人気ブログランキング |

責任

b0097729_11473781.jpg
わたしはそんなにサッカーに詳しいわけではない。
しかし、サッカーは大好きだ。
サッカーを観ていて学ぶことは多い。

サッカーが最も魅力的なのはチームで戦うというところだ。

古いところではマラドーナーや、ロナウジーニョなどのスーパースターがいてもチームが勝てる保証など何処にも無いところに無限の可能性を感じる。

そんな大好きなサッカーなんだが、腑に落ちないことがある。
というか、やっぱり4年で終わりなんですか?
4年で結果を出さないといけないものなんでしょうか?


b0097729_1221258.jpg
トルシエ監督時代。
簡単に言うと『管理されたサッカー』というイメージがあり、俊介が外されたのもトルシエ監督のイメージに合わない、合わせないからなんじゃないかと、わたしは理解しています。
つまり、『個』より『チーム』を重んじたサッカーを進められ結果を出されたのがトルシエ監督。


b0097729_1263747.jpg
それに対し、ジーコ監督は『個』に着目し、成熟した『個』の集まりこそ強固な『チーム』と成り得るという考え方で進められていたと感じています。

実はわたし自身、ジーコ監督の考え方が好きで、自分の会社でもそれを実践しています。
その為、ジーコ・ジャパンにはすごく期待していました。

自覚の高い選手達が、自分達で何をすべきかを考え、コミュニケーションをお互いに取り合いながらよりいい関係を自主的に築いていくカタチ。

これはわたしにとっても理想です。

人は受身になってしまうと自分で判断することを直ぐに止めてしまいます。
指示待ちになり自分で考えることをしなくなる。
最も重要なのは『考えること』です。
技術や見た目は練習を重ねれば真似が出来たりします。
真似が出来ないのはその人の、そのチームの考え方です。

これはわたしがいつも感じていること。。。

ジーコは4年間それを実践されてきたと思うのです。
その意味を理解した選手はきっとより成長を見せたんじゃないかと思うのです。
メンタル面で。。。

しかし、この方法は時間がかかります。

b0097729_1236893.jpg選手の自覚を待ち続けることが、監督の仕事ですから忍耐との戦い。 自分自身との戦いを4年間なさっておられたことと思います。

やはり4年なんでしょうか?
わたしはもう少しジーコ監督が待っておられたモノを待ってみたいと思ったのです。

それを『もう待てない』とするならば、それは方向転換です。
会社で言うと経営指針を替えると言う事になり、これは指針を決めてきた人たちは全員責任をとって辞任しなければならない自体なんじゃないかと思うのです。

そこが腑に落ちないのです。


b0097729_12184126.jpgマスコミはジーコは過去のこと、これからはオシムだ! と言わんばかりの報道。。。
あれ程繰り返し騒いだジーコ・ジャパンはもう過去のこと。

わたしが感じているようなことは感じないのでしょうか?
それとも感じているけどそんなことでは視聴率が取れないのでしょうか?

続けることにこそ意味があるとは言いません。
しかし、続けないといけないこともあります。

協会は日本のサッカーに何が必要で、何を不要としたのでしょうか?
それは一連の流れの中で一筋の道があるというのでしょうか?


b0097729_12325278.jpgもし、ジーコ監督が考えてこられた『個』への着目を止め、トルシエ監督のような『組織』重視のサッカーへ戻すと言うのなら、それは指針の変更で、協会関係者の入れ替えをしなければならないのではないでしょうか?

『指針』とはそれほど大切なものです。

ダメだったから戻そ!ってそんな軽いものではないです。
第一、選手たちが戸惑います。
何を信じ、何を目指してサッカーをしていけばいいのかが解らなくなります。
それこそが、日本のサッカーにとって最もマイナスなことでは無いでしょうか?

『責任』

欽ちゃんの責任。

小泉首相の責任。

ジーコ監督の責任。

『責任』
難しいです。。。

  by ecru-societe | 2006-07-25 12:29 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/5340838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はまやん at 2006-07-25 16:08 x
結局は選手各自のメンタルの弱さなのかもしれませんね。
中田氏があれだけ早くに引退したのにも意味があるように思えるし。
結局、中田氏に追いついてくれた選手が他にいなかったのだとも思えます。

生きる為にサッカーをしている国の人々には
とうてい勝つことなんてできないのかもしれません。日本人は。

中田氏は全てを見据えていたんでしょうね。
Commented by エクボす at 2006-07-25 17:30 x
●はまやんさん
>結局は選手各自のメンタルの弱さなのかもしれませんね。
もちろんそれは重要な要因です。
しかし、この結果を失敗としてしまうなら、その責任及びその最大の要因は監督であるジーコとなります。

では、ジーコを選んだ人は誰だ?ってことで協会全体問題に波及します。

中田選手。。。
日本は惜しい選手を失いました。

あれほど真っ直ぐな信念を貫く青年は中々いない。。。
中田選手はサッカー界でなくともどこでも成功を収めることができる人ですね。

信念がある。

あと、カズも好きです。
信念がある。

ジーコは大好きです。
信念がある。

<< 福井でぇーす! 金魚すくい >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE