人気ブログランキング |

解りあう事の重要性

モンスター・ペアレントとか親に殺される子供のニュース。
心が痛い。 現実から目を背けたくなる。

でも何より怖いのは、まるで自分とは無関係の人間がしていることのように、報道される方、視聴する方が、まるで正義の剣を振るうようにそんな親達を罵ること。

「何を考えているのか解らない!!」と罵倒する。
ドンドン言葉が過激になる。
その延長線上にこのニュースの因果関係があるのに。。。

自分もシッカリしてないと、この親達みたいに転がり落ちてしまうのが怖い。

「何を考えているか解らない」ことが最も危険なことと。
多くの人に気付いて欲しい。

  by ecru-societe | 2007-11-16 11:16 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/7716333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エクコミュ Vol.03 at 2007-11-17 00:55
タイトル : 誰が悪い?
子供の悪事は親の責任? この質問にギモンを持つ人はいないでしょう。 子供の悪事は先ず本人の責任で、当然親にも責任があります。 では、子供の悪事の責任がなぜ親にあるのか? 答える事が出来ますか? 親権があるから? 保護者だから? 法律で決められているから? 法定代理人だから? 自分はこう思います。 それは親は子供にとって影響力が最も大きいから、悪事が発生した要因にかなり密接な関係があるからだと。 ちょっと話を変えましょう。 例えば、、、あな...... more

<< 「月光遊戯」 タベルナ・ピノリ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE