人気ブログランキング |

柳生の里

最近はちょっと肌寒く、人恋しい秋になってきましたね。
そのせいか? 妙に脳裏に懐かしい風景が過ぎります。
懐かしい風景といっても、野山や山里の風景ではなく、ほとんどがコンクリートとアスファルトに囲まれた街の風景なんですけどね(笑)
どうやら、自分は里の風景のイメージが普通の人と逆なようです(笑)

b0097729_9373262.jpg
そんな中で、ふと今日思い出した田舎の風景がありました。

柳生の里です。

『柳生新陰流』で知られる剣豪・柳生の里は奈良市の東北部にあり自然豊かな里です。
柳生十兵衛が有名です。

その柳生の里に『芳徳寺』というお寺があって、そのふもとに一軒のうどん屋さんがありました。
幼い頃、親に連れて行ってもらったのは丁度今頃の季節。 木々の葉が紅葉していました。
そして、そのうどん屋さんでうどんを食べたのですが、これがすごく美味しく、忘れらねない味となりました。
そのお店のおばあちゃんが作っているらしく、まつたけの風味がダシに出ていてすごく美味しかったです。

大阪から奈良に引っ越して来て、またあのうどんが食べたくて仕方なく、柳生に行くのですが、お店が見付からず、ナイトスクープにでも頼もうか?と思っていました。
その話を両親にすると、両親もそのうどんを覚えてて、一緒に行こうということになり、うどん屋を探しに柳生へ。。。

記憶は芳徳寺の近くの坂の途中にあったということ。
探し回ってやっとそれらしきお店を発見!!
早速、ご主人にいきさつを説明し、うどんを注文すると、おばあさんは遠に亡くなっておられ、同じ味が再現できるかどうか解らないと。。。
でも、頑張って作っていただきました。

えっ?! 味ですか?
・・・・・・・・・・・普通?!

何だか急にそのことを今日思い出し、景色が鮮明に思い出されました(笑)

b0097729_9572151.jpg

  by ecru-societe | 2006-11-01 09:57 | | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/5965423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じじ at 2006-11-06 14:05 x
そう美味しかった。忘れられない味です。
この風景覚えています。

最近、人里離れた古民家で陶芸三昧、静かに暮らしたいと思うようになりました。
初瀬の里に足を運んだのですがなかなか。

しかし、仕事を持っているからこそ、そう思えるのかもしれません。
疲れますが、仕事は人生の薬味です。

最近、65歳以上の雇用が伸びているようです。
少子化に備えてと言うところでしょうが、景気が回復していることが大きな要因です。
雇用が増えるだけではダメ、どう活かしていくかが課題です。

エネルギッシュに活動し、ビジネスへの思いが強く、精神的に充実している時は、矢張り都会です。

本当の幸せは「欲望を満たす」ことではなく「必要を満たす」ことであると、書いてありました。物作りの原点です。

Commented by エクボす at 2006-11-07 00:51 x
●じじ
田舎暮らしを見ていたり、農家の方を見ていたりすると、自分の身の丈で生きていく幸福とか、スローライフの幸福とかを考えたりしますが、自分にはまだまだ縁遠いモノのような気もします。
人が息づいた街中が好きです。
文化や歴史の中に身を置きたいです。

まだまだ欲望を活力にしている節もあり、王道を歩めていないとも感じます。
いい車やいい服、いい時計も欲しいですし、美味しいものも食べたい(笑)

ただ、自分の身の丈を知り、それを著しく超えて多くを求めることは、回りに迷惑をかけることはもうこの年になり解っています。
そのギリギリのバランスを超えないようには考えています(笑)

<< 風邪?! ひだまりの言葉 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE