人気ブログランキング |

錯視

b0097729_23274648.jpg


錯視ってご存知ですか?
自分が大好きな番組『爆笑問題のニッポンの教養』で北岡明佳先生の錯視が取り上げられていました。

自分もずっと感じていました。
同じモノを見ても同じように感じ取れていると思うのは全く錯覚だと。
目の前にあるリアルなものですら、こんなに錯視を起こすのだから、真実は本当に観ることが出来るのだろうか?

錯視には個人差があるそうです。
上記の柄(ヘビ)は動画ではありません。
静止画です。

自分は動いて見えるのですが、動いて見えない人もいるそうです。
動いて見えない人はこの場合真実が見えているわけですが、自分には動かないで見える人がいることが信じられないぐらい動いていないと知りつつ動いて見えます。

この場合、自分に知識が無いと(動いていないことを知らないと)、動画として認識し、そのまま死んでいきます。
一生正しいことを知らずに末代まで恥じます。
自分を超えることは出来ない。
自分を超える唯一の方法は、今の自分を疑い、学び、身に付けるコトなんだと、この錯視を知り、怖いぐらいに思いました。

しかし、知識をつけてもこの柄(ヘビ)はまわり続けます。
人は本当に学べるのでしょうか?
視覚を信じないで目に映らない真実を信じる。
そのことが本当に大事なんでしょうね。

あと発見したんですが、めっちゃ離れて見ると回らなくなります。
客観的に見るってことでしょうか?
客観的に見ている視点が既に主観なんですけどね。

  by ecru-societe | 2007-11-28 00:00 | TV・シネマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/7759032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 思いをこめたカタチ URALA >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE