00:01 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/26378814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今、 0002 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE