人気ブログランキング |

今日も観ました。

b0097729_23351777.jpg
信頼の上にこそ、組織は輝く

サッカークラブ ゼネラルマネージャー・祖母井(うばがい)秀隆


今回も観ました。
プロフェッショナルの流儀
HDDレコーダーに録画しながら観ました。
また観ようと思うほど、かなりいい話でした。

共感するところがたくさん、いや全てと言ってもいいほどあり、感動しながら観ました。

建築もまた様々な立場の人たちと一緒にお客様にサービスを行う業種です。
自分達が行っている建築は、戸建住宅なので、たった一人のお客様の為に行うサービスで、違うと言われてしまうかもしれませんが、自分は共通するところがあると感じました。
様々な立場で働くチームメンバー(協力者)のチームワークが重要です。
それはお客様もひっくるめた、いや、お客様を中心とした信頼関係のつながりによってカタチができていきます。
そんなところがすごく似ていて、すごく共感しました。

原理原則
筋を曲げない。

うまくいかない時も一時的にはあると思います。
もしかしたら、その一時的が命取りになるかも知れません。
でも、自分も筋を曲げたり、原理原則に沿わない判断は一時をしのげてもむしろ、そのコト自身が最終的には命取りとなると思います。

なぜなら、人と人との信頼関係こそが最も強固なつながりをうみ、そのつながりでつくられた組織が最も機能する組織だと信じるからです。

信頼しあえる仲間やお客様と一緒にものづくりが出来ることは幸せです。

  by ecru-societe | 2008-03-05 00:07 | TV・シネマ | Trackback(3) | Comments(4)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/8124897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エクコミュ Vol.03 at 2008-03-05 10:05
タイトル : 「才能とは、一瞬のひらめきやきらめきではなく、情熱や努力..
「才能とは、一瞬のひらめきやきらめきではなく、情熱や努力を継続できる力だ」 ハッとする。 これはココにも何度も登場している番組『プロフェッショナルの流儀』に棋士・羽生善治が出演された時の言葉。 でも、自分を含め多くの人はひらめきやきらめきなどきらびやかな現実に目を奪われる。 そして神経を研ぎ澄まさないと観えてこないモノや聞こえてこない声などを逃してしまっている。 例えば、エクリュの開催する内覧会に来ていただいても、 「かっこいい!!」とか 「綺麗!!」とか そのこと...... more
Tracked from エクコミュ Vol.03 at 2008-03-05 10:06
タイトル : 思いをこめたカタチ
『考えた“量”や、“質”みたいなことは、なぜか伝わっていくんですよね。考えているビジョンというか、その“純度”が高ければ高いほど、バーンと人に心に届くのかなと思うんですけどね。』 届くと幸せです。 それこそが幸せです。 人の心には中々届かない。 何度も何度も同じ言葉や同じ内容を伝えても、中々伝わらない。 『言葉』 言葉は目には映らない。 でも、カタチは目に映る分、先ほど書いたように錯覚もあるが(錯視)、結構伝わるコトもある。 自分の場合は、逢ったことも無い人でもその...... more
Tracked from エクコミュ Vol.03 at 2008-03-05 10:06
タイトル : プロフェッショナルの流儀 漫画編集者・原作者 長崎尚志
今回の『プロフェッショナルの流儀』は、漫画編集者・原作者 長崎尚志さん でした。 マンガって漫画家が独りでつくるんじゃなくて、編集者などチームワークで出来るモノなんですね。 全く知りませんでした。 『チームワークでつくる』 だからこそすごく共感できるキーワードなどがたくさんあって、今回の『プロフェッショナルの流儀』は、すごく感動しました。 『愛』は最も大切なことで、長崎尚志さんのお話の中にもたくさんの『愛』が感じ取れました。 上司の林さんのマンガへの愛、部下への愛。 それ...... more
Commented by ノリタケ at 2008-03-05 14:10 x
お久しぶりです。私も昨日見ましたよ、TV♪
『縁の下の力持ち』って感じでかっこよかったですよねぇ。
私が感銘を受けたのは、イビチャ・オシムの言葉で『契約書なんてただの紙切れだ、信頼関係さえあればそれだけで十分なんだ』ってフレーズですね。
私たちも施主をはじめ、業者さん達にも信頼されるような関係を築けるように日夜、誠実に勤めたいと改めて感じさせられましたね。
彼のように挫折の経験をバネに、自分磨きに活かしたいと思いました。
Commented by ecru-societe at 2008-03-05 18:10
●ノリタケさん
>イビチャ・オシムの言葉・・・
かなり男前でしたよね(笑)。
カッコイイ!!
そう言い合える仲間がいることは、何ものにも換えがたい財産ですよね。

多分、そんなコト言われたら泣いちゃうだろうな(笑)。

自分達の仕事は二十数業種+お客様が一緒になってモノづくりをします。
共に歩む仲間がこんなにいるのはとても恵まれている業種だと感じます。
大変なこともあるんですけどね(笑)。

より強固な信頼関係の上で、より素晴らしいモノづくりをしていきたいと思います。
Commented by ノリタケ at 2008-03-06 19:23 x
私なんかは、店舗改装の現場なんかで、わずか10坪ほどのスペースの中に、業者さんたち20人ほどが『ワーッ』って酸欠な感じで一緒に進めている時なんかは、すっごく快感を感じますねぇ~♪
職人さんたち(縁の下の力持ち)無くして、物件なんて到底仕上がりませんからねェ!
『支えられてる』って感じで‥全く、感謝・感謝!!デス^^
Commented by ecru-societe at 2008-03-06 20:37
●ノリタケさん
そうでしたか!
10坪に20人ですか!
ひとりに許されたスペースは1帖ですね(笑)。

立って半畳、寝て1畳とは言いますが・・・すごくごった返して大変なさまが目に浮かびます(笑)。


今日は現場の大工さんに励まされて帰ってきました。
『がんばってお客さんと打合せしてな!』って(笑)。
共に歩んでいる感じがしてとても嬉しかったです。
お客様に最善のサービスができるのは、みんなが共に同じ気持ちを持って仕事が出来てこそですからね。

誰一人として欠けては、最善のサービスは行えません。

人を大切に考えることが出来るようになったのは、この業界とチームのみんなとお客様のおかげです(笑)。

<< パンプキン・パイとシナモン・ティー ひなまつり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE