人気ブログランキング |

自制力と抑止力

b0097729_0503497.jpg


会社って上司に嫌われたら評価が低くなったり、いい加減なことをしたらクビになったりしますよね。

そんな抑止力で組織のバランスを保っているのが会社。
全ての人が自制が出来なかったり、一定のルールがないと統制が取れないのでそういった抑止力は大きな会社になると特に必要なのでしょう。

でも、『無信不立』という言葉があるように、信じる心が信頼関係で、信頼関係こそチームワークに必要なこと。

抑止力が大きな組織は個人を信じる力が弱いとも言えます。

恐怖政治的な環境は組織力は強いですが、個人力が不足してしまいます。
個人の力に頼らないのが組織なのかもしれません。。。

b0097729_051116.jpg


自制することは抑止力を受けている環境よりある意味辛いのかもしれません。
サボっても誰にも怒られない状態でサボらないのは以外に辛いことなんでしょう。
人のせいに出来ませんからね。

成熟した環境とは、自立した個人が自分の責任を自覚し、最大限の能力を出しあうことで、チームが最大限機能していく環境なんでしょう。

当然かもしれませんが、しかしこれが難しい。
人は自由を求めますが、不自由な環境の方が落ち着いたりするのでしょう。
特に日本人はそうなのかもしれません。。。

でも、自分は個人の自制力を信じたい。
信頼しあったチームを構築していきたい。
抑止力に頼らない環境を構築したい。

『無信不立』を信じている。

  by ecru-societe | 2007-08-10 00:51 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/7270964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エクコミュ Vol.03 at 2007-08-10 00:59
タイトル :
子貢問政、 子曰、足食足兵、民信之矣、 子貢曰、 必不得巳而去、於斯三者、何先、 曰去兵、 曰必不得巳而去、於斯二者、何先、 曰去食、自古皆有死、民無信不立。 子貢、政を問う。 子、曰(のたま)わく、 食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。 子貢が曰わく、 必らず巳(や)むを得ずして去らば、斯(こ)の三者に於いて 何(いず)れをか先きにせん。 曰(のたま)わく、兵を去らん。 曰(い)わく、必らず巳(や)むを得ずして去らば、斯(こ)の二者に於いて 何(いず)れをか先...... more

<< 夏季休暇のおしらせ バッテリー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE