人気ブログランキング |

嬉しい知らせ

今日、弟から電話があった。
弟とはあまり話さない。
嫌いとかではない。 もちろん愛している。
しかし、実は自分はコミュニケーションが苦手。
苦手だからこそ努力をしている。
結構信じてもらえない事実だ。

そんなコミュニケーションを取っていない弟から電話があった。
なんと結婚すると言う。

心配になる。
半人前が一著前に結婚か?!
よし、だったら話を聞こう。
どれほどの男になったのか、話を聞こう。

話を聞いていると驚きの事実。
結婚相手は自分が知っている人。
知っているというより自分はその人のファンだった。。。

婚約者は私が大学の時に足を運んだ『劇団虚構パーティー』の看板女優だった。
彼女はいつも素晴らしい演技で、釘付けだった。
ファンだった。
その彼女が自分の家族になる?!


『劇団虚構パーティー』は自分の大学時代を語るには欠かすことの出来ない重要なファクターだ。
今もそこで観た世界観は自分の心の糧として沁み込んでいる。
そこで得たものは今も自分の基盤の一部になっている。

・ 人は生命として生まれてきて、最初に覚える感情は別れの淋しさ。
・ 人は脳に支配されているわけではなく、細胞ひとつひとつに記憶がある。
・ ミトコンドリアの記憶。
・ 桜の木下には屍が眠る。
・ 武士は自分の屍が溝に落ちているところを想像して生きなければならない。

などなど、自分の中の疑問を解くカギになる言葉をたくさんもらった。
感謝している。

そしてその自分の中のアイドルだったキョコパの看板女優が自分の家族に!!!!!!


どう伝えたらいいだろう?
この感動。
この喜び。
でかした!! 弟。

そしておめでとう!

b0097729_1116798.jpg

  by ecru-societe | 2007-12-13 03:12 | 家族・地域 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/7816940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-01-12 10:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ecru-societe at 2008-01-12 11:04
●iro_tori_doriさん
落ち着きましたか?

年末年始は子供達が本当にお世話になりました。
すごく子供達も嬉しそうで。
弟に夢中だった子供達だったんですが、今度はiro_tori_doriさんに夢中で、しばらくiro_tori_doriさんの名前を連呼していました(笑)。

男同士では話が堅くなってしまい、女性がそこにいると話が軟らかくまとまるのですが・・・母も妻も話に加わわり難いようで・・・自分達の話し方などがまずいのでしょうけどね。
だから、どう対応していいのか解らない時間だったんじゃないかと、気にしてます。
でも、おもしろかったと言っていただくと安心します(笑)。

なんて呼ぶかですか?
自分は何でもいいんですが、弟に聞いてみて下さい。
同じ大学を軸にするか、兄妹を軸にするか?
はたまた軸を持たないか?

またお会いしましょう!
Commented at 2008-01-12 15:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 小島早依 at 2008-01-12 16:54 x
碧血剣,小島早依 訳?全3巻  文庫版有り,時は明の末期。名将?袁崇煥は明の領土を侵そうとする満州族を相手に善戦して,いた。しかし明の崇禎帝は、冤罪により袁崇煥を処刑してしまう。袁崇煥の息子,にして主人公?袁承志は一人逃れ、華山派の総帥?穆人清に弟子入りし、父の仇で,ある崇禎帝と満州族の頭領?ホンタイジを討とうと闘志を暖める。彼は華山派剣,法のほかに、伝説の剣豪?金蛇郎君の奥義を身につけて達人となっていった。袁,承志はある日、反乱軍の頭目?李自成の陣営に馳せ参じようと華山を下りる。そ,の途上に男装の美少女?青青に出会うが、彼女はかの金蛇郎君の忘れ形見であっ,た???
Commented by ecru-societe at 2008-01-12 18:24
●カギコメさん
>日取りが決まって予定がたったので・・・
そうでしたか!
それは良かった!
人のことは言えませんが、決断力が不足気味の弟。。。
長い目で観てやって下さい。

また、ゆっくりと家族ぐるみで話す機会があればと思っています。

呼び方、了解しました。
自分は何でもいいです。 逆に何にも拘りません(笑)。

<< かもめ食堂 座タイムリー福井 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE