人気ブログランキング |

平均寿命2億80歳

b0097729_23560100.jpg

もしも医療が進歩して、人がもっともっと長生きできるようになって、デーモン閣下と同い年ぐらいの2億50歳程度の悪魔ではない人間がこの地球にわんさかいる様になったとしたら、人類はもっともっと進歩して、例えば戦争なんて無くなったり、悲しみや苦しみから解放されているのかな?

と考えたけど、それは無いとすぐ思えた。

確かに得るものはあるだろうけど、失うものもあるから、どこまでいっても同じことの様に思えた。

そんな風に考えていると医療や科学、学問の進歩だけでは与える影響として、逆にリスクも増える事に気がついた。

例えば、医療が進歩して平均寿命が2億80歳になった場合、世界の人口は現在の250万倍程になるだろうから、スペースや食料、エネルギーや廃棄物など問題も急増。
長生きできる事で知恵なども増すんだろうけど、その知恵の使い方がまた難しい。
70億の250万倍もの人々が同意する知恵とは?
そこにポイントがある。

思想や哲学、宗教や芸術みたいなモノが、同時に進歩する必要がある。

現在は、医療や科学の進歩と同じ様なペースで宗教や芸術の様なモノは進歩出来ているのだろうか?

と言うか、そもそも
進歩とはなんぞや?!

まぁいっか!

ただ、寿命を無理矢理のばすより、健康をのばす事がきっと大切でシアワセな事かもしれないなぁ〜と思ったけど、2億50歳程のデーモン閣下から観たらどんな感想になるのかは、とても興味深い。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2016-12-21 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/26493482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アップグレード。 セイコガニのパスタ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE