人気ブログランキング |

帝国ホテル Inperial Hotel

昨日は帝国ホテルに行ってきました。
帝国ホテルといえばフランク・ロイド・ライト。

大正12年(1923)皇居を正面にして建てられた帝国ホテルがあまりにも有名です。
現在は解体され愛知県の明治村に玄関部分だけが移設されています。
大正時代の建物なのに明治村に。。。
それだけ貴重な建物だということでしょうか?

関東大震災で無傷だったという、うわさ話も残っています。

b0097729_23553316.jpg


b0097729_23555937.jpgそんな伝説的な建物の歴史をもつ帝国ホテル。

大阪の帝国ホテルはライトの自縛をどんな風に吹っ切ったのか?

そんなことを考えながら帝国ホテルを観るのは自分だけじゃないのでは?


どうでしょう?


ライトの雰囲気はやや残しつつ、すごく近代的なイメージがすると自分は感じたのですが、皆さんはいかがでしょうか?

スクラッチ・タイル(レンガ)や大谷石は見られませんが、何となく平板を積上げていったような水平方向基調のフォルムがライトっぽいと自分は感じました。

b0097729_23591987.jpgあと、正方形を基調としたパターンとか、格子とかもライトを意識してのデザインと感じました。

特に5階まで吹抜けたサロンはとくにライトをミニマルにした雰囲気を感じました。

歴史の重みを表現することを意識しながら、コンテンポラリーな雰囲気を兼ね備える、相反する方向性を表現したデザインコンセプトを自分は感じました。


気持ちのいい空間でした。

  by ecru-societe | 2007-05-18 00:08 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/6869126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< カラオケ OBP >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE