人気ブログランキング |

先輩

この前友人から相談がありました。
「いそがしいのにごめん。 聞きたいんやけど、先輩って何?!」

唐突にそんなことを言うのです。

b0097729_22564949.jpg詳しく話を聞くと、近所の小学生の子が、いじめっ子の年上の子に
「お前生意気やねん。 俺は先輩やねんからお前、偉そうにするなよ!」
って言われたらその近所の小学生の子が、いじめっ子の年上の子に
『お前なんか先輩やと思ってへん!』
って言い返し、相談者である友人が直ぐに割って入って喧嘩には至らなかったのだけど、、、

実はその友人も
『お前は先輩とは思えない』
と思い、そういう場合どういう話を近所の小学生にしてやればいいのか?

ということでした。

b0097729_235447.jpg
心が通じるには共通の認識が必要だと思うのです。

例えば、『年上だから年下の見本と成る行動をとらなければならない』と言う考えと『年上の方に敬意をはらう』と言う考え。 この両方があって心が通うことが可能になります。
どちらが欠けても心は通じ合いません。

だから、この友人の相談に対しては『2人に共通認識を図る努力を促す。 つまりコミュニケーション(話し合い)をとらせ、互いの欠点を認識させいい関係の構築へ努力を促す』とアドヴァイスしました。

相手の欠点は簡単に見つけることが出来、相手のせいにするのは簡単。
でも、何も生まれてこない。 何も進展が無い。 何も前に進まない。

相手がどうであれ、自分がどうすべきか?が問題で、自分を観つめることの方が大切。

だから、その近所の小学生は、自分が何をすべきかを考え行動することだと思います。
『年上であることでは尊敬できない。 尊敬できる人だから尊敬する。 自分は尊敬される人になりたい』と思ったとする。
では、尊敬できる人ってどんな人?!
もしかしたら、年上を敬うことが出来る人かもしれませんね(笑)

心は共通認識を持った複数の人たちの間で通じるものです。
共通認識がないとこころは一方通行です。

  by ecru-societe | 2006-11-03 11:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/5974460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 不満 VS 不安 風邪?! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE