人気ブログランキング |

モノづくりは現場から

b0097729_0434088.jpg


多分多くの方が誤解されていると思われます。
実はこの業界にいるわたしも昔、誤解してました。

大阪で働いている時。
分譲マンションなどの設計・監理をしていた時。
竹中工務店やフジタや、、、新井組。
世界の誰でも知っているゼネコンさんや関西の有名なゼネコンさんと仕事をさせていただいてました。
だから、図面にさえすれば意図や形状は勿論、品質や性能や使い勝手などもちゃんとクリアーしたモノが出来上がりました。
「図面通り」は当然に実現できると思っていました。
いや! 「図面通り」なんて言葉を意識することなど無く・・・。
図面にすればモノが出来ていました。

ところが、福井に来て戸建てをするようになって、、、図面が必ずしも共通用語でないことを知りました。
品質や性能を特記仕様書に書けばクリアーするわけではないことを知りました。

b0097729_151596.jpg


その時に初めて気付きました。
すごくあたり前のことだけど、「モノは現場で出来る」ってことを知りました。
そして大阪で一緒にマンションのプロジェクトに参加していた人に感謝し、電話でお礼を言いました(笑)。
「今頃分かったんかい!:笑」とみんなに言われました。
実は正直な話、自分がマンションをつくっていると思っていました。
すごくあたり前のことだけど、多くの方々の協力で当然のようにマンションが出来ていたのだと痛いほど知りました。

そこで、エクリュ・プロジェクトをする上で最初の仕事は協力体制の確立となりました。
いや! 自分自身が共に歩むということを身に沁みて知ることでした。

もちろん今は身に沁みて分かっています(笑)。

痛い思いもしましたし、その分、嬉しいことも沢山ありました。

b0097729_192470.jpg


図面ではモノは出来ません。

図面を理解することが出来、且つそれを正確にカタチに出来る方。
それをカタチにするのに必要な材料を集めてこれる方。
色々な方々が実際現場でカタチにしてモノが出来ているのです。

しかもそれは図面のみのコミュニケーションだけではダメなんです。
同じ想いを共有し、一緒に同じ方向に歩いてこそモノが出来ます。

エクリュが設計だけでなく工務店の機能も持っているのは、お客様の理想の家をカタチにするにはこの仕組みでないとと自分の経験上で感じたからです。

モノは図面だけでは出来ません。
お客様の想いを共有し、カタチにできる仲間がいないと・・・。

昔のわたしのように誤解されている方。
おられませんか?

b0097729_1331863.jpg

  by ecru-societe | 2008-03-07 01:20 | つくり手(エクリュのなかま) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/8132204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< エクコミュ*making HP* メゾン・ド・エクリュ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE