人気ブログランキング |

思いをこめたカタチ

『考えた“量”や、“質”みたいなことは、なぜか伝わっていくんですよね。考えているビジョンというか、その“純度”が高ければ高いほど、バーンと人に心に届くのかなと思うんですけどね。』

届くと幸せです。
それこそが幸せです。


人の心には中々届かない。
何度も何度も同じ言葉や同じ内容を伝えても、中々伝わらない。

『言葉』

言葉は目には映らない。
でも、カタチは目に映る分、先ほど書いたように錯覚もあるが(錯視)、結構伝わるコトもある。
自分の場合は、逢ったことも無い人でもその人が設計した家などに足を踏み入れると、その人がそばに感じられるときがある。
今回内覧会をした『育みの家』でもそのコトは感じた。



今回の『プロフェッショナルの流儀』はトークスペシャルで、クリエーターたちの言葉と題した特集だった。

カタチに自分達の考えや想いや、時には信念を注ぎ込む人たちの言葉。
でも、その人たちはやっぱりカタチに込める方が得意なんでしょうね(笑)


『僕はトレンドを作るためにデザインはしていないんですよね。そういう消費されるようなデザインはあまり好きじゃないんです。“10年後見ても古くさくないもの”というのが自分の目標です。』

真実を探している。
自分はそう感じました。
その場だけのツジツマじゃなく、首尾一貫した真実。
原理原則は時を越えます。


『いい装丁が一つ出来れば、それでなんかね生きていられるという感じなんですよね』

かなり苦しんで生きているのが感じ取れます。
そこに共感がもてます(笑)
自分の世界を持てば、ひとりぼっちになった気がする日も少なくないですし。
鈴木氏がそうなのかどうなのかは解りませんが(笑)
心に響く言葉です。


“負ける建築”

建築家・隈研吾さんの有名な言葉ですが、つまりは調和や順応を意味するのだと自分は感じています。
『ハッ』とするような言葉遣いはさすがだと思います(笑)


言葉よりカタチに込められたメッセージが真実なのかもしれません。

  by ecru-societe | 2007-11-28 00:26 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/7759272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ノリタケ at 2007-11-28 12:32 x
こんにちは!自分も昨日見ましたよ『プロフェッショナル仕事の流儀』。自分は個人的に佐藤可士和さんが以前から結構好きで注目しているんですが、『ギリギリまで書かない様にしています、書いてしまうとそこから抜け出せなくなりますからね』と言う言葉がすごく身近な存在に感じましたね。自分ももっともっともっと頑張らないとです!
Commented by ショコ at 2007-11-28 13:05 x
『 』一番最初の言葉、あぁなるほどなって思いました。
日々感じている、もぁん っとした気持ち、
るんるんの時も凹んでる時も、最大な時ほど言葉足らずなしゃべりでも、誰かに伝わるとめちゃめちゃ嬉しい。
心がざわざわして幸せな気持ちになりますね^ー^

言葉に乗って自分の心が届くこと。
あんまりないけど、幸せに触れたいからやっぱり頑張りたいですね
Commented by ecru-societe at 2007-11-28 20:48
●ノリタケさん
こんばんは。
そうですか!見ておられましたか。
自分もあの番組が大好きで、早く帰ってこれたら必ず観ています。
いろいろなジャンルのプロフェッショナルの言葉は貴重な言葉ばかりで感動します。
Commented by ecru-societe at 2007-11-28 21:03
●ショコさん
『言葉』はすごく便利な道具ですが、『言葉』は便利なので過剰に信用し過ぎているからなのか?
会社でも家でも中々伝わらない人には伝わりません。
でも、伝えないとと思い、言葉や文字や表や絵などで何とか伝えないとと頑張ってます。
くじけそうになる日もあるけど、継続は力なりって言いますしね。
きっとずっと先には解り合える幸せな日があると信じて。。。

<< 夕焼け 錯視 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE